伊勢神宮外宮(豊受大神宮)の御朱印と御朱印帳

伊勢神宮 外宮げくう(三重県伊勢市)で御朱印と御朱印帳を拝受しました。御祭神は豊受大御神。内宮の御祭神・天照大御神の食事を司る神様です。

表参道火除橋(伊勢神宮外宮)

表参道火除橋。外宮は左側通行、内宮は右側通行です

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮とようけだいじんぐう)

  • 御祭神:豊受大御神とようけのおおみかみ
  • 鎮座:雄略天皇22年
  • ご利益:衣食住、産業の守り神
  • 社格など:延喜式内社、二十二社(上七社)
  • 霊場札所など:神仏霊場巡拝の道(特別巡拝)

お伊勢参りは、外宮→内宮の順番でお参りするのが昔からのならわし。外宮の前には二見興玉神社にも参拝し(浜参宮)、充実した一日となりました。この記事には…

  • 伊勢神宮 外宮の御朱印と御朱印帳
  • 御朱印の頂き方(場所や時間など/地図付)
  • 境内の様子や見どころ

といった情報をまとめておきますね。まずは外宮で授かった御朱印から紹介します。

伊勢神宮 外宮正宮

正宮。手前に見えるのは蕃塀(ばんぺい)です


伊勢神宮 外宮の御朱印

伊勢神宮外宮(豊受大神宮)の御朱印

外宮で授かった御朱印です。伊勢神宮の御朱印は「参拝日+朱印」というシンプルな構図。スッキリしていて美しい…。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

印影(=朱印を押した跡)の文字は“外宮之印”でよろしいかと

※御朱印の見方の基本を、以下の記事で図入りで解説しています


伊勢神宮 外宮の御朱印帳

伊勢神宮の御朱印帳(シンプル・外宮)

外宮では御朱印帳も授かりました。紫色をベースに、花菱紋があしらわれた落ち着きのあるデザイン。初穂料(金額)は1000円です。

伊勢神宮 外宮の御朱印帳(由緒書き)

最初の3ページに、神宮の由緒がびっしり書かれているのが嬉しかったですね。なお、大きさは小さいサイズ。紙質も良好です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

外宮で頂ける御朱印帳は、こちらの1種類のみ。販売場所は御朱印受付と同じです。ということで次の章に、外宮での御朱印のもらい方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきます

※伊勢神宮の御朱印帳に関する特集記事(種類・サイズ・販売場所など)を、以下にご用意しています


伊勢神宮 外宮での御朱印の頂き方

伊勢神宮 外宮 古殿地

古殿地(こでんち)。前回の遷宮まで御殿が立っていた場所です

伊勢神宮 外宮の御朱印情報

  • 受付場所:神楽殿授与所
  • 御朱印代(初穂料/価格):300円
  • 受付時間:午前6時から参拝停止まで

1つずつ簡単に補足しますね。

※御朱印デビューを考えている方に向けての特集記事を、以下にご用意しています

受付場所:神楽殿授与所【地図付き】

伊勢神宮(外宮)神楽殿(御朱印受付場所)

神楽殿授与所。お札やお守りも同じ場所。伊勢神宮におみくじはありません

外宮の御朱印は神楽殿授与所で頂きました。僕が伺った際は、3人体制で御朱印の対応をされていましたよ。

伊勢神宮 外宮の神楽殿授与所(御朱印受付場所・御朱印帳販売場所)

神楽殿授与所の簡易マップ(地図)

授与所は、正宮への行き帰りの途中に自然に通ります。方向音痴の僕でも問題なく辿り着けました。

初穂料(値段):300円

300円(100円玉3枚)

御朱印料(料金)は300円

お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、伊勢市駅と外宮を結ぶ参道で、軽く買い物を楽しむのもよろしいかと。

プリンソフト(山村みるくがっこう)

上の写真は、参道の「山村みるくがっこう」で頂いたプリンソフト(330円)。メチャメチャ可愛くないですか??

受付時間:午前6時から参拝停止まで

清盛楠(伊勢神宮 外宮)

清盛楠。平清盛が枝を切らせたという伝承があります

伊勢神宮公式サイトの、よくある質問のページに以下の記載があります。

お神札、お守り、御朱印をいただくことができる時間を教えてください。
6時から参拝停止時間まで両宮神楽殿・別宮宿衛屋にて授与しております。(後略)

出典:よくあるご質問|伊勢神宮

ということで、御朱印を受けたい場合は、午前6時以降にお参りするのがよろしいかと(参拝は午前5時から可能)。月ごとの参拝停止時間は以下になります。

月(暦)参拝停止時間
10月・11月・12月午後5時
1月・2月・3月・4月・9月午後6時
5月・6月・7月・8月午後7時

参考:ご参拝・ご祈祷|伊勢神宮

【参考】僕がお参りした時間など


せんぐう館・まがたま池(伊勢神宮 外宮)

せんぐう館(写真左)と”まがたま池”

神社に到着したのは平日の午前11時ごろ

公式サイト掲載のモデルコース(60分)に従って、正宮や別宮にお参りしたのち授与所に伺い、御朱印を拝受した次第です。

別宮多賀宮(伊勢神宮 外宮)

別宮・多賀宮(たかのみや)。豊受大御神の荒御魂(あらみたま)を祀ります

御朱印に関しては待ち時間もなく、大変スムーズに受けることができました。参拝所要時間はおよそ1時間強といった所ですね。ご参考までに。

三ツ石(伊勢神宮 外宮)

三ツ石。御装束神宝や川原大祓が行われる場所です

さて、宿泊施設の広告を挟んだのち、外宮のアクセス・駐車場情報を載せて記事を締めます。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

広告は、僕が今回宿泊した「伊勢シティホテル」。伊勢市駅から徒歩3分。安さと口コミ評価のバランスで選びました。ぐっすり眠れて満足しております!

伊勢神宮 外宮のアクセス・駐車場など

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)

  • 住所:三重県伊勢市豊川町279
  • 電話:0596-24-1111(代表)
  • 公式サイト:伊勢神宮
  • 地図

  • アクセス
    • 伊勢市駅(近鉄/JR)から徒歩5分
    • 宇治山田駅(近鉄)から徒歩10分

  • 駐車場:あり(無料・駐車時間は2時間まで)

伊勢神宮 外宮第1駐車場(無料)

外宮第1駐車場

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

第1~第3駐車場は、ほぼ同じ場所。らくらく伊勢もうででリアルタイムでの満空情報をチェックできます



内宮がココロ(魂)にじんわりくるパワースポットなら、外宮は僕にとって頭がスッキリ&クリアになる特別な場所。今度はいつお参りに来れるかな。

伊勢神宮内宮(皇大神宮)の御朱印

内宮正宮と御朱印

上の写真は、外宮のあと内宮で拝受した御朱印です。内宮の御朱印情報については、以下の記事をご覧ください。


伊勢神宮の御朱印7種類(外宮・内宮・別宮)

伊勢神宮で頂いた七の御朱印

また今回のお伊勢参りでは、正宮のほかに5つの別宮でも御朱印を授かっております。詳しくは以下の記事をどうぞ。


ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

そして、この度の伊勢鳥羽観光(1泊2日)で訪れた寺社史跡を以下にまとめておきます。御朱印巡りの参考になれば幸いです。それでは!


【参考】今回の三重観光でお参りした神社仏閣など


【1日目(伊勢神宮内宮/外宮・猿田彦神社など)】

  1. 二見興玉神社(神宮参拝前の禊場とも)
  2. 伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)
  3. 伊勢神宮 内宮(皇大神宮)
  4. 猿田彦神社(おはらい町から徒歩3分)
  5. 月読宮(皇大神宮別宮)
  6. 倭姫宮(皇大神宮別宮)
  7. 月夜見宮(豊受大神宮別宮)

【2日目(伊勢神宮別宮・鳥羽三女神など)】

  1. 伊雑宮(皇大神宮別宮)
  2. 石神さん(神明神社・鳥羽三女神)
  3. 彦瀧大明神(鳥羽三女神)
    ※御朱印なし
  4. 伊射波神社(志摩国一之宮・鳥羽三女神)
  5. 鳥羽城跡(海賊大名こと九鬼嘉隆が築城)
  6. 朝熊岳金剛證寺(伊勢音頭に”お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り”とあるお寺)
  7. 瀧原宮(皇大神宮別宮)