日置神社(名古屋市中区)の御朱印

おき神社で2種類(2つ)の御朱印を見開きで授かりました。最寄り駅は大須観音駅と上前津駅。どちらからも徒歩8分ほどで着きます。

ただし、僕(なごやっくす)は先にお参りしたくらがり之森八幡社から10分ちょっと歩いてお参りしたんですけどね。

日置神社(名古屋市中区)南鳥居

日置神社は桶狭間の戦いの際、織田信長が戦勝祈願&あつもりを舞ったと伝わる神社。見事勝利を収めた信長は(熱盛!)お礼参りとして千本の松を境内に植えたそうです。

こちらが敦盛の動画。YouTubeからシェアさせていただきました。大須万松寺の織田信秀忌(信長の父親です)で舞われたようです。

ぼく(なごやっくす)
非常にゆったりとした動きですよね。当時は信長自ら舞ったのかな。せっかちなイメージなので、信長がこの動きをしていたのを想像すると何だか微笑ましい気持ちになります

この記事には、

  • 日置神社の御朱印
  • 御朱印のもらい方(初穂料など)
  • 境内の様子(見どころ)

といった情報を凝縮してまとめておきますね。まずは日置神社で授かった御朱印からお見せします。


日置神社(名古屋市中区)の御朱印がこちらです

日置神社(名古屋市中区)の御朱印

日置神社で授かった御朱印です。本殿(右)と境内社(左)、2種類の御朱印を御朱印帳に見開きでいただきました。墨書きは奉拝&参拝日とシンプルですね。

※御朱印の見方の基本を以下の記事で図入りで解説しています

境内の掲示を見るに、一体のみを授かることもできるようですよ。印影(朱印を押した跡)についても簡単に掘り下げておきます。

種類1.日置神社本殿の御朱印

日置神社(名古屋市中区)本殿の御朱印

■ 日置神社本殿の御朱印の印影

  • [右]延喜式内社
  • [中央上]神紋(麻の葉紋)
  • [中央下]日置神社

頂いた由緒書きによると、日置神社の創建時期は定かではないとのことですが、延長5年(927年)にへんさんされた延喜式神名帳に”尾張國 愛智郡 日置神社”との記載があります。

ですので、少なくともソレ(=西暦927年)以前には神社が存在していたと考えられますね。長い歴史だ。延喜式内社については以下の記事でも特集しております。

日置神社(名古屋市中区)の狛犬(麻の葉紋)

日置神社境内の狛犬。大胸筋の発達度合いがスゴい。ベンチプレスで鍛えたのかな←

そして個人的に珍しいと感じたのが麻の葉紋。狛犬の土台にもしっかりと刻まれておりました。星のカタチにも見えますね。

【要約版】日置神社の由緒(歴史)

延喜式内社 日置神社由緒(参拝の栞/リーフレット)

  • 創建は不明(延喜式神名帳に記載あり)
  • 中世に石清水八幡宮(京都府八幡市)から八幡大神を勧請し合祀
  • 永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで織田信長が戦勝祈願
  • 見事勝利し、神域に松千本を植樹。千本松日置八幡宮と称される
  • 明治維新の際、社号を日置神社と改める
  • 明治42年、隣接の神明社を合併し相殿に配祀
  • 昭和20年に戦災を受けるも、昭和33年に社殿復興造営完成

※頂いた由緒書きをもとに作成

スポンサーリンク

種類2.日置神社境内社の御朱印

日置神社(名古屋市中区)境内社の御朱印(廣富稲荷社・大黒恵比須社・日置龍神社)

■ 日置神社境内社の御朱印の印影

  • 廣富稲荷社
  • 大黒恵比須社
  • 日置龍神社

※残りは”日置神社[右下]”と”境内社”

続いて、日置神社境内社の御朱印。廣富稲荷社と大黒恵比須社は拝殿の左奥に。日置龍神社は拝殿の右奥に鎮座しています。

境内社の様子は後ほど紹介することにして、先に日置神社での御朱印の授かり方(初穂料など)を説明しておきますね。

スポンサーリンク

日置神社(名古屋市中区)の御朱印のもらい方を説明するよ

日置神社(名古屋市中区)西鳥居

日置神社の西鳥居。大須観音駅から向かう場合はこの鳥居が分かりやすいかと

気持ちよくお参りできるよう、御朱印の授かり方についても確認しておきましょう。

  1. 御朱印の受付場所
  2. 御朱印代(初穂料/価格)
  3. 【参考】御朱印の受付時間について

この3つを順番にいきますね。

御朱印の受付場所:祈祷受付所(参道右)

日置神社(名古屋市中区)の御朱印受付場所(祈祷受付所/授与所/社務所)

日置神社の御朱印は、参道右の祈祷受付所(授与所/社務所)で授かることができました。正面鳥居をくぐって拝殿へと進む途中にあります。

ぼく(なごやっくす)
御札・お守り・おみくじの取り扱いもありましたよ

日置神社(名古屋市中区)拝殿(社殿/本殿)

拝殿はこんな感じ。御祭神は以下の三柱です。

  • 天太玉命あめのふとだまのみこと[主座・中央]
  • 品陀和氣命ほむだわけのみこと(応神天皇)[配祀・左]
  • 天照大御神[配祀・右]

このあたりで天太玉命(フトダマ)を祀る神社は珍しいのでは。あめのいわ神話(≒天照大神の引きこもり脱出大作戦)で活躍した神様で、玉串や注連縄のルーツともされています。

【参考】日置神社本殿のご利益

  • 商売繁盛
  • 学業向上
  • 必勝祈願
  • 事業繁栄/企業隆昌
  • ものつくり/技術向上
  • リーダーシップ向上 など

※同じく天太玉命を主祭神とする安房神社(安房国一宮・千葉県館山市)のご利益のページをもとに作成

スポンサーリンク

御朱印の初穂料(金額)について

500円玉

日置神社の御朱印の初穂料(値段)は500円。本殿と境内社、2種類の御朱印を一緒に授かる場合の初穂料です。

ぼく(なごやっくす)
一体のみを授かる場合は300円とのことでした

言葉が適切かどうかはともかく、二体頂くと安くなるという、いわば”御朱印のセット割“ですね。御朱印の値段の相場については以下の記事で特集していますので、よろしければご覧ください。

なおお参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、コンビニや自販機で買い物するのもイイですし、先にお茶しちゃうのもアリかと。

十二ヵ月(コーヒーゼリー・りんごのタルト・グレープフルーツジュース)

上はカフェ”十二ヵ月”で頂いた、りんごのタルトとコーヒーゼリー。上前津駅から神社に向かう途中にあります。とくにコーヒーゼリーの風味が最高でございました。

参考ページ[食べログ]THE SHOP 十二ヵ月
スポンサーリンク

【参考】御朱印の受付時間について

日置神社(名古屋市中区)の御朱印

現地・ネット含め、御朱印の受付時間に関する目ぼしい情報は見当たりません。ですので、僕の経験からくる洞察(勘)になりますが、神社の雰囲気的に神職さんは境内に常駐していそう。

ということで、一般的な神社に倣って午前9時から午後4時のあいだにお参りすれば、まずまずの確率で御朱印を授かれる(ご縁がある)のではないでしょうか。

ぼく(なごやっくす)
参考までに、僕は平日の11時半ごろに参拝しました。最初、受付に人の姿は見えませんでしたが、僕を見つけた神社の方が窓を開けて対応してくださいましたよ。感謝です

引き続き、御朱印に名前のあった境内社(三社)の様子を簡単に紹介しますね。ご利益も合わせて取り上げます。

スポンサーリンク

日置神社の境内社も確認しておこう【ご利益も】

1.廣富稲荷社(ひろとみいなりしゃ)

廣富稲荷社(名古屋日置神社境内社)

■ 御祭神

  • 宇迦之御魂神うかのみたまのかみ(倉稲魂神)

■ ご利益(御神徳)

  • 商売繁盛の神
  • 衣食住の神
  • 食糧の神/稲の神

※境内の立札をもとに作成

まずは廣富稲荷社。境内の由緒によると、大正7年に伏見稲荷大社(京都市伏見区)から神璽を受けて神殿を新設したとのことです。

廣富稲荷社(名古屋日置神社境内社)の狛犬

廣富稲荷社の狛狐。知恵の象徴とされる巻物をくわえておりました。頭も良くなりそう。

ぼく(なごやっくす)
旧初午日の直前の土曜日には、稲荷初午祭が行われます。日置神社のおもなお祭り等を以下にまとめておきますね

【参考】日置神社のおもなお祭りなど

  • 歳旦祭:1月1日
  • 初恵比須祭:1月第2月曜日の直前の土曜日
  • 節分祭:立春の前日
  • 紀元祭:2月11日
  • 祈年祭:2月17日
  • 稲荷初午祭:旧初午日の直前の土曜日
  • 夏越の大祓:6月30日
  • 禁厭まじない茅輪わくぐり神事:7月第2土曜日
  • 龍神社例祭:7月第2土曜日
  • 例祭前日祭:10月14日
  • 例祭:10月15日
  • 新嘗祭:11月23日
  • 年越の大祓:12月31日
  • 月次祭:毎月1日15日

※頂いた由緒書きをもとに作成

スポンサーリンク

2.大黒恵比須社(だいこくえびすしゃ)

大黒恵比須社(名古屋日置神社境内社)

■ 御祭神

  • 大国主命おおくにぬしのみこと(大黒様)
  • 事代主命ことしろぬしのみこと(恵比寿様)

■ ご利益(御神徳)

  • 福徳開運
  • 家門繁栄

※境内の立札をもとに作成

続いて大黒恵比須社。それぞれ昭和36年に出雲大社(島根県出雲市)と美保神社(島根県松江市)から神璽を受けて神殿を新設したとのことです。

ぼく(なごやっくす)
美保神社は”えびす様の総本宮”として有名な神社。書籍「神話のおへそ」に載っていた”あおふしがき神事”の写真が印象的で、ぜひお参りしたい神社の1つです

3.日置龍神社

日置龍神社(名古屋日置神社境内社)

■ 御祭神

  • 日置龍神

■ ご利益(御神徳)

  • 疾病平癒
  • 諸願成就

※境内の立札をもとに作成

そして日置龍神社。先の2つとは少し違った雰囲気を醸し出しておりました。むくの木に鎮まった龍神を祀っているようです。

ぼく(なごやっくす)
龍神社って、どこの神社もオーラが独特なイメージ。長年に渡って積み重なってきた、参拝者のさまざまな想いが渦巻いている感じがするんですよね

最後に、ココまでに載せきれなかった日置神社の境内の様子(見どころ)を3枚の画像にまとめましたので、ソレを紹介して記事を締めますね。

スポンサーリンク

【画像3枚】日置神社(名古屋市中区)の境内の様子をお届けっ

力石(名古屋日置神社境内)

■ 日置神社のちからいし

  • [左]はちまん:一石六斗(推定約256kg)
  • [右]いなり:一石二斗(推定約192kg)

※重さは(公社)米穀安定供給確保支援機構のページを参考にしました

1枚目は力石。この地方に現存するモノとしては最大級とのこと。江戸後期(文化・文政)を中心に、村の若者たちの力比べの道具として使われていたそうですよ。

僕も試しに持ち上げようとしましたが、びくともしませんでした。昔の人はどれだけ力持ちだったんや…。

ぼく(なごやっくす)
僕が御朱印を授かった神社だと、御器所八幡宮(名古屋市昭和区)や櫛田神社(福岡市博多区)にも力石があったなぁ

橘社と橘町の屋根神(名古屋日置神社境内)

続いて2枚目は、門の奥に祠が二つ。境内の立札や神社の方から伺ったお話から察するに、橘社(右)と橘町の屋根神(左・秋葉社/熱田社/津島社合祀)だと思われます。

門に刻まれているのは三つ葉葵紋。橘社に祀られているのは、尾張徳川家二代藩主・徳川光友(瑞龍院)なんです。

ぼく(なごやっくす)
徳川光友の時代には、多くの寺院が建立・再興・修復されましたよね。僕がお参りした所でいうと、片山八幡神社(東区)や高牟神社(千種区)がパッと思い出されます

日置神社(名古屋市中区)の見どころ(タブノキ・神楽殿・芳勲塔・松原交差点)

最後3枚目は欲張って4つのせます。それぞれ以下のとおりです。

  • [左上]タブノキ(椨の木)
    日本海側(能登など)でとくに神聖視されている木。現在は脇枝が成長中
  • [右上]神楽殿
    ステキな佇まい。参道左に建っています
  • [左下]芳勲塔
    郷土の英霊を偲ぶために建てられたようです
  • [右下]松原交差点
    神社近くの信号交差点。冒頭の”信長が松を千本植えた“というエピソードが「松原」の町名/地名の由来とのことです
ぼく(なごやっくす)
ちなみに僕は松原に住んでいたこともあります。懐かしさも感じながらの御朱印巡りとなりました
スポンサーリンク

日置神社の基本情報(アクセス含む)など

■ 日置神社(ひおきじんじゃ)

・住所:愛知県名古屋市中区中区橘1-3-21
・公式サイト:見当たらず

・アクセス:大須観音駅(地下鉄鶴舞線)2番出口から徒歩8分
※上前津駅(地下鉄名城線/鶴舞線)7番出口からも同じくらいで着きます

ぼく(なごやっくす)
名古屋駅から向かう場合は、まず地下鉄東山線で伏見駅へ(1駅)。伏見駅で鶴舞線に乗り換えて大須観音駅(こちらも1駅)で降りるのがオススメ

・駐車場:なし

日置神社(名古屋市中区)の最寄り駐車場(コインパーキング/タイムズ橘第6)

神社のすぐ近くにあったコインパーキング(国道19号線沿い・タイムズ橘第6)。駐車料金は60分200円(平日は30分100円)です。


由緒書きによると、日置神社の「日置」というのは、暦を司る役所だった「おき」がこのあたりに置かれたところから来ているそうですよ。

ぼく(なごやっくす)
堀川(江川線)の西には「西日置」という町名も残っていますよね

鹽竈神社(名古屋市中川区)の御朱印

そして、日置神社の次にお参りしたのは、何を隠そう「西日置」に鎮座しているしおがま神社。アンパンマンの”かまめしどん”を彷彿とさせる奉納釜が印象的でございました。

■ そのほか日置神社の近くで御朱印を頂けた神社仏閣

大須観音の御朱印(種類大悲殿・本堂前)

  • 大須観音(徒歩8分・大須商店街で食べ歩きも楽しめる)
  • 万松寺(徒歩11分・7種類の御朱印を授かりました)
  • 三輪神社(徒歩14分・御朱印のウサギがとにかく可愛い)
  • [参考]榎白山神社(地下鉄で3駅・信長は榎白山神社→日置神社の順に立ち寄り戦勝祈願したそうです)

※神社やお寺の名前をタップするとサイト内の御朱印記事に飛びます