田縣神社(愛知県小牧市)の御朱印と御朱印帳

この日は瑞泉寺(犬山市)に関する資料を返却しに、犬山市立図書館へ。その道中に立ち寄ったのが今回紹介する田縣神社たがたじんじゃ(小牧市)です。

田縣神社(愛知県小牧市)夏祭り(屋台と盆踊りの櫓)

奇しくもお参り当日は、田県夏祭りの開催日。屋台や盆踊りのやぐらが設置されており、到着した瞬間から気分がアガります。

そして田縣神社といえば、大男茎形おおおわせがたを神輿に納めて担ぐ「豊年祭」で有名。お祭りの様子が収められた貴重なYouTube動画をシェアさせていただきます。

お祭り当日は国内のみならず、世界各国から参拝者が訪れるそうです

大男茎形は拝殿&奥宮に祀られていましたので、しかと目に焼き付けて&写真に収めてきましたよ。この記事には、

  • 田縣神社の御朱印と御朱印帳
  • 御朱印のもらい方(時間など)
  • 境内の様子(見どころ)

といった情報をまとめておきますね。まずは田縣神社で授かった御朱印から紹介します。


田縣神社の御朱印がこちらです

田縣神社(愛知県小牧市)の御朱印

田縣神社で授かった御朱印です。神社名の墨書きが入らないシンプルなスタイル。御朱印の見方の基本は以下の記事で図入りで解説しています。

田縣神社(愛知県小牧市)の御朱印

豊年祭の印影もバッチリ。金色(ゴールド)なのは流石というよりほかありません。

田縣神社(愛知県小牧市)大男茎形

用材は木曽檜(木曽ヒノキ)。毎年新しく作成されるとのことです

こちらは拝殿に祀られていた大男茎形(おおおわせがた)。境内の立札や神社の公式サイトによると、大男茎形のおおよそのスペックは以下のとおり。

  • 直径60センチ
  • 長さ2.5メートル
  • 重さ280キログラム

豊年祭の神輿行列は小牧市の無形民俗文化財に指定されているそうですよ。以下に田縣神社のおもなお祭りもまとめておきますね。

■ 田縣神社のおもなお祭りなど

田縣神社(愛知県小牧市)参拝の栞

  • 1月1日:歳旦祭
  • 1月14日:左義長神事(おたきあげ)
  • 2月11日:紀元祭
  • 3月3日:斧入祭おのいれさい
  • 3月15日:豊年祭ほうねんまつり(例祭)
  • 5月第2日曜日(母の日・午前中):人形祭
  • 6月30日16時:夏越の大祓(人形ひとがた)
  • 7月25日26日:夏祭

田県夏祭り(田縣神社)

  • 9月15日:敬老祭
  • 10月第2日曜日:秋祭り
  • 11月3日:明治祭
  • 11月23日:新嘗祭
  • 12月23日:天長祭
  • 12月31日:除夜祭・年越の大祓(人形・16時~)
  • 毎月1日15日:月次祭

※参拝の栞、公式サイト、愛知縣神社名鑑(愛知県神社庁,1992)をもとに作成

スポンサーリンク

田縣神社では御朱印帳も授かりました

田縣神社(愛知県小牧市)の御朱印帳

田縣神社の御朱印帳。ゴムバンド付きを授かったのですが、探しても見当たらない…

■ 御朱印帳の初穂料(値段)

  • ゴムバンドあり:1500円
  • ゴムバンドなし:1200円

田縣神社では上の御朱印帳も授かりました。大男茎形があしらわれたインパクト抜群のデザイン。紺色(ネイビー)もありました

※御朱印帳の値段についての特集記事をご用意しています

上野天満宮(名古屋市千種区)の御朱印帳

上野天満宮(名古屋市千種区)で授かったゴムバンド付きの御朱印帳

ゴムバンドは上野天満宮で授かったモノと同じデザインでしたよ(色は2種類)。梅結びが可愛いんです。

ぼく(なごやっくす)
なお田縣神社には、汎用性の高そうな“さくら”と”あじさい”の御朱印帳もありました(初穂料1200円)。配慮がありがたいですね

■ 御朱印帳袋の取り扱いもありました

田縣神社(愛知県小牧市)の藤棚

田縣神社の藤棚

田縣神社には御朱印帳袋もありました。初穂料(価格)は以下のとおり。

  • ポーチ型:2000円
  • 巾着型:1500円

どんな御朱印帳にも合いそうな和柄のデザインだったと記憶しています。

スポンサーリンク

【補足】田縣神社の御朱印帳は”小さいサイズ”でした

田縣神社(愛知県小牧市)の御朱印帳

田縣神社の御朱印帳は小さいサイズ。御朱印帳のサイズ(大きさ)については以下の記事で特集していますよ。

田縣神社(小牧市)と桃太郎神社(犬山市)の御朱印帳(サイズ・大きさ比較)

大きさのイメージが掴めるように、大きいサイズの御朱印帳と並べてみたのが上の写真。大きいほうは犬山桃太郎神社の御朱印帳です。

ぼく(なごやっくす)
表紙にあるのは”桃型鳥居”。こちらもユニークな神社でした。お参りしたときの様子は以下の記事にまとめてあります

引き続き、田縣神社での御朱印の授かり方(場所や時間など)について説明しますね。

スポンサーリンク

田縣神社での御朱印のもらい方を説明するよ

田縣神社(愛知県小牧市)の標柱と鳥居

この章には、田縣神社での御朱印の授かり方(僕が御朱印を授かったときのこと)を書き留めておきます。

  • 御朱印の受付場所
  • 御朱印代(初穂料/料金)
  • 御朱印の受付時間

この3つを順番にいきますね。

御朱印の受付場所:授与所

田縣神社(愛知県小牧市)の御朱印受付場所(授与所・鳥居越し)

田縣神社の鳥居。真正面に授与所(社務所)が見えています

田縣神社の御朱印は鳥居正面の授与所で授かりました。御神札・お守り(子宝など)・絵馬・おみくじの取り扱いもありましたし、祈祷の受付も同じ場所でよろしいかと。

田縣神社(愛知県小牧市)拝殿(社殿)

拝殿はこんな感じ。夏越の大祓や夏祭りに合わせて茅の輪が設置されておりました。そして、田縣神社の御祭神は以下の二柱(神様は”柱”で数えます)。

  • 御歳神(みとしのかみ)
    五穀豊穣の守護神
  • 玉姫命(たまひめのみこと)
    子宝・安産の守護神

現代語古事記(竹田恒泰著,学研パブリッシング)

書籍「現代語古事記」によると、御歳神は大年神おおとしのかみ香用比売かよひめのあいだに生まれた五穀豊穣の守護神(スサノオの孫にあたります)。

いっぽう玉姫命は、大荒田命おおあらたのみこと(犬山大縣神社の御祭神とも)の娘&建稲種命たけいなだねのみことの妃で、二男四女の子宝に恵まれた子孫繁栄の守護神とのことです(参考:神社公式サイトなど)。

ぼく(なごやっくす)
建稲種命は、ヤマトタケルの妃・美夜津比売みやずひめのお兄さん。田縣神社のご利益も以下にまとめておきますね

■ 田縣神社のご利益(御神徳)

田縣神社(愛知県小牧市)の絵馬

  • 子授け・子孫繁栄
  • 恋愛・夫婦円満
  • 縁結び
  • 厄除開運
  • 諸病平癒
  • 商売繁昌

参考:田縣神社公式サイト、愛知縣神社名鑑

御朱印の初穂料(金額)について

田縣神社(愛知県小牧市)の狛犬

田縣神社の狛犬

御朱印の初穂料(金額)は300円を納めました。初穂料の言葉の由来は以下の記事で説明しています。

お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、最寄り駅・田県神社前駅前に自動販売機が並んでいましたし…

田縣神社(愛知県小牧市)駐車場の自動販売機とトイレ

神社の駐車場にも自販機がありました。トイレも完備されており、参拝者に優しい神社だという印象を受けましたね。

スポンサーリンク

御朱印の受付時間について

田縣神社(愛知県小牧市)手水舎

田縣神社の手水舎

田縣神社で頂いた参拝の栞には、授与所に関する以下の記載がありました。

神主巫女が常駐し、午前九時から午後五時まで御神札や珍しい御守り等を授与いたしております。

ということで、御朱印もコレに倣って午前9時から午後5時のあいだにお参りすれば、気持ちよく授かれるのではないでしょうか。

ぼく(なごやっくす)
参考までに僕がお参りしたのは平日の16時ごろ。巫女さんに丁寧に対応していただきました。感謝です

田縣神社(愛知県小牧市)奥宮

田縣神社奥宮前の鳥居

最後に、奥宮やさらにその奥の珍宝窟など、田縣神社の境内の様子(見どころ)を紹介して記事を締めますね。

スポンサーリンク

【珍宝窟など】田縣神社の境内の様子をお届けっ

田縣神社(愛知県小牧市)奥宮社殿

こちらが奥宮の社殿。立派です。奉納された大小さまざまな男茎形(男性のシンボル)が納められておりました。

田縣神社(愛知県小牧市)奥宮社殿内部(男茎形)

さらに奥へと歩を進めると…

田縣神社(愛知県小牧市)珍宝窟

玉のあいだにも何か見えますね

珍宝窟に辿り着きました。現地の石碑によると、玉をさすることで以下のご利益を授かれるようです。

  • 右の玉:家内安全・商売繁昌・金運
  • 左の玉:恋愛成就・子宝・安産・夫婦和合

ありがたく両方の玉をナデナデさせてもらいましたよ。鈴が仕掛けられているのか、賽銭を入れると「チン」という音が奥宮に響きました。

田縣神社(愛知県小牧市)奥宮の男茎形

奥宮にはほかにも多くの石像が奉納されておりました。見どころに困らないとも言えますし、目のやり場に困るとも言えます。なんだか訳が分からなくなってきました(笑)

ぼく(なごやっくす)
とはいえ、田縣神社は延喜式神名帳にも名前が見える、古くから格式の高い神社。以下に神社の由緒を僕なりにまとめたモノを載せておきます

【超要約版】田縣神社の由緒(歴史)

田縣神社(愛知県小牧市)拝殿扁額

  • 創建は弥生時代まで遡るとされる
  • 鎮座しているのは俗称「あがたの森」
    (小牧長久手の戦いで豊臣秀吉が前線の砦を築いた久保山の近く)
  • 「延喜式神名帳」に”丹羽郡田縣神社”とあり(式内社)
  • 「尾張本国帳」「尾張国内神名帳」に”丹羽郡従三位田方天神”とあり
  • 明治5年5月:郷社に列格

※参拝の栞、境内立札、愛知縣神社名鑑をもとに作成

※式内社については以下の記事で簡単な説明を行なっています

田縣神社の見どころ(本殿・鈴・休憩所・さざれ石)

おまけ!記事に載せ切れなかった境内の様子をまとめてお届け。それぞれ以下のとおりです。

  • [左上]本殿
    愛知縣神社名鑑によると流造で広さは三坪。千木は外削ぎでした
  • [右上]鈴(奥宮)
    男茎形おわせがたをしていました。抜かりない
  • [左下]参拝者休憩所
    豊年祭の写真展示場でもあります。お祭りの様子が分かってありがたいです
  • [右下]さざれ石
    国歌君が代に登場する石。僕が出会った”さざれ石”を以下の記事にまとめています
スポンサーリンク

田縣神社の基本情報(アクセス含む)など

■ 田縣神社(たがたじんじゃ)

・住所:愛知県小牧市田県町152
・電話:0568-76-2906
・公式サイト:田縣神社

・旧社格など:旧郷社、四等級
・神紋:五七桐紋
・アクセス:田県神社前駅(名鉄小牧線)から徒歩5分

ぼく(なごやっくす)
名古屋駅から向かう場合は名鉄犬山線で犬山駅まで行き、ソコで名鉄小牧線に乗り換えるのがオススメかと

・駐車場:あり(無料)

田縣神社(愛知県小牧市)駐車場

50台ほど停められそう。ただし豊年祭当日の一般車両駐車はできないとのことです。


授与所に神主さん巫女さんが常駐しているのはありがたいですね。御朱印巡りをされている方も安心してお参りできるのでは。

ぼく(なごやっくす)
境内が美しく掃き清められていたことも付け加えておきます。僕にとってのパワースポットの1つになりました

久保一色神明社(愛知県小牧市)の拝殿(社殿)

田縣神社のあとは豊年祭の神輿のスタート地点・久保一色神明社にお参りしました。どうやら久保一色神明社と熊野神社が交互に御旅所になるようです。

犬山成田山(成田山大聖寺)の御朱印(本尊不動明王)

また田縣神社から比較的近いところで御朱印を授かれたのは、名鉄で3駅の犬山成田山。犬山は御朱印巡りをするのにもオススメの地です。

【参考】そのほか田縣神社の近くで御朱印を頂けた神社仏閣など

国宝犬山城の御朱印(御城印)

  • 犬山城(名鉄で3駅・令和元年から御城印の頒布がスタート)
  • 三光稲荷神社(名鉄で3駅・ハートの絵馬で有名。犬山城の麓です)
  • 羊神社(車で22分・境内に至るところにヒツジがいました)
  • 別小江神社(車で25分・カラフルな御朱印を授かりました。テレビでもよく特集されています)

※寺社や史跡の名前をタップするとサイト内の御朱印記事に飛びます