大須観音の御朱印と御朱印帳

大須観音(名古屋市中区)で御朱印4種類と御朱印帳を授かりました。

浅草観音(浅草寺・東京都台東区)・津観音(三重県津市)とともに、日本三大観音の一つとされるお寺です。

大須観音の本堂(大悲殿)

大須観音の本堂(大悲殿)

■ 大須観音の御本尊とご利益

  • 御本尊:聖観世音菩薩
  • ご利益:厄除開運・諸縁吉祥・入試合格

中学生のころ、週末に大須商店街に出かけるのが楽しみの一つだった。今でも定期的に訪れたくなる場所です。

ぼく(なごやっくす)
そんな馴染みのあるお寺で御朱印を頂けて、うれしい気持ちでいっぱいです!

この記事には、

  • 大須観音の御朱印と御朱印帳
  • 御朱印の頂き方(時間など)
  • 境内の様子(見どころ)

といった情報をまとめておきますね。まずは大須観音で授かった御朱印から紹介します。


大須観音では御朱印を4種類授かりました

■ 大須観音で頂いた御朱印の種類

  1. 大悲殿の御朱印(本尊)
  2. 弘法大師の御朱印
  3. 不動尊の御朱印
  4. 布袋尊の御朱印

※2~4はおもに霊場巡りをされている方向けの御朱印になります

1.大悲殿の御朱印(本尊)

大須観音の御朱印(大悲殿・本尊)

右上の印影(朱印を押した跡)の文字は”真言宗智山派 別格本山”でよろしいかと

まずは、大悲殿(本尊)の御朱印

2ヶ所(中央上の墨書き&中央の印影)に、本尊・聖観音菩薩を表す梵字(サ)が描かれています。

ぼく(なごやっくす)
そして梵字下の墨書きは「大悲殿」。聖観音が祀られている本堂の名前です

※御朱印の見方の基本を以下の記事で図入りで解説しています

尾張三十三観音霊場の御朱印帳にも

大須観音の御朱印(尾張三十三観音霊場第一番)

こちらにはハッキリと”本尊聖観世音”の文字が

大須観音は尾張三十三観音(東海百観音)霊場の第一番札所。

ということで、専用の御朱印帳(納経帳)にも朱印を頂いております。朱印料は100円です

ぼく(なごやっくす)
“第一番札所”って何だかカッコイイ!

尾張三十三観音霊場巡り御朱印帳(納経帳)

専用の御朱印帳(納経帳)がこちら。龍泉寺(守山区)600円で購入しました。

霊場巡りはまだまだ序盤戦。ある程度御朱印帳が埋まったら、まとめ記事を作成しますね。

スポンサーリンク

2.弘法大師の御朱印

大須観音の御朱印(弘法大師)

弘法大師は本堂内左に祀られていました

続いて2種類目は弘法大師の御朱印

墨書きの梵字は、弥勒菩薩を表す梵字(ユ)です。弘法大師が入定されるとき、

弘法大師
私はこれから兜率天とそつてんで弥勒菩薩に仕えます。弥勒菩薩が仏陀となってこの世に現れる際、一緒に戻ってくるよ

と遺言を残したエピソードから、この梵字が描かれているのだと思われます。

弘法大師修行像(大須観音)

境内には弘法大師修行増も

名古屋二十一大師霊場の御朱印帳にも

大須観音の御朱印(名古屋二十一大師霊場第一番)

左上には霊場再興五十周年の特別な印影も

大須観音は名古屋二十一大師霊場の第一番札所でもあります。

こちらも専用の御朱印帳(納経帳)に朱印を頂きました。朱印料は100円です

ぼく(なごやっくす)
また第一番!さすが有名どころや…

名古屋二十一大師霊場巡り御朱印帳(納経帳)と巡礼マップ

巡礼マップ付きなのがうれしい!地図や由緒が載っているんです

専用の御朱印帳(納経帳)です。ココ大須観音で700円で授かりました。追々まとめ記事を作成しますね。

スポンサーリンク

3.不動尊の御朱印

大須観音の御朱印(不動尊)

お不動様は本堂右に祀られていました

3種類目は不動尊(不動明王)の御朱印

不動明王を表す梵字(カーン)が2か所に描かれていますね。

東海三十六不動尊霊場の御朱印帳にも

大須観音の御朱印(東海三十六不動尊霊場第十番)

大須観音の正式名称は”北野山真福寺宝生院”です

大須観音は東海三十六不動尊霊場の第十番札所でもあります。

はい、専用の御朱印帳(納経帳)にも朱印を頂いております。朱印料は100円です

東海三十六不動尊霊場納経帳(御朱印帳)

ちょっと豪華な造り。そのぶんお値段も…

専用の御朱印帳(納経帳)です。大須観音で1500円で拝受しました。まとめ記事も公開予定です。

スポンサーリンク

4.布袋尊の御朱印

大須観音の御朱印(布袋尊)

布袋尊は本堂左、弘法大師と並んで祀られていました

最後は布袋尊の御朱印です。団扇(うちわ)が描かれていますね。

ぼく(なごやっくす)
それにしても、墨書きがどれも達筆。ありがたみが増します

なごや七福神めぐりの御朱印帳にも

大須観音の御朱印(なごや七福神布袋尊霊場)

ご利益は”諸縁吉祥”。”限りなき宝の布袋みてはげめ 笑う門には福来るなり”の御詠歌も

■ なごや七福神めぐり

※寺院名をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

大須観音はなごや七福神布袋尊霊場でもあるんです。

ご多分に漏れず、専用の御朱印帳(宝印帳)にも朱印を頂いております。朱印料は100円。霊場札所がいっぱいだ!

なごや七福神めぐり御朱印帳(宝印帳)

専用の御朱印帳(宝印帳)がこちら。大須観音で1000円で購入しました。まとめ記事はまた後日。

スポンサーリンク

大須観音では御朱印帳も頂いたよ

大須観音の御朱印帳

大須観音ではオリジナルの御朱印帳も授かりました。価格は1500円。透明のカバー付きでしたよ。

本堂・仁王門・境内全景があしらわれています。参拝客や鳩(ハト)の姿も見えますね。

大須観音の鳩(ハト)

鳩の餌(エサ)が50円で売っていました

大須観音は鳩が多いことで有名なんです。エサ置き場に鳩が群がっておる…。

大須観音の御朱印帳は”大きいサイズ”

大須観音と若宮八幡社(ともに名古屋市中区)の御朱印帳(大きさサイズ比較)

大須観音(左)と若宮八幡社(右)の御朱印帳

大須観音の御朱印帳は大きいサイズ(大判サイズ)。大きさのイメージが掴めるよう、小さいサイズの御朱印帳と並べてみました。

※御朱印帳のサイズ(大きさ)についての特集記事を以下にご用意しています

若宮八幡社(名古屋)の御朱印(朔日参り・連理稲荷神社)

若宮八幡社で頂いた御朱印(一部です)

小さいサイズの御朱印帳は若宮八幡社で授かったモノ。大須観音から徒歩8分です

かわいい&カラフルな御朱印も頂けますよ。お参りしたときの様子は以下からどうぞ。

お寺の由緒を挟んで、次の章には大須観音での御朱印のもらい方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきますね。

■ 大須観音の由緒(歴史)

  • 当初は尾張国長岡庄大須郷(現岐阜県羽島市大須)にあった
  • 600年ほど前:能信上人のうしんしょうにんが伊勢神宮のお告げにより、弘法大師彫像の観音菩薩を本尊として開山
  • 元弘3年(1333年):後醍醐天皇の勅願により「北野山真福寺寶生院」の寺号を賜る
  • 織田信長が寺領五百石を寄進する
  • 慶長17年(1612年):徳川家康が名古屋城築城にあたって現在地に移築する

大須観音(尾張名所図会)

昔の大須観音の様子(尾張名所図会・国立国会図書館デジタルコレクションより)

ぼく(なごやっくす)
中央上に五重塔が見えますね。江戸期に造営されたものの、戦災焼失したそうです
  • 昭和45年:今の本堂が再建される

参考:大須観音公式サイト、書籍「愛知札所巡り」

スポンサーリンク

大須観音での御朱印の頂き方を説明するよ

大須観音の仁王門

大須観音の仁王門。御朱印帳にも描かれていましたね

■ 大須観音の御朱印情報

  • 受付場所:寺務所(本堂右へ)
  • 御朱印代(価格):300円
  • 受付時間のめやす:午前9時から午後5時

1つずつ補足します。

受付場所:寺務所(本堂右へ)

大須観音の御朱印受付場所への案内掲示

大須観音の御朱印は、本堂右の階段を降りた所の寺務所(納経所)で書いていただきました。

ぼく(なごやっくす)
案内が出ていたので、方向音痴の僕でも迷わずたどり着けました。ありがたや~

御朱印料(金額):300円

300円(100円玉3枚)

御朱印代(金額)は一体300円。

※御朱印の単位(数え方)の特集記事を、以下にご用意しています

大須観音は大須商店街にあるので、小銭を作る(お札を崩す)場所に困りません

うな広のミニひつまぶし

「うな広」のミニひつまぶし。近くには7種類の御朱印を頂けた万松寺

参考までに、大須商店街内「うな広」のミニひつまぶしはオススメです。名古屋めしが1000円で楽しめます。お値打ちだがね!

参考ページ[食べログ]うな広
ぼく(なごやっくす)
そのほかの大須商店街の定番食べ歩きグルメ(スイーツ)を3つあげておきますね。どれも間違いないヤツです

■ 大須商店街の定番食べ歩き

※店名をタップすると食べログのページに飛びます

スポンサーリンク

受付時間のめやす:午前9時から午後5時

大須観音の御朱印(大悲殿・本尊)

書籍「愛知札所めぐり」の大須観音のところに“拝観時間 9:00~17:00”とあります。

ですので、御朱印もコレにならって、午前9時から午後5時のあいだにお参りすれば、かなりの確率で授かれるのではないでしょうか。

【参考】僕がお参りした時間など

大須観音の普門殿(十二支守り本尊奉安所)

普門殿。十二支・干支の守り本尊が祀られています

これまでに2度、御朱印を授かりに参拝しましたが、2度とも僕の前には御朱印待ちの方が2,3人ほどいらっしゃいました。

とはいえ、待ち時間はそれほどなく、5分と経たないうちに自分の番に。

ぼく(なごやっくす)
お寺の方も、複数人で対応していました

御朱印をお願いすると、目の前で丁寧に墨書き&押印してくださいましたよ。

それほど広い境内ではないので、参拝所要時間は45分ほど見ておけばよろしいかと思います。

宿泊施設の広告を挟んだのち、ココまでに載せきれなかった大須観音の境内風景をお届けして記事を締めていきます。

広告は、僕が名古屋駅付近で泊まるならココかなという「ベッセルホテルカンパーナ名古屋」です。口コミ評価と値段のバランスが素敵。

【写真8枚】大須観音の境内風景【フォトギャラリー】

大須観音の浄水(手水舎)

まずは手水舎(浄水)変わったカタチをしており柄杓もありません

ぼく(なごやっくす)
僕がお参りしたところだと、宗像大社(福岡県宗像市)も柄杓のないスタイルだったなぁ

現地で見ていても、ココが手水舎だと気付いている人はほとんどいない印象です。仁王門の右にありますよ。

大須観音の鐘楼

続いて鐘楼。毎朝6時に妙なる音韻を響かせているそうです。近くに住んだら朝型人間になれるかも。

ココから4枚は年中行事の紹介と合わせて一気にどうぞ!

■ 大須観音の年中行事

  • 1月1日~3日:新年初詣り・新春開運初護摩祈祷会
ぼく(なごやっくす)
大須観音のおみくじは”凶”が多いとのウワサも。僕が友達4人で初詣に行った際は、2人が大吉・2人が凶という真っ二つの結果でした
  • 成人の日:左義長火まつり
  • 1月18日:初観音
  • 2月3日:節分会(豆まき)
  • 3月21日:弘法大師御正当
  • 4月8日:花まつり
  • 5月18日:馬の塔
  • 7月下旬:大須夏祭り

大須観音の歯歯塚

歯歯塚

  • 8月8日:歯歯塚供養
  • 8月9日:九万九千功徳日
  • 8月13日~15日:盂蘭盆会

大須観音の大正琴碑

大正琴碑

  • 9月9日:大正琴大祭

大須観音の人形塚(人形供養塔)

人形塚(人形供養塔)

  • 10月第1木曜日:人形供養
  • 10月25日:開山記念祭

大須観音の扇塚

扇塚

  • 11月第2土曜日:扇供養
  • 12月31日:懺悔会・除夜の鐘
  • 毎月18日:ご本尊縁日
ぼく(なごやっくす)
残す画像はあと2枚!

大須観音の芭蕉句碑

7枚目は芭蕉句碑。”いざさらば 雪みにころぶ 所まで“の句が刻まれています。

※僕がお参りした中で芭蕉句碑のあった神社仏閣を以下の記事にまとめてあります

大須観音の商店街入口(大須観音通り)

最後は大須商店街。僕もお参りのあと必ず寄りますね。歩いているだけでも楽しいんです!

スポンサーリンク

大須観音の基本情報(アクセス・駐車場など)

■ 大須観音(北野山真福寺寶生院)

・住所:愛知県名古屋市中区大須2-21-47
・電話:052-231-6525
・公式サイト:大須観音

・アクセス:大須観音駅(地下鉄鶴舞線)2番出口からすぐ

ぼく(なごやっくす)
名古屋駅から向かう場合は、地下鉄東山線で伏見駅へ(1駅3分)。ソコで鶴舞線に乗り換えればOKです(伏見駅→大須観音駅は1駅1分)

大須観音の自動車祈祷殿

地下鉄の出口から少し歩くと、西門前の自動車祈祷殿がお出迎えしてくれます

・駐車場:なし

大須観音近くの駐車場(コインパーキング・名鉄協商パーキング大須第5)

周辺にコインパーキングが点在しています(写真は名鉄協商パーキング大須第5)。

駐車料金の相場は20分200円(平日は20分100円)程度かと。


外国人観光客の姿も多く、ワチャワチャした雰囲気を味わえる大須観音。オススメです。

三輪神社(名古屋大須)の限定御朱印(焼き芋ほくほく)

三輪神社で授かった御朱印です。可愛すぎる…

大須観音の近くで御朱印を頂けたのは三輪神社。商店街を横切るカタチで徒歩8分ほどかな。

うさぎのかわいい御朱印が大人気。お参りしたときの様子は以下からどうぞ。

[名古屋駅発]御朱印巡りモデルコース

また今回の大須観音を含む、名古屋駅から徒歩で回る御朱印巡りモデルコースを以下の記事で特集していますので、よろしければご活用ください。それでは!

■ そのほか大須観音の近くで御朱印を頂けた神社仏閣

七寺(名古屋大須)の御朱印3種類

七寺で授かった御朱印

  • 七寺(徒歩3分・3種類の御朱印を頂きました。近くなのでぜひお参りを)
  • 大須万松寺(徒歩6分・大須商店街内。7種類の御朱印を授かりました)
  • 日置神社(徒歩7分・桶狭間の戦いで織田信長が戦勝祈願した延喜式内社)
  • 若宮八幡社(徒歩8分・4種類の御朱印&御朱印帳を拝受しました)

※神社やお寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます