岩崎城(愛知県日進市)の御朱印(御城印)

岩崎城(愛知県日進市)で2種類の御朱印(御城印・登城記念証)を頂きました。天守に無料で登れる太っ腹なお城です。

岩崎城展望塔(天守閣・愛知県日進市)

岩崎城天守閣(展望塔)

岩崎城(いわさきじょう)

  • 築城年代:室町末期
  • おもな城主:丹羽氏四代
    • 丹羽氏清(うじきよ)
    • 丹羽氏織(うじさと)
    • 丹羽氏勝(うじかつ)
    • 丹羽氏次(うじつぐ)

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

享禄年間(1528~31)に、織田信秀(織田信長の父)によって築城されたようです。信秀は大須万松寺(名古屋市中区)を建立した人物でもあります


岩崎城のある日進市は、僕の地元の1つ・長久手市からすぐ。馴染み深い土地で御朱印を頂けて、嬉しい気持ちでいっぱいです。

この記事には、

  • 岩崎城の御朱印(御城印)
  • 御朱印の購入方法(場所・値段・時間)
  • 岩崎城址公園の様子や見どころ

といった情報をまとめておきますね。まずは岩崎城で頂いた御城印から紹介します。


岩崎城で頂いた御朱印(御城印)を紹介するよ

岩崎城で頂いた御朱印の種類

  1. 通常御朱印(御城印)
  2. 限定御朱印(御城印)

1.通常御朱印(御城印)

岩崎城(愛知県日進市)の御朱印(御城印・登城記念証)

岩崎城で頂いた通常御朱印(御城印)です。

中央の印影は丹羽家の家紋・丹羽扇。右下は岩崎城のマスコットキャラクター「にわさきくん」です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

岩崎城(いわさき)と、その城主・丹羽(にわ)氏をかけて「にわさきくん」とのこと。かわいい


スポンサーリンク

2.限定御朱印(御城印)

岩崎城(愛知県日進市)の限定御朱印(御城印・菊花大会)

岩崎城では限定御朱印(御城印)も購入しました。日進市菊花大会に合わせて頒布されたんです。

金色&黄色の菊があしらわれた、カラフルで豪華なデザイン。イイ時期にお出かけできました!

日進市菊花大会(岩崎城址公園)

岩崎城址公園内の特設テントに、たくさんの菊の花が展示されていましたよ。キレイだったなぁ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

以前、宗像大社(福岡県宗像市)に参拝した際も、西日本菊花大会の開催中でした。得した気分になりますね

なお、岩崎城の限定御朱印情報は、公式アカウントのつぶやきで知りました。上のツイートです。ありがたい。

ということで、最新の限定御朱印情報は、公式ツイッターをチェックするのがおすすめです。以下にリンクを載せておきますね。


スポンサーリンク

【補足】岩崎城の御朱印(御城印)は書き置きタイプ

岩崎城(愛知県日進市)の限定御朱印(御城印・書き置き御朱印専用ホルダー)

補足として、岩崎城の御朱印(御城印)は書き置きタイプ(紙でもらうタイプ)。上の専用ホルダーに挟んで大切に保管しております。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

ハサミやのりを使わないので、御朱印も手も汚さずにキレイに挟めます。詳しくは以下の記事をどうぞ


通販サイト(楽天・Amazon・ヤフー)へのリンクも以下に載せておきますね。最近は人気なのか売り切れていることも多いです。僕も早めに次を購入しておかないと!

引き続き、御朱印の購入方法(場所・金額・時間)について説明します。

岩崎城の御朱印(御城印)の購入方法を説明するよ

岩崎城(愛知県日進市)南入口

岩崎城の御城印情報

  • 頒布場所:岩崎城歴史記念館
  • 御城印代(値段):200円
  • 開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

1つずつ簡単に補足しますね。

頒布場所:岩崎城歴史記念館

岩崎城歴史記念館(御朱印販売場所)

岩崎城の御朱印を購入したのは、岩崎城歴史記念館(上の写真)。入ってすぐの窓口で、職員の方に、

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

御城印を頂けますか?

とお尋ねしたところ、快く対応してくださいましたよ。感謝です。

スポンサーリンク

御朱印代(金額):200円

200円

御朱印料(価格)は200円。お得でビックリ。限定御朱印も同じ値段でした。

300円より安い御城印(御朱印)を頂いたのは、霊場巡りの御朱印以外では初めてかも。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

日置神社(名古屋市中区)など、一300円のところ、二体一緒に頂くと500円になる神社はありましたけどね。ちなみに日置神社は、織田信長が桶狭間の戦いで戦勝祈願した神社です

開館時間:9:00~17:00

岩崎城歴史記念館(御朱印販売場所)

岩崎城歴史記念館の入口。奥に天守閣(展望塔)が見えます

岩崎城歴史記念館

  • 開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28~1/4)
  • 入館料:無料

※最新情報は岩崎城公式サイトでご確認ください

岩崎城歴史記念館の開館時間は、午前9時から午後5時まで。

ただし入館は午後4時半までなので、御朱印(御城印)を購入する場合も4時半までに伺うのがよろしいかと。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

特筆すべきは入場料ですね。無料とは太っ腹すぎる! 天守閣(展望塔)にもタダで入れましたよ


【参考】ボクの見学所要時間など


岩崎城(愛知県日進市)の御朱印(御城印)

岩崎城址公園に到着したのは、日曜日のお昼12時半ごろ。そのあとの行動は…

  1. 公園内を散策(古墳や水琴窟など)
  2. 天守閣(展望塔)で展示&景色を楽しむ
  3. 歴史記念館で御城印を購入
  4. そのまま館内の展示を見て回る

この流れで岩崎城を満喫しました。所要時間は全部で約1時間といったところですね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

ただし、この日は午後から別の予定が。ソレが無ければあと30分(天守内の展示15分+歴史記念館の展示15分)は楽しめた気がする


さて、岩崎城の歴史を挟んだのち、岩崎城址公園の園内風景(フォトギャラリー)をお届けします。

岩崎城の歴史


岩崎城(愛知県日進市)の搦手門

搦手門も再現されておりました

  • 享禄年間(1528-31):織田信秀(織田信長の父)によって築城
  • 享禄2年(1529年):松平清康(徳川家康の祖父)に攻め落とされる
  • 天文7年(1538年):丹羽氏清が本郷城(現日進市本郷町)から移る
    →以後62年間、氏織・氏勝・氏次と、丹羽氏四代の居城となる
  • 天正12年(1584年):岩崎城の戦い(小牧長久手の戦い)で、氏次の弟・氏重が名誉の戦死を遂げる
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

岩崎城の戦いとは、池田恒興(羽柴軍)が丹羽氏重(徳川・織田軍)の守る岩崎城を攻め落とした戦い。落城こそしたものの、池田軍を足止めさせた戦功により、家康は兄・氏次に数千石を加増したとのことです

  • 慶長5年(1600)年の関ヶ原の戦いの戦功により、氏次が三河国伊保(現豊田市保見町)へと国替くにがえ。1万石の大名となる
    岩崎城は廃城に
  • 昭和62年:地元住民の寄付により城址公園として整備される

※現地掲示、公式サイトをもとに作成


スポンサーリンク

【各4枚】岩崎城址公園(日進市)の園内風景

岩崎城の園内風景

  1. 空堀(からぼり)の外側
  2. 岩崎城歴史記念館まわり
  3. 天守閣(展望塔)と眺め

この3部作でいきますね。写真はすべて4枚ずつです。

1.空堀(からぼり)の外側

岩崎城(愛知県日進市)水琴窟

1枚目は水琴窟すいきんくつ。石で囲まれた所(写真右下)に水を注ぐと、地中に埋められた常滑焼の”かめ”に水滴の音が反響して、琴のような音色を奏でます。

たしかに趣のある音でした。清洲城(清須市)の水琴窟はイマイチ音が聞こえなかったんです。またリベンジしたいなぁ。

岩崎城(愛知県日進市)二の丸庭園

続いて、二の丸庭園(上の写真)。日進市のカタチを表現しています。名古屋城の三の丸庭園を参考にしたそうです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

三の丸庭園とはマニアック。名古屋城の天守閣からはかなり離れて、愛知県庁と久屋大通公園のあいだ辺りにある庭園です


岩崎城(愛知県日進市)土橋跡

さあ、空堀にかかる橋を渡って歴史記念館方面へと向かいます。昔はココに、本丸と二の丸を連絡する唯一の土橋が築かれていたんだとか(土橋跡どばしあと)。

岩崎城(愛知県日進市)空堀

上の写真が空堀からぼり。築城当初から水堀ではなく空堀で、16世紀半ばに薬研堀(V字型)から箱堀(箱型)へ改築されたとのことです。

スポンサーリンク

2.岩崎城歴史記念館まわり

岩崎城(愛知県日進市)岩崎城古墳

岩崎城歴史記念館まわり1枚目は、岩崎城古墳。6世紀に造られたと推定される、直径12mの円墳です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

近くの白山宮(本郷町宮下)にも白山古墳がありました。このあたりが重要な土地だったのかな


岩崎城(愛知県日進市)古城之碑

2枚目は古城之碑。石碑にまつわる物語を以下に載せておきますね。

古城之碑にまつわる物語

  • 古くからこの場所に立石があった
  • 明治39年頃、付近で火の玉が目撃され「岩崎城で討死した兵が成仏できていない」と噂されるようになった
  • 明治40年、妙仙寺(岩崎町小林・丹羽氏の菩提寺)の隆城和尚のもと、立石に「古城之趾」の文字が刻まれた
  • 以降、毎年4月9日(岩崎城が落城した日)には慰霊祭が執り行われている

岩崎城(愛知県日進市)井戸跡

井戸跡(上の写真)に…

岩崎城(愛知県日進市)隅櫓跡

隅櫓跡。建物の遺構の中で、唯一礎石を有していたそうです。

最後は、いざ天守閣(展望塔)へ!

スポンサーリンク

3.天守閣(展望塔)と眺め

岩崎城(愛知県日進市)天守閣(展望塔)

天守閣(展望塔)です。展望室に金網が張られているので、高い所が苦手でもある程度は安心かと。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

というのも、例えば犬山城(犬山市)は金網が無いのはもちろん、柵も低くて相当怖いですからね(笑)

ちなみに発掘調査で瓦の遺物は見つからず、もともとの岩崎城は木造平屋建て&屋根は板葺きor茅葺きと考えられているようです。

岩崎城(愛知県日進市)天守閣(展望塔)からの眺め(日進市役所方面)

ココから3枚はお城からの眺めをお届け。まずは、南(日進市役所方面)を向いて撮った写真です。

(上の写真)中央奥に市役所・図書館・スポーツセンター・市民会館などが見えました。なお、左端の森に白山宮が鎮座しています。

岩崎城(愛知県日進市)天守閣(展望塔)からの眺め(名古屋港方面)

視線を少し西(右)に移します。名古屋港方面です。中央に見えるのはゴルフ練習場(エトワス)。

そして、(引き続き上の写真)右の森は北高上緑地。岩崎神明社(岩崎町神明)は現在地に遷る前、ココ(緑地内)にあったと思われます。

岩崎城(愛知県日進市)天守閣(展望塔)からの眺め(モリコロパーク方面)

最後に北東を向いてパシャリ。中央左の深緑の山に、うっすら見える白い線が平成展望台。近くに岩崎御嶽社があります。

さらに中央右端に、モリコロパークの観覧車が。肉眼だとハッキリ見えるんだけどなぁ。全貌はぜひ現地でお楽しみください!

スポンサーリンク

岩崎城(日進市)の基本情報(アクセス・駐車場など)

岩崎城(いわさきじょう)

・住所:愛知県日進市岩崎町市場67
・電話:0561-73-8825
・公式サイト:岩崎城

・アクセス:岩崎御岳口バス停(名鉄バス)から徒歩5分

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

赤池駅(地下鉄鶴舞線/名鉄豊田線)から、名鉄バスが1時間に1本ほどのペースで出ています

・駐車場:あり(無料)

岩崎城址公園(愛知県日進市)駐車場

岩崎城址公園の北側に駐車場がありました。


無料でお城に登れるのが、本当にありがたいですね。また来よう。

白山宮と足王社(日進市)の御朱印

上の写真は、白山宮で頂いた御朱印。岩崎城から車で5分(徒歩15分)です。

境内社の足王社も「足の神様&サッカー神社」として有名ですよ。お参りしたときの様子は以下の記事にまとめてあります。


そのほか岩崎城の近くで御朱印を頂けた神社


景行天皇社(長久手市)の御朱印(棒の手の写真入り)

景行天皇社(長久手市)で頂いた写真入りの御朱印

  • 岩崎御嶽社(車で5分・近くに浅野祥雲作と思われる弘法大師のコンクリート像があります)
  • 景行天皇社(車で11分・写真入りの珍しい&美しい御朱印を頂きました)
  • 石作神社(車で12分・長久手市役所すぐ北。社務所が開くのは週に3日)
  • 針名神社(車で14分・名古屋市農業センター”delaふぁーむ”隣の延喜式内社)

※神社の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

【おまけ】御朱印(御城印)を頂けた主なお城


名古屋城の御朱印(御城印・来城記念符)

名古屋城の御朱印(御城印)

※お城の名前をタップすると、サイト内の御朱印(御城印)記事に飛びます