金剛證寺(三重県伊勢市)で御朱印三と御朱印帳をいただきました。朝熊岳(朝熊山)の山頂付近にある臨済宗のお寺です。

仁王門(朝熊岳金剛證寺)

朝熊岳金剛證寺 仁王門

朝熊岳金剛證寺(あさまだけこんごうしょうじ)

  • 名称:朝熊岳勝峯山兜率院あさまだけしょうほうざんとそついん金剛證寺
  • 御本尊:福威智満虚空蔵大菩薩ふくいちまんこくうぞうぼさつ
  • ご利益:家内安全、身体健康、商売繁昌、社運隆昌、合格成就
  • 宗派:臨済宗南禅寺派
  • 霊場札所など:伊勢西国三十三所霊場第二番、日本三大虚空蔵菩薩

金剛證寺は「神宮の奥の院」とも呼ばれ、伊勢神宮の鬼門を守るお寺。伊勢音頭では“お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り”とも唄われています。この記事には…

  • 金剛證寺の御朱印と御朱印帳
  • 御朱印の頂き方(場所や時間など)
  • 境内の様子や見どころ

といった情報をまとめておきますね。まずは金剛證寺で授かった御朱印から紹介します。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

僕も今回の観光で、伊勢神宮と一緒にお参りしました。ステキな旅行になった



朝熊岳金剛證寺の御朱印【3種類】

朝熊岳金剛證寺(三重県伊勢市)本堂(摩尼殿)

本堂(摩尼殿・国指定重要文化財)。本尊は秘仏で、伊勢神宮の式年遷宮の翌年に開帳されます(20年に1度)

金剛證寺で頂いた御朱印の種類

  1. 本尊の御朱印
  2. 限定御朱印(中興六百五十年)
  3. 奥之院の御朱印

1.本尊の御朱印(摩尼殿)

朝熊岳金剛證寺(三重県伊勢市)の御朱印

中央の印影(=朱印を押した跡)は、虚空蔵菩薩を表す梵字(タラーク)かな

まずは本尊の御朱印から。ページいっぱいに、迫力ある文字で摩尼殿まにでんと書かれています。パワーを感じる…。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

右上の墨書きは“奉拝”(印影は“伊勢朝熊岳”)、中央左は“金剛証寺”でよろしいかと。”證”は”証”の旧字体です

※御朱印の見方の基本を、以下の記事で図入りで解説しています


2.限定御朱印(中興六百五十年)

朝熊岳金剛證寺(三重県伊勢市)の限定御朱印(金色)

続いて、金色に輝く限定御朱印。御朱印の右下に「中興六百五十年」とありますね。

【要約版】朝熊岳金剛證寺の由緒(歴史)


開山堂(朝熊岳金剛證寺)

開山堂。暁台上人(草創)・弘法大師(開山)・佛地禅師(中興開山)の三者を祀るお堂でしょうか

  • 欽明天皇の頃:暁台上人により開かれる
  • 平安時代:弘法大師(空海)により堂宇建立。密教修行の一大道場として隆盛を極める
  • 応永年間(1394年~1427年):鎌倉建長寺開山大覚禅師(蘭渓道隆)の法孫・仏地禅師(東岳文昱)により再興。禅寺に改められる

※参拝の栞をもとに作成


【補足】限定御朱印は書き置きタイプ

朝熊岳金剛證寺(三重県伊勢市)の限定御朱印(書き置き御朱印専用ホルダー)

限定御朱印は書き置きタイプ(紙でもらうタイプ)でした。ということで、上の専用ホルダーに挟んで大切に保管しております。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

ハサミやのりを使わないので、御朱印も手も汚さずにキレイに挟めます。詳しくは以下の記事をご覧ください


通販サイト(楽天・Amazon・ヤフー)へのリンクも以下に載せておきますね。最近は人気なのか売り切れていることも多いです。僕も早めに次を購入しておかないと!

3.奥之院の御朱印

朝熊岳金剛證寺(三重県伊勢市)の御朱印(奥之院)

中央の印影は地蔵菩薩を表す梵字(カ)でよろしいかと

3種類目は奥之院(呑海院どんかいいん)の御朱印。中央の墨書きは“願王殿”と読めますね。お堂の名前だと思われます。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

奥之院の本尊は地蔵菩薩。お釈迦様が入滅して弥勒菩薩が世に出るまでの間、僕らを救ってくださいます


朝熊岳金剛證寺(三重県伊勢市)奥之院

奥之院。本堂から歩いて7分ほどです

朝熊岳金剛證寺の御朱印帳

朝熊岳金剛證寺(三重県伊勢市)の御朱印帳

金剛證寺では御朱印帳もいただきました。お代(値段)は1500円。表表紙に本堂、裏表紙に連間つれまの池連珠橋れんじゅばしがデザインされています。

連間の池と連珠橋(朝熊岳金剛證寺)

連間の池と連珠橋です。弘法大師が掘ったと伝わる池で、5月中旬から9月にかけて、数百の睡蓮の花が美しい風景を見せてくれるそうですよ。

【補足】御朱印帳は小さいサイズ

朝熊岳金剛證寺と猿田彦神社(ともに三重県伊勢市)の御朱印帳(大きさサイズ比較)

朝熊岳金剛證寺(左)と猿田彦神社(右)の御朱印帳

金剛證寺の御朱印帳は小さいサイズ(文庫本サイズ)。大きさのイメージが掴めるよう、大きいサイズの御朱印帳と並べてみました。

猿田彦神社(三重県伊勢市)の御朱印2種類

猿田彦神社(左)と佐瑠女神社(右)の御朱印

大きいサイズの御朱印帳は、皇大神宮(内宮)近くの猿田彦神社で授かったモノ。

境内社の佐瑠女神社さるめじんじゃも芸能・縁結びの神様として有名です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

さて、宿泊施設の広告を挟んで、次の章には、金剛證寺での御朱印のもらい方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

広告は、僕が今回の観光で宿泊した「伊勢シティホテル」。伊勢市駅から徒歩3分。安さと口コミ評価のバランスで選びました。ぐっすり眠れて満足しております

朝熊岳金剛證寺での御朱印の頂き方

朝熊岳金剛證寺の御朱印情報

  • 受付場所:本堂内
    ※奥之院の御朱印は奥之院で
  • 御朱印代(価格):300円
    ※限定御朱印は500円
  • 受付時間のめやす:9:00~15:45

1つずつ補足します。

受付場所:本堂内

本堂前の福丑(左)と智慧寅(右)。牛の頭上には大黒様が

金剛證寺の御朱印は本堂内で書いていただきました。なお、奥之院の御朱印は奥之院でいただけます。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

本堂内に、奥之院の御朱印に関する案内も出ていましたよ


御朱印料(金額):300円(限定御朱印は500円)

朝熊山山頂。足湯(10:00~16:00)も楽しめます

御朱印代(料金)は一体300円金色の限定御朱印のみ500円でした。

お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、山頂の展望台付近に売店や自動販売機がありますよ。

受付時間のめやす:9:00~15:45

供養塔卒塔婆(朝熊岳金剛證寺奥之院)

奥の院に通じる参道には、約1万本の卒塔婆(そとば)が並びます

公式サイトに、本堂の拝観時間に関する以下の記載があります。

朝熊岳金剛證寺
本堂拝観時間 9:00-15:45

出典:朝熊岳金剛證寺

ということで、御朱印を受けたい場合も、この時間をめやすにお参りされるのがよろしいかと。

極楽門(朝熊岳金剛證寺奥之院)

ちなみに、上の写真は奥の院の入口「極楽門」。

ココに“奥之院受付時間 午前九時~午後四時”とあったので、奥の院の受付時間も同様だと思われます。

【参考】僕がお参りした時間など


明星堂(朝熊岳金剛證寺)

明星堂。伊勢神宮の鬼門除けのために明星天子を祀るお堂です

駐車場に到着したのは、平日の午後3時ごろ。本堂→奥之院の順番でお参りし、それぞれの御朱印を拝受した次第です。

境内には参拝客が何組かいらっしゃいましたが、御朱印に関しては待ち時間もなく、スムーズに受けることができました。

与楽院(朝熊岳金剛證寺)

与楽院(国重要文化財)。本尊の矢負地蔵尊は、徳川綱吉の母・桂昌院の寄進です

奥の院へのお参り含め、参拝所要時間は全体で約50分といったところですね。ご参考までに。

おちんこ地蔵尊(朝熊岳金剛證寺)

おちんこ地蔵。子宝地蔵として有名だそう

さてさて、旅行関連の広告を再度挟んだのち、金剛證寺のアクセス・駐車場情報をのせて記事を締めます。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

広告はクラブツーリズム。「金剛證寺」で検索したところ、5件のツアーが該当しました(記事執筆時点)。バスツアーなら、乗り換えの煩わしさや運転の疲れから解放されますね

朝熊岳金剛證寺のアクセス・駐車場など

朝熊岳金剛證寺(あさまだけこんごうしょうじ)

  • 住所:三重県伊勢市朝熊町548
  • 電話:0596-22-1710
  • 公式サイト:朝熊岳金剛證寺
  • 地図(マップ)

  • アクセス
    • 鳥羽駅からタクシーで20分
    • 五十鈴川駅からタクシーで20分
    • 伊勢IC(伊勢自動車道)から車で20分

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

土日祝日のみ、五十鈴川駅と金剛證寺を結ぶ「参宮バス(スカイラインルート)」が運行しています。運賃(料金)は740円です

  • 駐車場:あり(無料)

朝熊岳金剛證寺(三重県伊勢市)駐車場

門(上の写真)から進入できます。伊勢志摩スカイラインの通行料金(1270円)が必要です。

上のリンク(公式サイト)から、お得な通行割引券を発行できますよ。


山の上にある寺社は、お参りしていて気持ちがイイですね。今度は山頂展望台にも行ってみたいなぁ。晴れた日には、富士山や日本アルプスも見えるそうですよ。

瀧原宮(伊勢神宮内宮別宮)の御朱印

瀧原宮(度会郡大紀町)の御朱印

次に向かったのは瀧原宮(たきはらのみや)。皇大神宮の別宮です。

金剛證寺からは、紀勢自動車道経由で50分ほどで行けますよ。詳しくは以下の記事をご覧ください。


伊勢神宮の御朱印7種類(外宮・内宮・別宮)

伊勢神宮で拝受した七体の御朱印

また伊勢神宮など、今回の伊勢鳥羽観光(1泊2日)で訪れた寺社史跡を以下にまとめておきます。御朱印巡りの参考になれば幸いです。それでは!

【参考】今回の三重観光でお参りした神社仏閣など


【1日目(伊勢神宮内宮/外宮・猿田彦神社など)】

  1. 二見興玉神社(神宮参拝前の禊場とも)
  2. 伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)
  3. 伊勢神宮 内宮(皇大神宮)
  4. 猿田彦神社(おはらい町から徒歩3分)
  5. 月読宮(皇大神宮別宮)
  6. 倭姫宮(皇大神宮別宮)
  7. 月夜見宮(豊受大神宮別宮)

【2日目(伊勢神宮別宮・鳥羽三女神など)】

  1. 伊雑宮(皇大神宮別宮)
  2. 石神さん(神明神社・鳥羽三女神)
  3. 彦瀧大明神(鳥羽三女神)
    ※御朱印なし
  4. 伊射波神社(志摩国一之宮・鳥羽三女神)
  5. 鳥羽城跡(海賊大名こと九鬼嘉隆が築城)
  6. 朝熊岳金剛證寺(伊勢音頭に”お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り”とあるお寺)
  7. 瀧原宮(皇大神宮別宮)