長楽寺(名古屋市南区)の御朱印

稲荷山長楽寺(名古屋市南区)で御朱印を授かりました。長楽寺動物霊園として有名なお寺です。

ぼく(なごやっくす)
僕の親は獣医なんです。ペットの”生命の循環”に畏敬の念を抱きながらの参拝となりました

動物観音(長楽寺動物霊園)

道路沿いには動物観音の姿も。この記事には、

  • 長楽寺の御朱印
  • 御朱印の頂き方(場所や金額など)
  • 境内の様子(見どころ)

といった情報をまとめておきますね。まずは長楽寺で授かった御朱印から紹介します。


長楽寺(名古屋)の御朱印がこちらです

長楽寺(名古屋市南区)の御朱印

長楽寺で授かった御朱印です。

中央墨書きの“立木観世音菩薩”がご本尊。枯れかかった松の木を、立木のまま彫刻した十一面観世音菩薩です。

ぼく(なごやっくす)
中央の宝珠内には、十一面観世音菩薩を表す梵字(キャ)も見えます

※御朱印の見方の基本を以下の記事で図入りで解説しています

立木観音堂(名古屋長楽寺)

立木観世音菩薩が祀られる立木観音堂。境内北西にあります

なお宝珠が描かれているのは、お寺の創建時に、境内の鎮守神として“清水叱枳尼眞天(しみずだきにしんてん)”が祀られたから。

清水稲荷殿(名古屋長楽寺)

清水叱枳尼眞天を祀る清水稲荷殿。境内南にあります

吒枳尼眞天は豊川稲荷と同じ神様ですね。長楽寺の由緒(歴史)を以下にまとめておきます。

■ 稲荷山長楽寺の歴史(由緒)

長楽寺(名古屋市南区)弘法堂

長楽寺境内の弘法堂

  • 弘仁12年(811年):弘法大師(空海)が呼続に七堂伽藍を創建
  • 真言宗戸部道場 寛蔵寺と名付け、清水吒枳尼眞天を鎮守神として安置する

長楽寺(名古屋市南区)本堂(大日如来)

長楽寺本堂。真言宗の名残でしょう、大日如来が祀られています

  • 一山十二坊を有する大寺となるも、1470年ごろ衰微
  • 2世の義山禅師が再興し、曹洞宗に改宗
  • 第1世の明谷禅師を中興開祖として、長楽寺と改める
  • 慶長8年(1603年):徳川忠吉(徳川家康四男)が病気の平癒祈願をする
  • 慶長11年(1606年):お寺に書院・客殿などを報恩建設(隣接する富部神社)

参考:長楽寺公式サイト

富部神社(名古屋市南区)の御朱印と御朱印帳

富部神社で授かった御朱印と御朱印帳

隣接する富部神社(とべじんじゃ)では御朱印のほか、戸部蛙があしらわれた美しい御朱印帳も授かりました。

ぼく(なごやっくす)
お参りしたときの様子は、以下の記事にまとめてあります
スポンサーリンク

【補足】尾張三十三観音霊場の御朱印帳にも頂きました

長楽寺(名古屋市南区)の御朱印(尾張三十三観音)

専用の御朱印帳は龍泉寺(守山区)で600円で授かりました

長楽寺は尾張三十三観音第四番札所(東海百観音第四番札所)。

ということで、専用の御朱印帳(納経帳)にも朱印を頂いております。朱印料は100円です。

ぼく(なごやっくす)
こちらの霊場巡りはまだ始まったばかり。ある程度御朱印帳が埋まったら、まとめ記事を作成する予定です

長楽寺(名古屋市南区)謎の像

境内の至るところにあった石像。何の像だろう?

引き続き、長楽寺での御朱印のもらい方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきますね。

スポンサーリンク

長楽寺(名古屋)での御朱印の頂き方を説明するよ

長楽寺(名古屋市南区)鳥居

入口鳥居。真っすぐ進んだ所に清水稲荷殿があります

■ 長楽寺の御朱印情報

  • 受付場所:客殿(土休日は庫裏でも)
  • 御朱印代(価格):300円
  • 受付時間(めやす):午前9時30分から午後16時ごろ

1つずつ簡単に補足します。

御朱印の受付場所について

長楽寺(名古屋市南区)客殿(平日の御朱印受付場所)

客殿の様子。立木観音堂の左奥にあります

■ 御朱印の受付場所

  • 平日:客殿(立木観音堂の左奥)
  • 土休日:庫裏(清水稲荷殿の隣)でも受付

長楽寺の御朱印は客殿で頂きました。客殿内の喫茶処にいたスタッフさんに、

ぼく(なごやっくす)
御朱印を頂きたいのですが、どちらでお願いすればよろしいでしょうか?

と伺ったところ、

スタッフさん
こちらでお受けいたします

と笑顔で対応してくださいましたよ。感謝です。

長楽寺(名古屋市南区)庫裏(土休日御朱印受付場所)

庫裏の様子

なお現地の掲示によると、土休日は庫裏でも捺していただけるとのことでした。

スポンサーリンク

御朱印料(金額):300円

300円(100円玉3枚)

御朱印代(値段)は300円

【めやす】御朱印の受付時間について

長楽寺(名古屋市南区)境内の猫

清水稲荷殿でくつろぐネコ。かわいい

■ 客殿の喫茶利用時間

  • 午前9時半から午後4時

御朱印をお願いした喫茶処の利用時間が午前9時半から午後4時となっていました。

ですので、御朱印を授かりたい場合も、この時間内にお参りするのがよろしいかと。

【参考】僕がお参りした時間など

長楽寺動物霊園(名古屋市南区)

長楽寺動物霊園。立派な建物でした

お寺に着いたのは、平日の午後2時半過ぎ

三つのお堂(清水稲荷殿・本堂・立木観音堂)にお参りしたのち、客殿で御朱印をお願いした次第です。

長楽寺(名古屋市南区)境内の猫

動物霊園にも猫が。警戒心ゼロなのが何だか嬉しい

その後も動物霊園の観音様に手を合わせたりしていましたので、参拝所要時間は1時間程度といったところですね。

ぼく(なごやっくす)
とはいえ、サラッと見て回るだけなら30分ほど見ておけばOKかと。自然を多く残した、イイお寺です

最後に、ココまでに載せきれなかった長楽寺の境内風景をお届けして、記事を締めますね。

スポンサーリンク

【写真5枚】長楽寺(名古屋)の境内風景【フォトギャラリー】

医留薬師如来・蓬莱の水(名古屋長楽寺)

1枚目は医留薬師如来(いどめやくしにょらい)

井戸から出る“蓬莱の水”には、シリカミネラルが含まれているそうです(美容・健康・長寿の効能があるとされる)。飲めばよかった。

ぼく(なごやっくす)
客殿で提供されるお茶やコーヒー、甘酒にも利用されています

■ 医留薬師如来のご利益

  • 病気を治して健康な身体にしてくれる
  • 不安や悩みを取り除いてくれる
  • 進むべき道を照らしてくれる
  • 災害から守ってくれる

※境内頒布の”医留薬師如来様建設趣意書”をもとに作成

長楽寺(名古屋市南区)目守弘法大師

2枚目は目守弘法大師。目の健康にご利益がありそうな名前です。

よだれかけをしているからか、ほかのお寺で見かける弘法大師像とは、少し違った雰囲気を醸し出しておりました。

行者堂(名古屋長楽寺)

3枚目は行者堂役行者えんのぎょうじゃ(役小角えんのおづぬ)が祀られています。

ぼく(なごやっくす)
笠寺観音(長楽寺から徒歩10分)にも、行者堂がありました。この地域は役行者との関わりが深いのでしょうか

長楽寺(名古屋市南区)名古屋十名所碑

4枚目は名古屋十名所の石碑。大正13年8月に、新愛知新聞社(今の中日新聞の前身)が選定した10つの名所です。

このあたりからの眺め(桜田勝景)が格別だったのだと思われます。以下に十名所をあげておきますね。

■ 名古屋十名所

名古屋城の御朱印(御城印・来城記念符)

名古屋城の御朱印(御城印)

  1. 熱田神宮(熱田区神宮一丁目)
  2. 名古屋城(中区本丸)
  3. 笠寺観音(南区笠寺)
  4. 闇之森八幡社くらがりのもりはちまんしゃ(中区正木町)
  5. 榎白山神社(榎権現・西区押切町)
  6. 八幡神社(桜田勝景・南区桜田町阿由知潟)
    ※石碑は長楽寺に建っています
  7. 円頓寺(西区円頓寺通)
  8. 久屋金刀比羅神社(名古屋テレビ塔北)
  9. 山田天満宮(山田重忠元大将之社・北区山田 廣福寺かも)
  10. 天理教教務支庁(御器所)

こちらのブログ記事を参考にさせていただいております
※太字になっている神社史跡は、タップするとサイト内の御朱印記事に飛びます

盲導犬慰霊碑(名古屋長楽寺・名犬サーブ号)

最後は盲導犬慰霊碑名犬サーブ号もココで眠っています

主人を車から守るために片足となってしまった盲導犬です。

ぼく(なごやっくす)
米テキサス州から名誉州犬の称号を送られ、中曽根康弘元総理からも功労賞の表彰を受けています
スポンサーリンク

長楽寺(名古屋)の基本情報(アクセス・駐車場など)

■ 稲荷山 長楽寺

・住所:愛知県名古屋市南区呼続4-13-18
・公式サイト:稲荷山 長楽寺

・アクセス

  • 桜駅(名鉄名古屋本線)から徒歩4分
  • 桜本町駅(地下鉄桜通線)3番出口から徒歩9分

・駐車場:あり(無料・50台)

長楽寺(名古屋市南区)駐車場

境内西に駐車場がありました。


僕がお参りしているあいだにも、多くの方がお供え物を持って動物霊園にお参りしていました。合掌。

富部神社(名古屋市南区)の御朱印と御朱印帳

途中にも出てきた、富部神社で授かった御朱印と御朱印帳です。長楽寺に隣接しています。お参りしたときの様子は以下からどうぞ。

■ そのほか長楽寺の近くで御朱印を頂けた神社仏閣

笠寺観音(名古屋市南区)の御朱印

  • 笠寺観音(徒歩12分・尾張四観音の一つ。わびさびのある境内)
  • 秋葉山円通寺(名鉄で3駅・熱田神宮すぐ南。カラフル&シール形式の珍しい御朱印)
  • 熱田神宮(名鉄で3駅・別宮八剣宮&上知我麻神社の御朱印も頂きました)
  • 成海神社(車で13分・国の伝統工芸品である鳴海絞の御朱印帳も授かりました)

※神社やお寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます