八百富神社(蒲郡市竹島)の御朱印

八百富神社(愛知県蒲郡市)で御朱印二と御朱印帳を授かりました。大大吉が入っているという、おみくじにも挑戦しましたよ。

八百富神社(やおとみじんじゃ)

  • 御祭神:市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
  • ご利益:開運、安産、縁結び
  • 社格など:四等級、旧県社
  • 霊場札所など:蒲郡五十七社巡り、日本七弁天

学生時代、部活のリーグ戦が終わった後に、竹島までクルマを走らせ、海を眺めながら感傷に浸った思い出があるんです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

当時を思い出して、懐かしい気持ちになりました

この記事には、

  • 八百富神社の御朱印と御朱印帳
  • 御朱印の頂き方(初穂料など)
  • 境内の様子や見どころ

といった情報をまとめておきますね。まずは八百富神社で授かった御朱印から紹介します。


八百富神社(蒲郡市竹島)で頂いた御朱印【2種類】

八百富神社(蒲郡市竹島)拝殿

八百富神社拝殿

八百富神社で頂いた御朱印の種類

  1. 八百富神社の御朱印
  2. 八大龍神社の御朱印

1.八百富神社の御朱印

八百富神社(蒲郡市)の御朱印

八百富神社の御朱印です。墨書きがウットリするほど美しい…。「富」の田んぼの部分が「メ」になっているのがお気に入りです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

富部神社(名古屋市南区)で拝受した御朱印の墨書きも同様でした。かっこいいなぁ

御朱印右上の印影(=朱印を押した跡)は「竹島弁財天」、中央の印影は「八百富神社」でよろしいかと。

※御朱印の見方の基本を、以下の記事で図入りで解説しています


2.八大龍神社の御朱印

八大龍神社(八百富神社境内)の御朱印

続いて八大龍神社の御朱印波飛沫なみしぶきが素敵なアクセントになっていますね。中央は社紋でしょうか、霊験あらたかな様子が伝わってきます。

そして、右上の印影は「竹島守護之神」。なんでも八百富神社を創建した藤原俊成ふじわらのとしなりの夢の中で…

龍(ドラゴン)

この島に社を建てて、私を祀れば永く守護を与えよう…

とのお告げがあり、その通りに海底に網を入れたところ、龍神の御尊体が現れたという言い伝えがあるそうです。

八大龍神社(竹島八百富神社境内)

八大龍神社(上の写真)は、八百富神社拝殿の左奥に鎮座しています。御祭神は豊玉彦命(豊玉姫命の御父神)。ご利益は家内安全・夫婦円満・厄除け・雨乞いとのことですよ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

八百富神社では御朱印帳も拝受しました。神社のおもなお祭りを挟んだのち、続けて紹介します


八百富神社のおもなお祭りなど


例大祭の様子を収めた貴重なYouTube動画をシェアさせていただきます。各町の山車紹介です

  • 1月1日:歳旦祭
  • 1月1日~3日:正月行事(初詣)
  • 2月11日:紀元祭
  • 3月18日:祈年祭
  • 3月30日:大黒神社例祭
  • 4月9日:宇賀神社例祭
  • 5月5日:千歳神社例祭
  • 7月16日:八大龍神社例祭
  • 10月第3土曜日曜日:例大祭
  • 11月1日~30日:七五三祭
  • 12月18日:新嘗祭
  • 12月23日:天長祭
  • 毎月18日:月次祭

神社公式サイトをもとに作成


八百富神社(蒲郡市竹島)で頂いた御朱印帳

八百富神社(蒲郡市竹島)の御朱印帳

八百富神社の御朱印帳です。八大龍神社の御朱印同様、波のデザインがあしらわれています。初穂料(値段)は1200円でしたよ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

背景はかわいいちりめん絵柄。伊奴神社(名古屋市西区)の御朱印帳も同様でした。準オリジナルの御朱印帳、といった感じかな

【補足】八百富神社の御朱印帳は大きいサイズ

八百富神社(蒲郡市竹島)と六所神社(岡崎市)の御朱印帳(大きさサイズ比較)

八百富神社(左)と岡崎六所神社(右)の御朱印帳

八百富神社の御朱印帳は大きいサイズ(大判サイズ)。大きさのイメージが掴めるよう、小さいサイズの御朱印帳と並べてみました。

六所神社(愛知県岡崎市)の御朱印と御朱印帳

六所神社(岡崎市)の御朱印と御朱印帳

小さいサイズの御朱印帳は、六所神社のモノ。いちごのショートケーキを彷彿とさせる、かわいいデザインがお気に入りです。詳しくは以下の記事で。

神社の由緒を挟んで、次の章には、八百富神社での御朱印のもらい方(僕がお参りしたときのこと)を書き留めておきますね。

八百富神社の由緒(歴史)


藤原俊成像(蒲郡竹島園地)

竹島園地に建つ藤原俊成像。千載和歌集の撰者としても知られます

  • 養和元年(1181年)3月18日:藤原俊成が地方開発・産業発展のために、琵琶湖竹生島(宝厳寺/竹生島神社)から勧請

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

先日お参りした辯天寺(名古屋市港区)も”竹生島の名古屋別院として建立”とあったなぁ

  • 書物「三河雀」の中で、日本七弁天の1つに挙げられる
  • 徳川家康が関ヶ原の戦い前に参拝、その後朱印四石八斗を寄進する

八百富神社(蒲郡市竹島)遙拝所

八百富神社遙拝所。遙拝殿の向こうに竹島が見えます

  • 領主松平家の崇敬も厚く、石鳥居・法華経・石灯籠・遙拝殿などを奉納
  • 1735年:神祇伯雅富王により「八百富神」の称号を受ける
  • 滋野井中納言の手を経て、禁中の御翠簾と菊御紋章入りの提灯が下賜される

竹島コンクリート橋と蒲郡クラシックホテル

コンクリート橋(長さ387m)と蒲郡クラシックホテル(写真右奥)

  • 昭和7年(1932年):滝信四郎により、竹島へと架かるコンクリート橋が寄進される

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

滝信四郎は滝兵(タキヒヨー)五代目。蒲郡ホテル(現蒲郡クラシックホテル)の創業者でもあります


※頂いた由緒書き、神社公式サイト、愛知縣神社名鑑(愛知縣神社庁,1992)、タキヒヨー公式サイトをもとに作成

【参考】三河雀を基にした「日本七弁天」


厳島神社(広島県)大鳥居

厳島神社(広島県宮島)の大鳥居

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

「三河雀 巻一~巻四 復刻版(吉見孝夫,2001)」をもとに、現在の寺社を推測しつつ当てはめてみました。参考程度にどうぞ

  1. 江の島(神奈川県・江島神社)
  2. 宮島(広島県・厳島神社/大願寺)
  3. 天の川(奈良県・天河神社)
  4. 竹生島(滋賀県・宝厳寺/竹生島神社)
  5. ふせ(千葉県・紅龍山東海寺)
  6. 野尻(長野県・宇賀神社)
  7. 竹島(愛知県・八百富神社)

八百富神社(蒲郡市竹島)での御朱印の頂き方を説明するよ

八百富神社(蒲郡市竹島)神馬

神馬。社紋は桐紋(五七桐)のようです

八百富神社の御朱印情報

  • 受付場所:授与所(参道右)
  • 御朱印代(初穂料/価格):300円
  • 御朱印を頂いた時間:午後3時過ぎ

1つずつ補足しますね。

受付場所:授与所(参道右)

八百富神社(蒲郡市竹島)授与所(社務所)

八百富神社の御朱印は参道右の授与所(社務所)で頂きました。お札・お守り・おみくじの取り扱いもありましたよ。

ということで、大大吉が入っているという、おみくじ(初穂料100円)に挑戦!

八百富神社のおみくじ【大大吉あり】

八百富神社(蒲郡市竹島)おみくじ

実際におみくじを引く際のワクワクドキドキ感を損なわないよう、一部画像処理を施しております

結果は…小吉。どうやら今は耐える時期のようです。日々精進します。

福種銭も授かりました【使い方は?】

八百富神社(蒲郡市竹島)福種銭

八百富神社では、福種銭も授かっております(初穂料100円・拝殿脇)。包み紙には、使い方に関する以下の記載がありました。

この福種銭をお借りして 商売や買物の元手に加へ 大きな福徳を受けて下さい

八百富神社(蒲郡市竹島)福種銭

包まれていた五円玉です。元手に加える(≒実際に使う)のがはばかられる、眩しい輝き…。しばらくは熱田神宮で受けた卓上神殿の横にお供えして、毎朝拝もうと思います。

御朱印の初穂料(金額):300円

八百富神社(蒲郡市竹島)休憩所(自動販売機も)

御朱印の初穂料は一体300円。お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、島の休憩所に自動販売機がありましたよ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

「釣り銭切れの場合、社務所で両替いたします」といった旨の掲示もありました。神社の優しさが垣間見えて、ココロが温まる

御朱印を頂いた時間:午後3時過ぎ

八百富神社(蒲郡市竹島)手水舎

手水舎

竹島橋に到着したのは平日の午後3時前。のんびり橋を渡って神社に到着したのち、拝殿&八大龍神社にお参り。そのあと授与所に伺い、御朱印を拝受した次第です。

受付時間の掲示は見当たりませんでしたが、有名な観光地&巫女さんがいらっしゃったことなどから推測するに、神職さんは常駐されているのではないかと

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

午前9時~午後4時ごろをめやすにお参りすれば、かなりの確率で御朱印などを受けられるのではないでしょうか


竹島巡回の所要時間のめやす【40分】

竹島(愛知県蒲郡市)巡回マップ

竹島の観光巡回ルート(順路)。ざっくりとしたイラスト地図で示してみました。島一周は約680mとのことです

竹島巡回の所要時間(40分)内訳

  • 橋のたもとから竹島まで:5分
  • 八百富神社参拝:20分
  • 遊歩道を右回りで橋へ:10分
  • 橋を渡って戻る:5分

橋の入口から神社にお参りして、また戻ってくるまでの時間のめやすは40分。お参りしたあとは、ほどよく舗装された右回りの遊歩道で橋に戻るのがよろしいかと。

竹島(愛知県蒲郡市)右回り遊歩道

右回りの遊歩道の様子です(上の写真)。アスファルト舗装というよりは、石を切って道を作った感じかな。

竹島(愛知県蒲郡市)左回り

左回りはこんな感じ(上の写真)。こちらは砂浜&ちょっとした岩場を歩く感覚です。物好きな方以外にはオススメしません(笑)

さて、宿泊施設の広告を挟んだのち、ココまでに載せきれなかった八百富神社の境内風景(フォトギャラリー)をお届けします。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

広告は、先ほども登場した「蒲郡クラシックホテル」。一度は泊まってみたいなぁ

八百富神社(蒲郡市竹島)の境内風景【パワースポット】

八百富神社(蒲郡市竹島)遙拝所の金幣

順路に沿って紹介していきますね。まずは遙拝所の金幣。幤(ぬさ)の向こう側に竹島が見えます。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

岐阜の金幣社を思い出す。遙拝所の向かいには御鍬神社もありました


竹島橋と竹島(愛知県蒲郡市)

竹島海岸は潮干狩りの名所でもあります

橋を渡って竹島へ。風が吹くたび海からヒュンヒュンと不思議な音が聞こえてきます。大学時代の友達が「竹島は心霊スポットなんだよ」って言ってたなぁ。

八百富神社(蒲郡市竹島)石段

竹島に到着。101段の石段を上ります。写真左下は「八百富神社社叢」石碑です。島全体(社叢)が、国の天然記念物に指定されているんだとか。

宇賀神社(竹島八百富神社境内)

石段の先には宇賀神社が(上の写真)。三河守・源範頼が深く信仰した、穀物の神様です。拝殿に辿り着くまでにあと2つ境内社がありましたので、続けて紹介しますね。

大黒神社(竹島八百富神社境内)

大黒神社(創建時期不詳)に…

千歳神社(竹島八百富神社境内)

千歳神社。御祭神は藤原俊成です。八百富神社&八大龍神社に加え、今あげた三社(合計五社)をお参りすると、一生の幸いが得られるとも言われているそうですよ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

竹島がパワースポットとされる所以ゆえんかも。五社の御祭神とご利益を以下にまとめておきます

神社名御祭神ご利益
八百富神社市杵島姫命開運・縁結び・安産
宇賀神社宇迦之御魂神食べ物・穀物の神様
大黒神社大国主神商売繁昌・国土経営
千歳神社藤原俊成卿長寿・勉学
八大龍神社豊玉彦命家内安全・夫婦円満・厄除け

※現地掲示(竹島観光マップ)、由緒書きをもとに作成

竹島(愛知県蒲郡市)龍神岬からの眺め(三河湾・三河大島)

参拝を終え、竹島最南端の竜神岬へ。三河湾・三河大島(無人島)・渥美半島などが一望できます。上の松越しの眺めもお気に入り。ステキなお参りになりました!

さてさて、旅行関連の広告を再度挟んだのち、八百富神社のアクセス・駐車場情報を載せて記事を締めますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

広告はバスツアーでお馴染みのクラブツーリズム。「御朱印」で検索したところ、記事執筆時点で260件のツアーが該当しました。充実してるなぁ


八百富神社(蒲郡市竹島)のアクセス・駐車場など

八百富神社(やおとみじんじゃ)

・住所:愛知県蒲郡市竹島町3-15
・電話:0533-68-3700
・公式サイト:八百富神社

・アクセス:蒲郡駅(JR東海道本線/名鉄蒲郡線)から徒歩15分

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

蒲郡駅へは名古屋駅(45分)や豊橋駅(12分)から、JRの快速1本で行けます

・駐車場:竹島駐車場を利用

八百富神社(蒲郡市)近くの駐車場(竹島駐車場)

橋の近く(北西)に駐車場があります。駐車料金は平日無料、土日祝300円(1日)です。


見た目はさながら湘南江の島といった感じですね。またお参りに来よう。

八劔神社(愛知県蒲郡市)の限定御朱印(源太夫神社も)

八劔神社(蒲郡市三谷町)で頂いた御朱印の一部

八百富神社の近くで御朱印を頂けたのは八劔神社(長寿神社)。歩いて15分、車なら3分程度での到着です。

縁起の良い、鶴と亀が描かれた見開き限定御朱印など三体を拝受しました。お参りしたときのことはまた記事にしますね。

そのほか八百富神社の周辺で御朱印を頂けた神社仏閣


豊川稲荷(豊川閣妙厳寺・愛知県豊川市)の御朱印

豊川稲荷妙厳寺(豊川市)の御朱印

  • 豊川稲荷(車で30分・キツネがいっぱい。門前町で食べ歩きも楽しめる)
  • 菅生神社(車で34分・限定御朱印を求めて全国から参拝者が訪れる神社)
  • 砥鹿神社(車で38分・三河国一之宮。本宮山山頂の奥宮でも御朱印を頂けます)
  • 岡崎天満宮(車で38分・兼務社を含む四社の御朱印を授かりました)

※神社やお寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます