辯天寺(名古屋市港区)の御朱印

宝生山辯天寺(名古屋市港区)で四の御朱印を授かりました。琵琶湖に浮かぶ、竹生島ちくぶしま弁才天(宝厳寺)の名古屋別院として建立されたお寺です。

弁天池(名古屋市港区辯天寺)

弁天池でしょうか、お寺の前には大きな池が。右奥に見えるのが本堂です

宝生山 辯天寺(べんてんじ)

  • 御本尊:辯才天
  • ご利益:福徳自在、開運
  • 宗派:真言宗智山派
  • 霊場札所など:名古屋三弘法第2番、名古屋二十一大師第12番、なごや七福神辯才天

宝珠院(高畑駅近く)にお参りした際、名古屋三弘法霊場の存在を知ったのが、お参りのキッカケ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

名古屋が地元の僕ですが、弁天寺のあたり(惟信や多加良浦)に足を運ぶ機会はなかなか無かったんです。充実した時間となりました!

この記事には、

  • 辯天寺の御朱印
  • 御朱印の頂き方(時間など)
  • 境内の様子や見どころ

といった情報をまとめておきますね。まずは辯天寺で授かった御朱印から紹介します。


辯天寺(名古屋市港区)で頂いた御朱印を紹介するよ

辯天寺で頂いた御朱印の種類

  1. 本尊 大辯才天女の御朱印
  2. 名古屋三弘法の御朱印(開運大師)
  3. 名古屋二十一大師の御朱印(開運大師)
  4. なごや七福神の御朱印(辯才天)

1.本尊 辯才天の御朱印

辯天寺(名古屋市港区)の御朱印(本尊辯才天)

一体目は御本尊の御朱印です。達筆だぁ。墨書きは以下の3要素。

  • [右]奉拝&参拝日
  • [中央]本尊 “大”辯才天女
  • [左]多加良浦 辯天寺

そして印影(=朱印を押した跡)は、以下の3要素でよろしいかと。三弁宝珠がカッコイイなぁ。

  • [右上]竹生島名古屋別院 辯才天霊場
  • [中央]三弁宝珠
  • [左下]多加良浦 大辯才天 納経所印
※御朱印の見方の基本を、以下の記事で図入りで解説しています

辯才天の前に”大”とあるのは、竹生島宝厳寺が、日本三弁才天の中で最も古くに建立されたことに由来するようです(参考:宝厳寺Webサイト)。

【参考】日本三弁才天


厳島神社(広島県)大鳥居

厳島神社(広島県宮島)の大鳥居

  • 宝厳寺&竹生島神社(滋賀県竹生島)
  • 江島神社(神奈川県江の島)
  • 厳島神社&大願寺(広島県厳島)


2.名古屋三弘法の御朱印(開運大師)

辯天寺(名古屋市港区)の御朱印(弘法大師)

二体目は、名古屋三弘法(開運大師)の御朱印。”開運大師”という響きがイイですね。どっしりとした印象を受けます。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

御朱印右上に注目すると、弁財天の持っている楽器・琵琶の中に「名古屋三弘法 第二番霊場」の文字が。シャレオツ

ちなみに琵琶湖の名前の由来も、湖のカタチが琵琶に似ている所から来ているんですよ。僕は最近知りました。

修行大師像(名古屋市港区辯天寺)

境内の修行大師像。おめめパッチリ

【+α】名古屋三弘法の御朱印帳にも頂きました

辯天寺(名古屋市港区)の御朱印(名古屋三弘法)

名古屋三弘法霊場まいり専用の御朱印帳。宝珠院で500円で拝受しました

辯天寺は名古屋三弘法霊場の第二番札所

この日のお参りは名古屋三弘法巡りを兼ねていたので、専用納経帳にも御朱印を授かりました。朱印料は100円です。

名古屋三弘法御朱印(如意山宝珠院・多加良浦辯天寺・築港善光寺)

名古屋三弘法(宝珠院・辨天寺・善光寺)の御朱印

辯天寺に続いて、名港善光寺でも御朱印を(セルフで)拝受し、無事三弘法すべてにお参りできました。ありがたや。

名古屋三弘法霊場まいり

  1. 如意山 常楽寺 宝珠院(中川区中郷)
  2. 竹生島 宝生山 弁天寺(港区多加良浦)
  3. 臨江山 善光寺(港区港陽)

※お寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

まとめ記事(マップ付き)も用意しております。以下からどうぞ!



3.名古屋二十一大師の御朱印(開運大師)

宝生山辯天寺(名古屋市港区)の御朱印(名古屋二十一大師霊場)

ココまでに紹介した二体とは別の日に授かっております

三体目は、名古屋二十一大師の御朱印

先ほどの名古屋三弘法と同様に”開運大師”の御朱印ですが、右上の印影が「名古屋二十一大師 第十二番霊場」となっていますね。ということで…

【+α】名古屋二十一大師の御朱印帳にも頂きました

宝生山辯天寺(名古屋市港区)の御朱印(名古屋二十一大師霊場専用納経帳)

左上には霊場再興五十周年の特別な印影も

名古屋二十一大師の専用納経帳(御朱印帳)にも朱印を頂いております。朱印料は100円です。

名古屋二十一大師霊場巡り御朱印帳(納経帳)と巡礼マップ

巡礼マップ付きなのがうれしい!地図や由緒が載っているんです

上が専用の納経帳。大須観音(中区大須)で700円で拝受しました。まとめ記事も後日公開しますね。

4.なごや七福神めぐりの御朱印

宝生山辯天寺(名古屋市港区)の御朱印(なごや七福神めぐり辯才天)

四体目は、なごや七福神(辯才天)の御朱印。右上の印影が「なごや七福神 辯才天霊場」となっています。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

辯天寺と同じ”真言宗智山派&なごや七福神めぐり霊場”である、成田山萬福院(中区栄)の御朱印帳に記帳していただきました

【+α】なごや七福神めぐりの御朱印帳にも頂きました

宝生山辯天寺(名古屋市港区)の御朱印(なごや七福神めぐり専用宝印帳)

ご利益は”福徳自在”。”妙なるや法を称える雲間より 利益を給う白龍の神”の御詠歌も

ご多分に漏れず、なごや七福神めぐりの専用宝印帳(御朱印帳)にも朱印を頂いております。朱印料は100円です。

なごや七福神めぐり御朱印帳(宝印帳)

専用宝印帳の外観が上の写真。大須観音で1000円で拝受しました。まとめ記事も後日公開しますね。

宿泊施設の広告を挟んで、引き続き、多加良浦辯天寺での御朱印のもらい方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきます。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

広告は、僕が名古屋観光する立場なら、ココに泊まるかなぁという「ベッセルホテルカンパーナ名古屋」です。立地・料金・口コミ評価のバランスが魅力的

辯天寺(名古屋市港区)での御朱印の頂き方を説明するよ

辯天寺(名古屋市港区)案内石

宝珠院の御朱印情報

  • 受付場所:納経所(参道左)
  • 御朱印代(価格):300円
  • 受付時間のめやす:9:00~16:00

1つずつ補足しますね。

受付場所:納経所(参道左)

辯天寺(名古屋市港区)納経所

辯天寺の御朱印は、参道左の納経所(上の写真)で頂きました。

本堂でお参りしたのち納経所に向かうと、お寺の方が窓をスッと開けて、笑顔で対応してくださいました。感謝です。

辯天寺(名古屋市港区)本堂

上の写真が本堂です。本尊の辯才天は井伊直弼が彦根城の天守閣に安置&信仰していたモノなんだとか。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

辯天寺の由緒を、簡単に以下にまとめておきます


辯天寺の由緒(歴史など)


彦根城

辯天寺とつながりのある彦根城

  • 大正14年、付近の土地区画事業を推進した服部善之助の寄進を受け、竹生島辯才天の名古屋別院として建立
  • 本尊の辯才天は、近江彦根藩主・井伊直弼(のちの徳川幕府大老)が、彦根城の天守閣に安置&信仰していたモノ

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

お寺の西側は昔、海水浴場だったんだとか。しかし年々濁って人気が落ち、昭和30年ごろに自然消滅したとのこと。悲しい


愛知札所めぐり(東海まち歩き再発見隊著,2018)、港区の歴史(愛知県郷土資料刊行会,2009)、名古屋二十一大師霊場会リーフレットをもとに作成


御朱印料(金額):300円

300円(100円玉3枚)

御朱印料(値段)は、一体につき300円を納めました。

お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、バス停「弁天裏」からお寺に向かう途中に自動販売機がありましたよ。ご参考までに。

弁天裏バス停(名古屋市バス)

弁天裏バス停(名古屋市バス)。ココから辯天寺までは徒歩5分です

受付時間のめやす:9:00~16:00

辯天寺(名古屋市港区)如意宝珠

如意宝珠。本堂のてっぺんと同じカタチに見えます。昔の屋根に付いていたヤツかな

お参りした際、納経所の前に「午前9時から午後4時まで」といった旨の掲示がありました。御朱印を受けたい場合はこの時間内にお参りされるのがよろしいかと。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

なお、12:00~12:30頃まではお昼休みとのことです


【参考】僕がお参りした時間など


重軽地蔵(名古屋市港区辯天寺)

本堂前の重軽地蔵。腕の力だけだと持ち上がらず、腰を入れるようにしたらグイッと上がりました

お寺に着いたのは、平日の午後2時半ごろ。本堂でお参りしたのち納経所に向かい、御朱印をお願いした次第です。

猛暑日だったこともあり、ほかに参拝客はおらず、ゆったり参拝できました。参拝所要時間は約20分といったところですね。

旅行関連の広告を再度挟んだのち、辯天寺の基本情報(アクセス・駐車場など)を載せて記事を締めますね。

広告はバスツアーでお馴染みのクラブツーリズム。「御朱印」で検索したところ、225件のツアーが該当しました(記事執筆時点)。充実してるなぁ!

スポンサーリンク

辯天寺(名古屋市港区)の基本情報(アクセス・駐車場など)

宝生山 辯天寺(べんてんじ)

・住所:愛知県名古屋市港区多加良浦町4-278-1
・電話:052-381-2306

・アクセス:弁天裏バス停(市バス)から徒歩5分

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

名古屋駅から向かう場合は、地下鉄東山線で高畑駅へ。4番のりばから出ている”幹高畑1or高畑12系統”のバスに乗ればOKかと

・駐車場:あり(無料・約10台)

辯天寺(名古屋市港区)駐車場

お寺の向かい2か所に参拝者駐車場がありました。


コンパクトでお参りしやすいお寺でした。また来よう。

善光寺(名古屋市港区)の御朱印と本堂

臨江山善光寺(築地口バス停近く)で授かった御朱印

弁天寺のあとは、名古屋三弘法第三番の名港善光寺へ。市バス[名港13系統]で1本です。お参りしたときのことは、以下の記事にまとめてあります。


そのほか辯天寺の近くで御朱印を頂けた神社仏閣


宝珠院(名古屋市中川区)の御朱印

如意山宝珠院(中川区)で授かった御朱印

※神社やお寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

【参考】なごや七福神めぐり


なごや七福神めぐりの御朱印全種類

なごや七福神めぐり7霊場で拝受した御朱印たち

※お寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

【再掲】名古屋三弘法


名古屋三弘法御朱印(如意山宝珠院・多加良浦辯天寺・築港善光寺)

名古屋三弘法(宝珠院・辨天寺・善光寺)の御朱印

  1. 如意山 常楽寺 宝珠院(中川区中郷)
  2. 竹生島 宝生山 辯天寺(港区多加良浦)
  3. 臨江山 善光寺(港区港陽)

※お寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

まとめ記事(マップ付き)へのリンクも、もう一度以下に載せておきますね