東宿明神社(名古屋市中村区)

東宿明神社(名古屋市中村区)にお参りしました。中村公園付近で御朱印巡りをしたのち、付近を散策しているときに見つけたんです。

東宿明神社(名古屋市中村区)鳥居

こちらが鳥居。後ろに見えている社殿が、遠目に見ても格好良かった。吸い寄せられるように、神社へと歩(ほ)を進めていました…。

東宿明神社(名古屋市中村区)車止めと蕃塀

このアングルもイイ感じ。車止め&蕃塀(ばんぺい)によって、神様がしっかりと守られているのが分かります。この記事には、

  • 東宿明神社の境内の様子
  • 御祭神&ご利益&由緒
  • 基本情報(アクセスなど)

といった情報をまとめておきますね。


東宿明神社の御祭神とご利益

東宿明神社(名古屋市中村区)拝殿

舞殿形式の拝殿。一段高いところに建っているのがカッコイイ

■ 東宿明神社の御祭神とご利益

  • 御祭神:日本武尊(やまとたけるのみこと)
  • ご利益:厄除開運・立身出世・必勝祈願など

東宿明神社の御祭神は日本武尊(ヤマトタケル)

鎌倉時代の貞応年間(1222-23)ごろ、地域の産土神として熱田神宮摂社から奉斎したようです。

ぼく(なごやっくす)
境内の由緒書きと、書籍・愛知縣神社名鑑(愛知県神社庁,1992)を参考にしております
スポンサーリンク

東宿明神社の由緒【鎌倉街道の宿場として栄える】

東宿明神社(名古屋市中村区)拝殿と幣殿

拝殿を横から。奥の一段高い所に幣殿が見えます

■ 東宿明神社の由緒(歴史)

  • 貞応年間(1222-23)ごろ、熱田神宮摂社日本武尊を鎮守産土神として奉斎
  • 当時この地は萱津かやづ東宿ひがしじゅくと言われ、鎌倉街道(小栗街道)の宿場として栄えていた
  • 仁治3年(1242年)ごろ成立の紀行文東関紀行とうかんきこうに、宿場の賑わいを示す一節も
  • 神社の町名「東宿」はこの歴史が由来になっている

鎌倉時代中期、この辺りは“萱津の東宿”と言われていました。

京都から美濃を経て鎌倉へと向かう「鎌倉街道(小栗街道)」の交通の要衝&宿場として栄えていたそうです。

ぼく(なごやっくす)
鎌倉街道は美濃から庄内川を渡ったのち(萱津の渡し)、東宿~露橋~古渡~熱田~二村山(豊明市)と続いた模様

東宿明神社(名古屋市中村区)本殿

本殿はさらに高い所に。社殿そのものに加え、高さのグラデーションもまた美しい

また盛んに市(いち)も立っており、当時の紀行文「東関紀行」には以下の記載も。

“萱津の東宿の前を過ぐれば、そこらの人集まりて、里も響くばかりに罵りあへり。今日は、市の日になむとぞいふなる”

超訳すると「東宿を歩いていたら、何やら賑やかになってきた。耳を傾けてみると、どうやら今日は市が立つようだ」といった感じですね。

東宿明神社(名古屋市中村区)拝殿から本殿・幣殿を望む

拝殿から本殿を臨みます。今の社殿は大正13年10月から昭和2年10月まで3年を費やして造営されたとのことです

広告を挟んだのち、ココまでに載せきれなかった東宿明神社の境内風景をお届けして記事を締めていきます。

掲載広告は、競輪情報&投票サイトの「オッズパーク」。神社近くの名古屋競輪場つながりです。

ぼく(なごやっくす)
以前、名古屋競輪で丸一日遊んだことがあります。トータル500円の勝ち。その後焼肉に行き、一皿目で赤字になった模様
スポンサーリンク

【写真4枚】東宿明神社の境内風景【フォトギャラリー】

東宿明神社(名古屋市中村区)手水舎

1枚目は手水舎。社殿の美しさとは裏腹に、水は張られていませんでした。ちょっと意外。

東宿明神社(名古屋市中村区)狛犬

2枚目は狛犬花を咥えているキザな狛犬です。拝殿と幣殿のあいだにいましたよ。

東宿明神社(名古屋市中村区)社務所

3枚目は社務所。社殿とは雰囲気がガラッと変わります。

東宿明神社(名古屋市中村区)境内社(秋葉神社・津島神社)

最後は境内社。左が秋葉神社、右が津島神社です。

ぼく(なごやっくす)
参拝所要時間はのんびり見て回って15分程度でしたね。とにかく社殿を生で見て欲しいなぁ!

■ 東宿明神社のおもなお祭りなど

東宿明神社(名古屋市中村区)拝殿扁額

拝殿扁額

  • 1月1日:元旦祭
  • 1月3日:歳旦祭
  • 2月:祈年祭
  • 4月1日:新入学児童祈願祭

豊国神社(名古屋市中村区)の御朱印

豊国神社で授かった御朱印の一部

  • 5月:豊国神社大祭(協賛)
  • 7月:天王祭
  • 7月下旬:什物虫干
  • 10月12日ごろ:秋大祭
    (前日には前夜祭も)
  • 11月:新嘗祭
  • 12月:秋葉社祭
  • 12月30日:大祓正月飾付
  • 12月31日:大晦日年越参り
  • 毎月1日15日:月次祭

※境内掲示をもとに作成

スポンサーリンク

東宿明神社の基本情報(アクセス・駐車場など)

■ 東宿明神社

・住所:愛知県名古屋市中村区東宿町1-57
・社格など:十二等級、旧指定村社

・アクセス:中村公園駅(地下鉄東山線)3番出口から徒歩12分

・駐車場:なし

東宿明神社(名古屋市中村区)近くの駐車場(コインパーキング・Dパーキング東宿町2丁目第3)

300円前払い式のコインパーキング(上の写真・Dパーキング東宿町2丁目第3)が近くにありました。

ぼく(なごやっくす)
とはいえ、中村公園付近に停めたうえで、豊国神社常泉寺妙行寺などと合わせてお参りするのが現実的かと


近くにお出かけの際は、ぜひ立ち寄って欲しい神社です。オススメです。

太閤山常泉寺(名古屋市中村区)の限定御朱印(御主題)

太閤山常泉寺で授かった御朱印(御主題)

今触れたとおり、東宿明神社周辺には御朱印を頂ける寺社が3つ集まっています。下の神社仏閣名をタップすると、関連記事に飛べますよ。

■ 東宿明神社周辺で御朱印めぐり

正悦山妙行寺(清正公堂・名古屋市中村区)の御朱印と御主題

正悦山妙行寺で授かった御朱印と御主題

ぼく(なごやっくす)
まとめ記事もご用意しています(マップ付き)。以下からどうぞ!

【中村公園で御朱印巡り】神社とお寺を3つ紹介するよ【マップ付き】

■ そのほか東宿明神社の近くで御朱印を頂けた寺社史跡

甚目寺観音(愛知県あま市)の御朱印2種類

甚目寺観音で授かった御朱印

  • 宝珠院(地下鉄で3駅・なごや七福神めぐりなど4種類の御朱印を授かれます)
  • 白龍神社(地下鉄で4駅・名古屋駅から徒歩圏内の貴重な御朱印神社)
  • 甚目寺観音(車で12分・尾張四観音の一つ。境内でスタンプラリーも)
    ※隣接の大徳院漆部神社でも御朱印を頂けます
  • 榎白山神社(車で12分・桶狭間の戦いで織田信長が戦勝祈願した神社)

※寺社や史跡の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます