七寺(名古屋大須)の御朱印

なごやっくす(Twitter@goshuin_dash)です。
七寺ななつでら(稲園山 正覚院 長福寺)で3種類の御朱印を頂きました。
大須観音の仁王門から徒歩3分のところにある、真言宗智山派準別格本山です。

七寺(名古屋大須)境内入口
境内入口

七寺の御本尊とご利益

  • 御本尊:聖観世音菩薩・大勢至菩薩
  • ご利益:厄除開運・家内安全・不老長寿など

大須商店街のすぐそばということもあり、名古屋駅からのアクセスも良好です。この記事には…

  • 七寺の御朱印
  • 御朱印の頂き方(時間など)
  • 境内の様子(見どころ)
  • アクセス・駐車場

といった情報をまとめておきますね。
まずは、七寺で授かった御朱印から紹介します。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

久屋金刀比羅神社(東区泉)に続いての御朱印拝受です!

>>御朱印とは【もらい方】


七寺の御朱印【3種類】

七寺(名古屋大須)本堂全景
本堂全景

御本尊の御朱印

七寺(名古屋大須)御本尊の御朱印(聖観世音菩薩・大勢至菩薩)
中央の印影は三宝印、左下の印影は”稲園山七寺印”です。右上の”第二番札所”については後ほど!

まずは御本尊の御朱印から。“大勢至/聖観音両菩薩”の墨書きが見えます。

もともとの本尊・阿弥陀如来が戦災で焼失したため、脇侍の両菩薩を祀っているとのことです。

ぼく(なごやっくす)
聖観音菩薩・大勢至菩薩は、ともに国指定重要文化財です

七寺(名古屋大須)本堂

なお、御本尊には本堂右側からお参りしました。合掌。

>>御朱印の見方の基本(図入り)はこちら

名古屋二十一大師霊場【第2番】

七寺(名古屋大須)の御朱印(名古屋二十一大師霊場第二番)
左上には霊場再興五十周年の特別な印影も

七寺は名古屋二十一大師霊場の第二番札所です。
専用の御朱印帳(納経帳)にも朱印を頂いております。朱印料は100円です。

名古屋二十一大師霊場巡り御朱印帳(納経帳)と巡礼マップ
専用納経帳(写真左)と付録の巡礼マップ(右)

専用納経帳は大須観音で700円で購入しました。
21札所のすべての御朱印は、以下のリンクからご覧になれます。

>>【結願】名古屋二十一大師霊場の御朱印まとめ|マップ付き
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

第1番札所が大須観音です。なお、七寺から第3番札所・成田山萬福院へは、徒歩22分or地下鉄で1駅で着きますよ

不動明王の御朱印

七寺(名古屋大須)の御朱印(不動明王)

2種類目は不動明王の御朱印

中央に見えるのは、不動明王を表す梵字(カーン)です。

東海三十六不動尊霊場【第9番】

七寺(名古屋大須)の御朱印(東海三十六不動尊霊場第九番)

七寺は東海三十六不動尊霊場の第九番札所でもあります。

こちらも専用の御朱印帳(納経帳)に朱印を頂きました。朱印料は100円です。

東海三十六不動尊霊場納経帳(御朱印帳)

ちょっと豪華な造り。そのぶんお値段も…

専用の御朱印帳(納経帳)は、大須観音で1500円で拝受しました。まとめ記事も後日公開しますね。

吒枳尼天の御朱印

七寺(名古屋大須)の御朱印(吒枳尼天)

右上に”豊川稲荷“の文字が見えます

3種類目は吒枳尼天(ダキニ天)の御朱印。宝珠の印影がかっこいい!

中央上の墨書きは、吒枳尼天を表す梵字(ダ)です。

七寺(名古屋大須)お堂(吒枳尼天)

豊川稲荷同様、境内に鳥居がありました。吒枳尼天様へはこちらからお参り。

ぼく(なごやっくす)
僕が参拝したところだと、大須万松寺長楽寺(南区)・三好稲荷閣(みよし市)でも吒枳尼天関連の御朱印を頂けましたよ

七寺(名古屋大須)お稲荷さん

境内のお稲荷さん。

七寺(名古屋大須)幟(豊川吒枳尼天)

幟(のぼり)にも“豊川吒枳尼天”の文字がありました。

お寺の由緒を挟んで、次の章には、七寺での御朱印の頂き方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきますね。

■ 七寺の由緒(歴史)

  • 天平7年(735年):僧行基により尾張国中島郡萱津の庄(現あま市)に開創
  • 延暦6年(787年):河内権守紀是広きのこれひろが七堂伽藍を建立(=七寺の名前の由来)
  • 仁安2年(1167年):尾張権守大中臣朝臣安長により稲沢市七ツ寺町に移転
  • 天正19年(1591年):豊臣秀吉の命を受け清州に移転

清洲城の御朱印(御城印・登場記念証)

清洲城で頂いた御朱印(御城印)

  • 慶長16年(1611年):徳川家康の命を受け現在地に移転(清洲越し)
  • 元禄13年(1790年):領主徳川光友の計らいにより三重塔が再建

江戸時代後期の七寺(尾張名所図会・国立国会図書館デジタルコレクション)

江戸時代の七寺(尾張名所図会・国立国会図書館デジタルコレクションより)

ぼく(なごやっくす)
右のページの、左下あたりに見えるのが三重塔かな
  • 享保15年(1730年):尾張徳川藩の祈願所となる
  • 昭和20年3月19日:太平洋戦争の戦火により七堂伽藍の全てを焼失する

七寺(名古屋大須)大日如来像

大日如来像。戦火の修復跡が痛々しいです

七寺での御朱印の頂き方

御朱印の受付場所

七寺(名古屋大須)納経所(御朱印受付場所)

七寺の御朱印は、境内入口正面の納経所で頂きました。

ぼく(なごやっくす)
非常にわかりやすい場所にあります。方向オンチの僕でも安心

御朱印料(金額)

300円(100円玉3枚)

御朱印代(値段)は一体300円

※御朱印の単位(数え方)の特集記事を、以下にご用意しています

七寺は大須商店街のすぐそばなので、小銭を作る(お札を崩す)場所に困りません

吾妻茶寮のかき氷(ダブルショコラ)

参考までに、大須商店街内で美味しかったカキ氷を紹介しておきます。吾妻茶寮あづまさりょうの”ダブルショコラ”です。また食べたいなぁ!

参考ページ[食べログ]吾妻茶寮
ぼく(なごやっくす)
そのほかの大須商店街の定番食べ歩きグルメ(スイーツ)を3つあげておきますね。どれも間違いないヤツです

■ 大須商店街の定番食べ歩きグルメ

李さんの台湾名物屋台(唐揚げとタピオカミルクティー)

「李さんの台湾名物屋台」の台湾唐揚げとタピオカミルクティー

※店名をタップすると食べログのページに飛びます

御朱印の受付時間は?

七寺(名古屋大須)幟

書籍「愛知札所めぐり」の七寺のところに“拝観時間 9:00~17:00”とあります。

ですので、御朱印もコレに倣って、午前9時から午後5時のあいだにお参りするのがよろしいかと。

【参考】僕がお参りした時間など

七寺(名古屋大須)御本尊の御朱印

お寺に着いたのは、平日のお昼2時過ぎ

本堂でお参り&境内をひと通り散策したのち、納経所のインターホンを押して御朱印を授かった次第です。

七寺(名古屋大須)本堂彫刻

本堂の彫刻も美しかった

当初境内には僕1人でしたが、御朱印待ちのあいだに2人ほど、同じように御朱印を求める方が僕の後ろに並ばれていましたね。

ぼく(なごやっくす)
そのうちの1人とお話しさせていただきました。手にしていた安江八幡宮(金沢市)の御朱印帳がかわいかった

コンパクトな境内だったこともあり、参拝所要時間は20分といったところですね。

宿泊施設の広告を挟んだのち、七寺の基本情報(アクセス・駐車場など)を載せて記事を締めます。

広告は、僕が栄・大須エリアで泊まる場合の有力候補「名古屋ガーランドホテル」です。口コミ評価と値段のバランスが魅力的。

七寺のアクセス・駐車場

■ 七寺(ななつでら)

・住所:名古屋市中区大須2-28-5
・電話:052-231-1715

・アクセス

  • 大須観音駅(地下鉄鶴舞線)2番出口から徒歩5分
  • 上前津駅(地下鉄名城線/鶴舞線)8番出口から徒歩6分

・駐車場:あり(3台ほど)

七寺(名古屋大須)駐車場

駐車場の様子です。大須通(境内南)から進入できます。

とはいえ、大須付近で御朱印巡り&食べ歩きしたい場合は、コインパーキングに停めるのもアリかと。

七寺(名古屋大須)近くの駐車場(コインパーキング・三井のリパーク大須第19)

上は七寺の西に隣接する「三井のリパーク大須第19」。駐車料金は20分200円(平日は40分200円)です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

七寺付近は、どこもこれくらいが相場かな

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございます。
お寺の方にも優しくご対応いただき、参拝したあとも幸せな気分が持続するステキなスポットでした。
またお参りさせてもらおうと思います。


正悦山妙行寺(清正公堂・名古屋市中村区)の御朱印と御主題
妙行寺(清正公堂・中村区)の御朱印と御主題

さて、日を改めて、七寺の次に御朱印とご縁を頂けたのは正悦山妙行寺(みょうぎょうじ)

場所は中村公園の隣。戦国武将・加藤清正の誕生地としても知られる、日蓮宗のお寺です。
以下から次のページへお進みください。

次のページはこちら【妙行寺】

七寺周辺の御朱印寺社

  • >>大須観音(徒歩3分・4種類の御朱印と御朱印帳を頂きました)
  • >>万松寺(徒歩7分・「尾張の虎」の御朱印帳がカッコよすぎる)
  • >>日置神社(徒歩7分・織田信長が桶狭間の戦いで戦勝祈願した延喜式内社)
  • >>三輪神社(徒歩10分・うさぎの御朱印がかわいすぎる)

名古屋市の御朱印一覧