御井神社(岐阜県各務原市)の御朱印

御井神社(岐阜県各務原市)で御朱印を授かりました。各務原市金幣社五社巡りのうちの1つです。

御井神社(岐阜県各務原市)神橋(ねがい橋)
鳥居と神橋。”ねがい橋”とあります

御井神社(みいじんじゃ)

  • 御祭神:御井大神、木俣大神
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

御井大神は大国主大神の第一御子です

  • ご利益:縁結び、子授け、安産、子育て、木の神、水神
  • 社格など:延喜式内社金幣社、神階正一位、郷社
  • 霊場札所など:各務原市金幣社五社巡り
  • 例祭日:10月第2日曜日

伊奈波神社に掲示の「タクシーで御朱印めぐり」のポスターに、御井神社が載っていたのが参拝のきっかけ。三井山みいやま(標高108.8m)山頂の奥之宮にもお参りしましたよ。

御井神社(岐阜県各務原市)神橋(かない橋)
橋を渡って振り返ると今度は”かない橋”の文字が。往復すると願いが叶うってコトかな

この記事には、

  • 御井神社の御朱印
  • 御朱印の頂き方(場所など)
  • 境内の様子や見どころ

といった情報をまとめておきますね。まずは御井神社で授かった御朱印から紹介します。


御井神社(各務原市)の御朱印

御井神社(岐阜県各務原市)の御朱印

中央の印影(=朱印を押した跡)は”式内御井神社”でよろしいかと

御井神社の御朱印です。中央上の墨書きに“式内金幣”の文字が。歴史の深い神社であることが御朱印からも窺えます。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

中央上の印影は神紋「勾玉巴」。陰陽道を彷彿とさせますが、同様の神紋だった漆部神社ぬりべじんじゃ(愛知県あま市)の神職さんに伺ったところ、別物だそうです

※御朱印の見方の基本を、以下の記事で図入りで解説しています


御井神社の由緒(歴史)


御井神社旧址(各務原市三井山内)

御井神社旧址(三井山)

  • 創建当初は三井山の斜面中腹に鎮座していた
  • 仲哀天皇9年(201年):天皇から社領寄進。豪華な社殿が建立されたと伝わる
  • 延喜5年(905年):式内郷社に列す
  • 天文元年(1532年):領主・土岐弥一郎が三井城を築くにあたり現在地に社殿を遷宮

御井神社(岐阜県各務原市)奥之宮(三井山山頂)

御井神社奥之宮(三井山山頂)。麓の三井山公園から徒歩12分で登りました

  • 三井城落城後、奥宮を山頂に創建(1548年頃か)
  • 元文3年(1738年):桜町天皇より神階正一位の神領神鏡を賜る
  • 明治6年(1873年):明治維新新政府太政官布告により、郷社に列す

※現地掲示、岐阜縣神社名鑑(岐阜県神社庁,2017)をもとに作成

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

三井城は尾張国の織田信秀(織田信長の父)が攻め込んできた際に落城したそう。大須万松寺(名古屋市中区)に信秀の異名「尾張の虎」のカッコイイ御朱印帳がありますよ



【補足1】月替わり御朱印も


御井神社の公式Twitterからです

御井神社では月替わり御朱印の頒布が開始されたようです。
御朱印のデザインが変わると、毎月お参りしたくなりますね。

なお最新のデザインについては、御井神社の公式Twitterアカウントで確認するのが間違いないかと。
僕も次回お参りする際は、チェックしてから足を運ぶつもりです。

>>御井神社|Twitter

【補足2】御井神社で頂いた御朱印は書き置きタイプ

御井神社(岐阜県各務原市)の御朱印(書き置き御朱印専用ホルダー)

今回、御井神社で頂いた御朱印は書き置きタイプ(紙でもらうタイプ)。ということで、上の専用ホルダーに挟んで大切に保管しております。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

ハサミやのりを使わないので、御朱印も手も汚さずにキレイに挟めます。詳しくは以下の記事をどうぞ


通販サイト(楽天・Amazon・ヤフー)へのリンクも以下に載せておきますね。最近は人気なのか売り切れていることも多いです。僕も早めに次を購入しておかないと!

引き続き、御井神社での御朱印のもらい方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきます。

御井神社(各務原市)での御朱印の頂き方

御井神社(岐阜県各務原市)拝殿
拝殿。銅板葺屋根の神明造です

御井神社の御朱印情報

  • 拝受場所:社務所前
  • 御朱印代(初穂料/価格):300円
    ※月替わり御朱印は400円
  • 【参考】僕がお参りした時間:平日13時ごろ

1つずつ簡単に補足しますね。

拝受場所:社務所前

御井神社(岐阜県各務原市)社務所と神馬

社務所。拝殿右にあります。神馬の姿も

御井神社の御朱印は、社務所前の木箱から頂きました。僕がお参りした日は神職さんがご不在だったんです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

初穂料はどこに納めたかというと…


初穂料(金額):300円

300円(100円玉3枚)

僕が納めた御朱印料(値段)は300円
月替わり御朱印の初穂料は400円とのことです(参考:御井神社公式Twitter)。

“不在時は初穂料を賽銭箱にお願いします”といった旨の記載があったので、拝殿に引き返してお代を納めましたよ。

御井神社(岐阜県各務原市)近くの自動販売機(三井町公民館前)

公民館前の自販機(写真右)。奥に神社が見えています

なお、お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、三井町公民館の前に自動販売機がありました。ありがたい。

【参考】僕がお参りした時間:平日13時ごろ

御井神社(岐阜県各務原市)手水舎

手水舎

神社に着いたのは平日の昼13時ごろ。拝殿でお参りしたのち社務所に伺うと、木箱に御朱印が入っていたので、ありがたく拝受した次第です。

御井神社(岐阜県各務原市)狛犬

狛犬。子取り(左)と玉取り(右)でした

その後はのんびりと境内を散策したのち、三井山の摂社(池之宮)&奥之宮へ。本社での参拝所要時間は約20分といったところですね。ご参考までに。

さて、宿泊施設の広告を挟んで、ココまでに載せきれなかった御井神社の境内風景(フォトギャラリー)をお届けします。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

広告は、僕が岐阜駅前で泊まった「ダイワロイネットホテル岐阜」。駅近&お値打ちで快適な夜を過ごせましたよ

御井神社(各務原市)の境内風景【フォトギャラリー】

御井神社(岐阜県各務原市)参道社号標

参道の社号標(標柱)にも”式内金幣”の文字が

御井神社の境内風景

  1. 境内の様子(神水の泉など・写真3枚)
  2. 三井山の様子(池之宮など・写真5枚)

この2部作でいきますね。

境内の様子(神水の泉など)【3枚】

御井神社(岐阜県各務原市)本殿

1枚目は本殿。現地の掲示によると御井大神・木俣大神のほかに、以下の二柱も祀られているようでした。

神社名御祭神ご利益
田の中神社国常立神心願成就
津島神社素戔嗚神開運・厄除・無病長寿

御井神社(岐阜県各務原市)境内社(神明社・御鍬神社・秋葉神社・住吉神社)

続いて境内摂社。本殿左に鎮座しています。御祭神などは以下のとおりです。

神社名御祭神ご利益
住吉神社筒男命三神旅路安泰、和歌の神
秋葉神社火之迦具土神火伏せの神
御鍬神社保食神農耕・産業の神
神明神社天照大御神国守り、里守り、家守り

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

写真右の社殿に住吉・秋葉・御鍬の3社が。左の小さな社殿に神明神社が祀られています


御井神社(岐阜県各務原市)神水の泉

3枚目は神水しんすいの泉”。神社の深い崇敬の歴史的根源の象徴として保存管理されているそうです。ステキ。

引き続き、三井山の様子をお届け。神社から歩いて10分、車なら4分での到着です。

三井山の様子(池之宮など)【5枚】

御井神社(岐阜県各務原市)摂社池之宮(三井池龍神・三井山公園)

まずは三井山麓の摂社・池之宮のぼりに三井池龍神とありますね。毎年4月に鎭花祭・酒占神事が執り行われるそうです。

御井神社(岐阜県各務原市)摂社池之宮(河童洞)

池のほとりには河童洞が。こちらにもお参り。

御井神社(岐阜県各務原市)摂社池之宮(河童)

河童もいました。カワイイ。余談ですが、御井神社から車で20分ほどの岐阜護國神社(岐阜市御手洗)では“河童大明神”の御朱印を頂きましたよ。

三井山古墳(岐阜県各務原市)

4枚目。登山道の途中にあった三井山古墳です。墳丘は直径10mほどで、中央部に横穴式石室が残っているとのことでした。

三井山(岐阜県各務原市)からの眺め

ラストは三井山からの眺め。若干のマチュピチュ感がある、お気に入りの1枚。写真左端に138タワー(ツインアーチ138)がうっすら見えています。

旅行関連の広告を再度挟んだのち、御井神社の基本情報(アクセス・駐車場など)を載せて記事を締めますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

広告はバスツアーでお馴染みのクラブツーリズム。「御朱印」で検索したところ、記事執筆時点で299件のツアーが該当しました。充実してるなぁ!


御井神社(各務原市)の基本情報(アクセス・駐車場など)

御井神社(みいじんじゃ)

・住所:岐阜県各務原市三井町5-9
・電話:058-383-8397

・アクセス:那加駅(JR高山本線)から徒歩17分
※新那加駅(名鉄各務原線)からも同じ時間で着きます

・駐車場:あり(無料)

御井神社(岐阜県各務原市)参拝者専用駐車場

現地の掲示によると、参拝者は三井町公民館(写真左端の建物)の駐車場にも駐車可能なようです。


落ち着いた雰囲気の中でステキなお参りができました。ご縁があれば、御朱印帳にも記帳してもらいたいなぁ。

手力雄神社(岐阜県各務原市)の御朱印と御朱印帳

手力雄神社(各務原市那加手力町)の御朱印と御朱印帳

御井神社の近くで御朱印を頂けたのは手力雄神社(てぢからおおじんじゃ)。歩いて35分、車なら6分での到着です。

本殿の龍一対&織田信長が描かれた、木製のかっこいい御朱印帳も拝受しましたよ。詳しくは以下の記事にまとめてあります。


各務原市 金幣社 五社巡り


加佐美神社(岐阜県各務原市)の御朱印

加佐美神社(各務原市蘇原古市場町)の御朱印

  • [蘇原]加佐美神社(蘇原古市場町・市内最大の本殿を構えた延喜式内社)
  • [各務]村国神社(各務おがせ町・境内には歌舞伎が行われる”村国座”も)
  • [鵜沼]村国真墨田神社(鵜沼山崎町・鵜沼駅から徒歩5分とアクセス良好)
  • [稲羽]御井神社(三井町・三井山山頂の奥之宮にも参拝しました。イイ眺め)
  • [那加]手力雄神社(那加手力町・織田信長が岐阜城攻略の折りに戦勝祈願した神社)

※神社の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

初詣の時期には”新春スタンプラリー”も開催されるようです。手元のチラシを見る限り、先着500名に開運記念品(開運招福御守)が授与される模様


そのほか御井神社の周辺で御朱印を頂けた神社仏閣


溝旗神社の御朱印と御朱印帳(肇國神社の飛行機御朱印も)

溝旗神社(岐阜市溝旗町)の御朱印と御朱印帳

  • 手力雄神社(車で8分・こちらは岐阜市蔵前に鎮座。大迫力の火祭りで有名)
  • 岩戸弘法弘峰寺(車で19分・本堂が洞窟にすっぽり!金の御朱印も拝受しました)
  • 溝旗神社(車で20分・満月限定御朱印や飛行機御朱印も授かりました)
  • 加納天満宮(JRで2駅・岐阜駅から徒歩5分。すぐ近くの東光山玉性院でも御朱印を頂けます)


岐阜県の御朱印一覧

>>TOPページへ