荒子観音寺(名古屋市中川区)の御朱印

荒子観音寺(名古屋市中川区)で御朱印を授かりました。尾張四観音の1つで、大小千数百体の円空仏があることでも有名なお寺です。

荒子観音寺(名古屋市中川区)仁王門(山門)

荒子観音寺の山門(仁王門)。円空作の仁王像が睨みを利かせます

荒子観音寺(浄海山円龍院観音寺)

  • 御本尊:聖観世音菩薩
  • ご利益:厄除開運、病気治癒、延命
  • 宗派:天台宗
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

参拝の栞には”天台宗のお寺です”と”昭和27年天台宗から独立し単立寺院”の文章、両方の記載が。天台宗系の単立寺院ってコトかな

  • 札所など:尾張三十三観音第12番札所、尾張四観音

荒子観音寺には何度か参拝したことがあるのですが、御朱印を頂くのは今回が初めて。お寺の方が笑顔で話しかけてくださり、ステキなお参りとなりました。

荒子観音寺(名古屋市中川区)六角堂

カタチが印象的だった六角堂。傅大士ふたいし普建ふけん童子・普成ふじょう童子がいらっしゃいます

この記事には、

  • 荒子観音寺の御朱印
  • 御朱印の頂き方(場所など)
  • 境内の様子や見どころ

といった情報をまとめておきますね。まずは荒子観音寺で授かった御朱印から紹介します。


荒子観音寺(名古屋)の御朱印がこちらです

荒子観音寺(名古屋市中川区)の御朱印

中央の印影(=朱印を押した跡)は、聖観音を表す梵字(サ)です

荒子観音寺で授かった御朱印です。観音様が御本尊の場合にしばしば見受けられる、大悲殿の文字が中央に書かれています

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

「大悲(だいひ)」は観世音菩薩の別名(大辞林第三版より)。大須観音(中区)や比叡山延暦寺(滋賀県大津市)などでも、大悲殿の御朱印を頂いております

※御朱印の見方の基本を、以下の記事で図入りで解説しています


スポンサーリンク

【補足】尾張三十三観音の御朱印帳にも頂きました

荒子観音寺(名古屋市中川区)の御朱印(尾張三十三観音霊場第十二番札所)

こちらにはハッキリと”本尊聖観世音菩薩”の文字が

荒子観音寺は、尾張三十三観音(東海百観音)霊場の第十二番札所

ということで、専用の御朱印帳(納経帳)にも朱印を授かりました。朱印料は100円です。

尾張三十三観音霊場巡り御朱印帳(納経帳)

専用の御朱印帳(納経帳)が上の写真です。龍泉寺(守山区)で600円で購入しましたよ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

尾張三十三観音霊場巡りは、まだまだ序盤戦。めでたく満願なった際には、また記事にしますね

お寺の由緒を挟んで、次の章には、荒子観音寺での御朱印のもらい方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきます。

荒子観音寺の由緒(歴史)


荒子観音寺(尾張名所図会)

江戸時代の荒子観音の様子(尾張名所図会・国立国会図書館デジタルコレクションより)

  • 天平元年(729年):泰澄和尚によって開基
  • 天平13年(741年):法相宗の自性上人が七堂伽藍を建立
  • 中世:天台宗葉上流の談義所・密蔵院(春日井市)に属し、多数の僧徒を擁する
  • 永禄年中(1558~70):全運上人により再興
  • 天正4年(1576年):前田利家により本堂再建

前田利家公初陣之像(荒子駅前ロータリー)

前田利家公初陣之像(荒子駅前ロータリー)

  • 天正12年(1584年):太閤検地により寺領没収
    →九反ほどの観音灯明田が与えられる
  • 江戸時代:尾張藩主・徳川義直徳川光友の帰依を受ける
  • 平成9年(1997年):現本堂が再建

※参拝のしおりをもとに作成


スポンサーリンク

荒子観音寺(名古屋)での御朱印の頂き方を説明するよ

荒子観音寺(名古屋市中川区)本堂

本堂。御本尊の聖観音像(秘仏)は泰澄作で、33年に1度ご開帳されるとのことです。お堂の右端には弘法大師も

荒子観音寺の御朱印情報

  • 受付場所:授与所(本堂左)
  • 御朱印代(価格):300円
  • 【参考】開門時間:午前7時から午後5時

1つずつ簡単に補足しますね。

受付場所:授与所(本堂左)

荒子観音寺(名古屋市中川区)授与所(御朱印受付場所)

写真中央左、沢山の白い紙が貼ってある所が授与所です

荒子観音寺の御朱印は本堂左の授与所で頂きました。本堂とひと続きになっているので、迷う心配もありません。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

御札・お守り・おみくじの取り扱いもありました!


スポンサーリンク

御朱印料(金額):300円

荒子観音寺(名古屋市中川区)山門前の自動販売機

御朱印代(値段)は300円

お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、山門前の自動販売機(上の写真)を活用するのも一つの手かと。

【参考】開門時間:午前7時から午後5時

荒子観音寺(名古屋市中川区)鐘楼

境内の鐘楼

現地の掲示によると、荒子観音寺の開門時間は午前7時から午後5時。

ただし「お参りしたけど、(授与所は)留守だった」との口コミも散見されるため、いつでも御朱印を頂けるわけではなさそうです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

なお、授与所の時間案内などは見当たりませんでした。「(御朱印は)ご縁があれば」という心持ちでお参りするのが、精神衛生上オススメかな


荒子観音寺(名古屋市中川区)地蔵尊

地蔵尊。こちらでも手を合わせます

僕がお参りした時間など


荒子観音寺(名古屋市中川区)護摩堂

護摩堂。不動明王・秋葉権現・二十八部衆がいらっしゃいました

お寺に着いたのは平日の午後3時前。本堂にお参りしたのち授与所に伺い、御朱印を拝受した次第です。

その後も、参拝のしおり(50円。御朱印と一緒に頂きました)をお供に、境内散策を楽しみましたよ。

前田利家卿誕生地跡(名古屋市中川区)への案内看板(荒子観音寺)

前田利家誕生地跡(冨士天満社&荒子城跡)への案内看板。お寺から徒歩4分です

さらに隣接する神明社や、少し離れた冨士天満社にもお参りしたので、参拝所要時間は合計で約1時間といったところですね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

荒子観音寺の境内に限れば、30分ほどあれば充分に見て回れるかと。お出かけの予定を組む際の参考になれば幸いです


宿泊施設の広告を挟んだのち、荒子観音寺の見どころを4つお届けします。

広告は、僕が名古屋観光する立場なら、ココに泊まるかなぁという「ベッセルホテルカンパーナ名古屋」。立地・料金・口コミ評価のバランスが決め手ですね。

荒子観音寺(名古屋)の見どころを4つ紹介するよ

荒子観音寺の見どころ

  1. 円空仏
  2. 節分祭
  3. 尾張四観音
  4. 多宝塔

1.円空仏:円空仏作りの無料体験も

荒子観音寺(名古屋市中川区)本坊(円空仏)

本坊前の円空仏。イイ雰囲気です

荒子観音寺の円空仏拝観について

  • 拝観日:毎月第2土曜日
  • 拝観時間:午後1時から午後4時

※現地掲示、参拝のしおりをもとに作成

荒子観音寺の見どころ1つ目は、大小1250体あまりの円空仏。

延宝年中(1673~81)に、円空上人が荒子観音の第10世住職・円盛上人の願いに応えて彫った芸術的作品です。

名古屋のローカルTV局・東海テレビのYouTubeチャンネルからです

拝観日には、円空仏作りの無料体験もできるそうですよ。宮沢桃子アナウンサーが挑戦している動画をシェアさせていただきました。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

見ているだけでドキドキ緊張しちゃう…。とはいえ、一度体験してみたいな


スポンサーリンク

2.節分祭:年中行事の中で最も華やか

節分祭の様子が収められた、大変ありがたいYouTube動画をシェアさせていただいております

荒子観音寺の見どころ2つ目は節分祭。毎年、節分の日に行われるお祭りで、年中行事の中で最も華やかとのことです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

上の動画からも盛り上がりが伝わってきますね。境内が人で溢れている(動画スタート時)&豆まきの時の歓声がスゴい(1分30秒~)

こちらはTwitterからシェアさせていただいております

ちなみに、夏には盆踊りも開催されるようです。上の動画で流れている曲に関しては、学祭のノリを感じます(笑)

スポンサーリンク

3.尾張四観音:恵方の早見表を載せておきます

荒子観音寺(名古屋市中川区)寺号標

寺号標にも”尾張國四観音”の文字が

尾張四観音(おわりしかんのん)

※お寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

尾張四観音とは、尾張地方で古くから信仰を集めてきた、観音様をご本尊として祀る4つのお寺のこと。

名古屋城を中心として見たときに、その年の恵方にある尾張四観音は「恵方の観音様」として、初詣の人気スポットになっています。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

複雑なイメージのある恵方ですが、実は4方位しかありません。以下に早見表をのせておきますね

西暦の下1ケタ恵方お寺
1・6南南東笠寺観音
2・7北北西甚目寺観音
3・8南南東笠寺観音
4・9東北東龍泉寺観音
5・0西南西荒子観音
スポンサーリンク

4.多宝塔:名古屋市内最古の木造建築物

荒子観音寺(名古屋市中川区)多宝塔(二重塔・国の重要文化財)

荒子観音寺の見どころ、最後4つ目は多宝塔(二重塔)。名古屋市内で最も古い木造建築物とのこと。スゴい。

室町時代末期の禅宗様式の特色をよく表しており、国の重要文化財にも指定されています。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

天文5年(1536年)5月に、塔頭・常住院の賢俊上人によって再建。大工棟梁は熱田の岡部甚四郎だそうです

さて、旅行関連の広告を再度挟んだのち、荒子観音寺の基本情報(アクセス・駐車場など)を載せて記事を締めますね。

広告はバスツアーでお馴染みのクラブツーリズム。「御朱印」で検索したところ、197件のツアーが該当しました(記事執筆時点)。充実してるなぁ!

スポンサーリンク

荒子観音寺(名古屋)の基本情報(アクセス・駐車場など)

荒子観音(あらこかんのん)

・住所:愛知県名古屋市中川区荒子町宮窓138
・電話:052-361-1778

・アクセス

  • 高畑駅(地下鉄東山線)5番出口から徒歩5分
  • 荒子駅(あおなみ線)から徒歩8分

・駐車場:あり(無料)

荒子観音寺(名古屋市中川区)駐車場

東門(境内北東)から進入できます。


今回の荒子観音での御朱印拝受により、尾張四観音の全ての御朱印が揃いました

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

御朱印集めがメインの目的ではないとはいえ、やはり達成感がありますね。とはいえ、荒子観音にはこの先何度もお参りするつもりです。もちろん他の寺院にも


宝珠院(名古屋市中川区)の御朱印

如意山宝珠院(中川区)で授かった御朱印たち

そして、荒子観音寺の近くで御朱印を頂けたのは如意山宝珠院にょいざんほうしゅいん歩いて12分(車なら4分)です。

こちらもお寺の方の雰囲気がステキだった。お参りしたときの様子は、以下の記事にまとめてあります。


そのほか荒子観音寺の近くで御朱印を頂けた神社仏閣


豊国神社(名古屋市中村区)の御朱印

豊国神社(中村区)で授かった御朱印の一部

※神社やお寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

【再掲】尾張四観音(おわりしかんのん)


尾張四観音の御朱印(甚目寺観音・龍泉寺観音・荒子観音・笠寺観音)

尾張四観音で頂いた御朱印たち

※お寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

まとめ記事もご用意しています(マップ付き)。以下からどうぞ!