龍泉寺(名古屋市守山区)の御朱印

龍泉寺(名古屋市守山区)にお参りしてきました。尾張四観音の一つで、名古屋(大曽根)方面からだと竜泉寺の湯のすぐ手前にあります。

龍泉寺(名古屋市守山区)の仁王門

龍泉寺の仁王門(国の重要文化財)

先日、尾張四観音の一つである笠寺観音(南区)に参拝した際に、ほかの四観音にも行ってみたいなぁと思ったのがお参りのキッカケです。

美しい境内で気持ちの良い時間を過ごすことができました。しあわせ。この記事には、

  • 龍泉寺の御朱印
  • 御朱印のもらい方(時間など)
  • 境内の様子(見どころ)

といった情報をまとめておきますね。まずは龍泉寺で授かった御朱印から紹介します。


龍泉寺の御朱印がこちらです

龍泉寺(名古屋市守山区)の御朱印

龍泉寺で授かった御朱印です。達筆だけど何が書いてあるかは分かるという、絶妙なバランス感覚が好きです。墨書きは以下の4要素。

  • [右上]奉拝(謹んで参拝いたしました)
  • [右下]参拝日(令和元年八月三日)
  • [中央]開運閣
  • [左]松洞山 龍泉寺

龍泉寺(名古屋市守山区)本堂(開運閣)

開運閣というのは本堂の名前ですね。隠れていますが、青丸の部分に”開運閣”の文字がありました。

そして、印影(朱印を押した跡)は以下の4要素だと思われます。

  • [右上]東海百観音第二十五番/尾張三十三観音第二十五番
  • [中央]馬頭観音の梵字など
  • [左上]恵方
  • [左下1]掘出小判/開運印
  • [左下2]龍泉寺

アンダーラインを引いた3か所について、簡単に補足しますね。

スポンサーリンク

【補足1】龍泉寺は尾張三十三観音(東海百観音)の札所だよ

東海百観音尾張三十三観音霊場奉納経(御朱印帳)

龍泉寺は尾張三十三観音(東海百観音)の第二十五番札所となっています。御朱印を頂く際、上の奉納経(御朱印帳)を見つけたので授かることにしました。

龍泉寺(名古屋市守山区)の御朱印(東海百観音・東海三十三観音霊場奉納経)

このように朱印を押していただけます(墨書きは最初から印刷されています)。楽しみがまた1つ増えました!

ぼく(なごやっくす)
奉納経(御朱印帳)は600円、朱印料は100円です

【補足2】中央の印影には梵字がいっぱい

馬頭観音の梵字(カン・龍泉寺の御朱印)

中央の印影には梵字がいっぱい。その中でも(かなり見づらいですが)中心に書かれているのは…

梵字(カン)

Blueknight611jp.2019.梵字haṃカン.

龍泉寺の御本尊・馬頭観音ばとうかんのんを表す梵字(種字)「カン」で間違いないかと。なお、まわりの8つの梵字が何を表しているのかお寺の方に伺ったところ、

お寺の方
なんだろうね…

といった感じで分からずじまいでした。詳しい方がいれば教えていただけると喜びます。

神馬(名古屋市守山区龍泉寺)

馬頭観音を祀っているからか、仁王門前には狛犬ならぬ狛馬のようなカタチで馬の像が向かい合っていましたよ。

【参考】馬頭観音のおもなご利益

  • 大願成就・心願成就
  • 必勝祈願・合格祈願
  • 足腰の健康
  • 旅行安全
  • 家畜の安全と健康
スポンサーリンク

【補足3】尾張四観音は恵方に対応しています

尾張四観音(笠寺観音・甚目寺観音・荒子観音・龍泉寺観音)

左上から時計回りに、甚目寺観音(本堂)、龍泉寺(仁王門)、笠寺観音(多宝塔)、荒子観音(六角堂)

■ 尾張四観音(おわりしかんのん)

  • 笠寺観音(名古屋市南区)
  • 甚目寺観音(海部郡甚目寺町)
  • 荒子観音(名古屋市中川区)
  • 龍泉寺観音(名古屋市守山区)

※アンダーラインのあるお寺はタップするとサイト内の御朱印記事に飛びます

尾張四観音とは、尾張地方で古くから信仰を集めてきた、観音様をご本尊として祀る4つのお寺のこと。

名古屋城を中心として見たときに、その年の恵方にある尾張四観音は「恵方の観音様」として、初詣の人気スポットになるそうです。

龍泉寺(名古屋市守山区)の石碑

こちらの石碑にも尾張四観音の文字が

で、僕がお参りした令和元年(2019年)は龍泉寺観音が恵方にあたるため、御朱印に恵方の印影があるというワケですね。

ぼく(なごやっくす)
実は恵方は一見複雑に見えて、4方位しかありません。以下に早見表をのせておきます
西暦の下1ケタ恵方お寺
1・6南南東笠寺観音
2・7北北西甚目寺観音
3・8南南東笠寺観音
4・9東北東龍泉寺観音
5・0西南西荒子観音
スポンサーリンク

龍泉寺での御朱印のもらい方を説明するよ

龍泉寺(名古屋市守山区)手水舎

龍泉寺の手水舎

この章には龍泉寺での御朱印の授かり方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきますね。

  • 御朱印の受付場所
  • 御朱印代(価格)
  • 御朱印の受付時間について

この3つを順番にいきます。

御朱印の受付場所:寺務所

龍泉寺(名古屋市守山区)寺務所(御朱印受付場所)

白い建物が寺務所です。霊園の管理事務所も兼ねているとのことです

龍泉寺の御朱印は、仁王門(山門)左の寺務所で書いていただきました。女性の方が丁寧に対応してくださいましたよ。感謝です。

ぼく(なごやっくす)
ちなみに御朱印帳の取り扱いもありましたが(大小2種類)、お寺オリジナルといった感じではなかった気がします

※御朱印帳のサイズ(大きさ)についての特集記事を以下にご用意しています

スポンサーリンク

御朱印代(金額):300円

300円(100円玉3枚)

龍泉寺の御朱印代(値段)は300円

龍泉寺(名古屋市守山区)寺務所前自販機

寺務所の前には自動販売機も。お札を崩すのを忘れたままお寺に着いてしまったときの、頼りになる存在です。

御朱印の受付時間について

龍泉寺(名古屋市守山区)境内の猫

龍泉寺の境内には至るところに猫が。無防備な姿が愛おしすぎた…。

龍泉寺の公式サイトには、寺務所の時間に関する以下の記載があります。

寺務所

こちらは、霊園の管理事務所も兼ねています。
年中無休 午前9時~午後4時

出典:境内案内|龍泉寺

ということで、御朱印もコレに倣って午前9時から午後4時のあいだにお参りすれば、かなりの確率で授かれるのではないでしょうか。

龍泉寺の由緒(歴史)を挟んで、守山区唯一のお城・龍泉寺城の紹介に移りますね。

■ 龍泉寺の由緒(建立・開基)

弘法大師堂(名古屋市守山区龍泉寺)

弘法大師堂

  • 延歴14年(795年):伝教大師最澄熱田神宮に参篭中、龍神のお告げを受ける
  • この地に赴き、多々良羅池のほとりでお経を唱える
  • 龍が天に昇ると同時に馬頭観音が出現。本尊として祀った(お寺の建立&龍泉寺の名前の由来)
  • 一方で、弘法大師空海も熱田神宮に参篭中、熱田の八剣のうち三剣を龍泉寺に埋納
  • 熱田神宮の奥の院としたため、龍泉寺は弘法大師の開基ともされる

■ 龍泉寺のその後~現在

龍泉寺(名古屋市守山区)多宝塔

多宝塔。最近お参りした寺社だと、笠寺観音知立神社にもありました

  • 天正12年(1584年):小牧長久手の戦いで、豊臣秀吉が退却する際、池田勝入の部下により放火焼失
  • 慶長3年(1598年):秀純大和尚が堂塔を再興
  • 明治39年:再び放火に遭い、多宝塔・仁王門・鐘楼をのぞく全てが灰と化す
  • 焼け跡から慶長小判100枚が発掘。それを基金に本堂が再建される
  • 名古屋市民の憩いの地として親しまれ、厄除・祈願道場として信仰を集める

※龍泉寺御案内記、公式サイトをもとに作成

龍泉寺(名古屋市守山区)鐘楼(希望の鐘)

鐘楼(希望の鐘)。十円を納めて撞きました。カラダ全体で鐘の音と振動を感じました

スポンサーリンク

龍泉寺の見どころ:龍泉寺城に寺宝が展示されています

龍泉寺城(名古屋市守山区龍泉寺)

■ 龍泉寺城(宝物館)

  • 入場料:100円
  • 開館日:日曜・祝祭日
  • 開館時間:午前9時から午後3時

弘治2年(1556年)に織田信長の弟・信行によって築かれた龍泉寺城。今の建物は昭和39年に復元されたモノだそうです。

中には円空一刀彫・千体仏・地蔵菩薩立像などの寺宝が展示されていましたよ。個人的には「八方睨みの虎」が印象に残っています。

【補足】展望台も日曜・祝祭日の開放です

龍泉寺(名古屋市守山区)展望台

王子製紙春日井工場や小牧山&金華山(工場の煙突の左あたりです)、イオン春日井店(中央)などが見えました

龍泉寺城の入場料を払うと展望台にも行けます。庄内川&春日井市街はもちろん、伊吹山・養老山脈・木曽の山々まで一望できて気持ちよかった。

龍泉寺(名古屋市守山区)展望台(本宮山・尾張富士)

ぼく(なごやっくす)
視線を北に移すと尾張富士&本宮山も。尾張冨士大宮浅間神社(犬山市)には近いうちにお参りしようと思っています

さざれ石とお稲荷さん(名古屋市守山区龍泉寺)

龍泉寺のさざれ石(らしきモノ)。奥の祠はお稲荷さんです

展望台への道の途中には“さざれ石”らしきモノも。近くのチャンバリン(チベット仏教寺院)にあったさざれ石の質感に似ていたので、合ってると思うんだけどなぁ。

※さざれ石のあった神社仏閣を以下の記事にまとめています

龍泉寺の見どころ(弁財天・水野房次郎と篠田銀次郎像・仁王像・本堂主瓦)

おまけ!ココまでに載せきれなかった龍泉寺の境内の様子を1枚の画像にまとめました。それぞれ以下のとおりです。

  • [左上]弁財天
    仁王門の手前にあります。こちらにもお参りしましたよ
  • [右上]水野房次郎&篠田銀次郎像
    詳細は不明ですが備忘録も兼ねてのせておきます。篠田はどこかの神社にも像があった記憶が…と思って調べたら、毘森神社(豊田市)に篠田金太郎の石碑が。人違い
  • [左下]仁王像
    カッコイイ仁王像。仁王門は高針村(名東区)から移したと伝えられているとのことです
  • [右下]本堂主瓦
    2015年の平成大改修で本堂の瓦替えが行われるまで、本堂を守っていた瓦。近くで見ると迫力がありますね
スポンサーリンク

龍泉寺の基本情報(アクセス含む)など

■ 龍泉寺(松洞山大行院龍泉寺)

・住所:愛知県名古屋市守山区竜泉寺1-902
・電話:052-794-3647
・宗派:天台宗

・アクセス:竜泉寺口バス停(ゆとりーとライン)から徒歩3分

ぼく(なごやっくす)
名古屋駅から向かう場合はJR中央本線で大曽根駅へ。ソコでゆとりーとライン(名古屋ガイドウェイバス)に乗り換えればOKです

・駐車場:あり(無料)

龍泉寺(名古屋市守山区)駐車場

仁王門前に収容台数15台程度の第1駐車場が(上の写真)。第2・第3駐車場もありましたよ。


寺務所の方しかり、龍泉寺城の方しかり。お寺の方がみんな優しく接してくださったのが嬉しかったです。またお参りに来れるとイイな。

倶利加羅不動寺(名古屋市守山区)の御朱印

龍泉寺城のあとは900mほど東に行った所の倶利加羅不動寺へ。駐車場でマルシェが開催されており、ほっこりした雰囲気のお寺でした。

【参考】そのほか龍泉寺の近くで御朱印を頂けた神社仏閣

強巴林(チャンバリン・名古屋市守山区)の御朱印

※神社やお寺の名前をタップするとサイト内の御朱印記事に飛びます