八事塩竈神社(名古屋市天白区)で御朱印を授かりました。名古屋の塩竈神社と聞くと、ココか中川区の鹽竈神社のどちらかを思い浮かべる人が多いのでは?

八事塩竈神社(名古屋市天白区)の御朱印

そして八事塩竈神社は、安産祈願や初宮詣(お宮参り)で名古屋トップクラスの人気を誇る神社です。

ぼく(なごやっくす)
ココで安産祈願をした僕の友達多数。そして僕が母のお腹の中にいるときも、ココで安産祈願をしてもらったかもしれない

塩竈神社(名古屋市天白区)正面鳥居

八事塩竈神社の正面鳥居です。神社までの坂道が急なので、安産祈願や初宮詣はクルマがおすすめ

僕は歩いてお参り。このあと八事神社八事御嶽神社にも参拝したので、ふくらはぎがパンパンでございます。この記事には、

  • 八事塩竈神社の御朱印
  • 御朱印のもらい方(時間など)
  • 境内の様子(見どころ)

といった情報をまとめておきますね。まずは八事塩竈神社で授かった御朱印から紹介します。


八事塩竈神社の御朱印がこちらです

八事塩竈神社(名古屋市天白区)の御朱印01

八事塩竈神社で授かった御朱印です。

熱田神宮の御神印を彷彿とさせる、シンプルなデザインですね。各要素は以下のとおり。

  • [右上]奉拝(=謹んで参拝いたしました)
  • [中央]塩竈神社
  • [左下]参拝月(令和元年 葉月)

※御朱印の見方の基本を以下の記事で図入りで解説しています

八事塩竈神社(名古屋市天白区)参道階段

一の鳥居と山門のあいだの階段

葉月(はづき)は8月の和名。境内に緑が溢れていたこともあり「葉が生い茂る季節=葉月」だと思いきや、コレは間違い

国立国会図書館によると「木々の葉落ち月=葉月」なんだとか。旧暦に合わせているため、現在の季節感とは1~2か月のズレがあるそうです。

ぼく(なごやっくす)
御朱印をきっかけに、一つ賢くなれました。以下に、ほかの月の和名も挙げておきますね

【参考】月の和名(和風月名わふうげつめい)

  • 1月:睦月(むつき)
  • 2月:如月(きさらぎ)
  • 3月:弥生(やよい)
  • 4月:卯月(うづき)
  • 5月:皐月(さつき)
  • 6月:水無月(みなづき、みなつき)
  • 7月:文月(ふみづき、ふづき)
  • 8月:葉月(はづき、はつき)
  • 9月:長月(ながつき、ながづき)
  • 10月:神無月(かんなづき)
  • 11月:霜月(しもつき)
  • 12月:師走(しわす)
スポンサーリンク

【補足】八事塩竈神社の御朱印は書き置きタイプでした

八事塩竈神社(名古屋市天白区)の御朱印(書き置き御朱印専用ホルダー)

なお、八事塩竈神社の御朱印は書き置きタイプ(紙でもらうタイプ)。ということで、上の専用ホルダーに挟んで大切に保管しております。

ぼく(なごやっくす)
ハサミやのりを使わないので、御朱印も手も汚さずにキレイに挟めます。詳しくは以下の記事をどうぞ

通販サイト(楽天・Amazon・ヤフー)へのリンクも載せておきますね。最近は人気なのか売れ切れていることも多いです。僕も早めに次を購入しておかないと!

八事塩竈神社での御朱印の頂き方を説明するよ

八事塩竈神社(名古屋市天白区)の手水舎

手水舎。美しく整えられておりました

■ 八事塩竈神社の御朱印

  • 受付場所:授与所
  • 初穂料:お志(お気持ち)
  • 受付時間のめやす:午前9時から午後3時

御朱印の受付場所

八事塩竈神社(名古屋市天白区)神符守札授与所(御朱印受付場所・御祈祷受付・腹帯授印受付)

八事塩竈神社の御朱印は、拝殿左の授与所で頂きました。祈祷(安産祈願・七五三など)や腹帯授印の受付と同じ場所です。

ぼく(なごやっくす)
とはいえ、神職さんから手渡されるワケではなく、授与所の前に書き置きの御朱印が積んであるスタイルです

八事塩竈神社(名古屋市天白区)拝殿

拝殿はこちら。御祭神は鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)です。以下に御神徳(ご利益)をあげておきます。

  • 博識な”教え導きの神”
  • 製塩の技術を伝えた神
  • 潮流を司る”海路の神”

安産の神として有名なのは、出産が潮の干満に関係しているところから来ています。

【要約版】八事塩竈神社の由緒(歴史)

  • 弘化年間(1844-48):愛知郡天白村豪農の山田善兵衛が鹽竈神社(宮城県塩竈市)から分霊を賜る
  • →のちに社殿を建立(八事塩竈神社の起こり)
  • 明治5年10月11日:公称公許となる
  • 昭和12年6月30日:本殿・拝殿・神楽殿造営竣工

※参拝の栞、愛知縣神社名鑑(愛知県神社庁,1992)をもとに作成

スポンサーリンク
ベルタ葉酸サプリ

御朱印の初穂料(金額)

300円(100円玉3枚)

御朱印の初穂料(値段)はお志。いわゆる“お気持ち”ですね。備え付けの木箱にお金を入れる形式でしたよ。

ぼく(なごやっくす)
参考までに、僕は300円(100円玉3枚)を納めました。なお”お気持ち”についての特集記事を以下にご用意しています

八事塩竈神社(名古屋市天白区)自動販売機とトイレ

授与所そばの自動販売機。奥にはトイレも完備されています

お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、授与所のそばに自動販売機がありましたし…

フルーツ杏仁氷(Milks Cafe)

“Milks Cafe”のフルーツ杏仁氷。生タピオカメインのお店です

近くでお茶してもイイですね。上は塩釜口駅から神社に向かう途中に寄れる”Milks Cafe”のフルーツ杏仁氷です。おいしかったよ。

参考ページ[食べログ]Milks Cafe
スポンサーリンク

御朱印の受付時間のめやす

八事塩竈神社(名古屋市天白区)の門

開門時間は午前8時から午後3時です

参考材料として、以下の八事塩竈神社公式サイトからの引用をご覧ください。

御祈祷は、毎日午前9時から午後3時まで受け付けております。

出典:参拝のご案内|安産・虫封じの守護神 塩竈神社

なるほどなるほど。

ということは、御朱印もコレに倣って、午前9時から午後3時のあいだにお参りすれば、かなりの確率で授かれるのではないでしょうか。

【参考】僕がお参りした時間など

八事塩竈神社(名古屋市天白区)の鳥居と拝殿

歴史を感じる鳥居と美しい拝殿の対比がお気に入りの1枚

神社に着いたのは昼の12時過ぎ

ぼく(なごやっくす)
授与所が昼休みだったら、八事神社八事御嶽神社にお参りして、また戻ってこよう…

という心積もりだったのですが、授与所に人の姿が見えたので、拝殿にお参り後、そのまま御朱印を授かった次第です。

その後も境内でまったりしていましたので、参拝所要時間は30分弱といったところですね。

最後に、八事塩竈神社の境内の様子(写真7枚)をお届けして、記事を締めていきますね。

スポンサーリンク

【写真7枚】八事塩竈神社の境内の様子をお届け【フォトギャラリー】

白龍神社(八事塩竈神社境内)

正面鳥居から階段をのぼっていくと、途中にあるのが白龍神社。陶器製&ミニサイズの狛犬が脇を固めます。

絵馬(八事塩竈神社)

ほかの人の願い事を見ていると「自分も頑張らなきゃっ!」って思う。”想う力”のおすそ分けを頂くような、そんなイメージ。

参集殿(八事塩竈神社)

3枚目は参集殿。祈祷の待合室にもなっているようです。

車清祓い所(八事塩竈神社)

八事塩竈神社は車両(車・バイク・自転車など)の清祓い所としても人気&有名な印象があります。

ぼく(なごやっくす)
犬山成田山しかり、山の上というのが関係あるのかな?

八事塩竈神社参拝記念柱

写真撮影スポットも。腹帯を持ったご家族の写真を撮らせていただきました。母子ともに健康&安産でありますように。

八事塩竈神社(名古屋市天白区)からの眺め

八事塩竈神社は“御幸山(みゆきやま)”という山の中腹に鎮座しているため、見晴らしが良いです。

ただしお参りしたのは夏。木々の葉っぱが少なくなる冬などは、さらに眺めが良くなるはず。

明治大正天皇御野立所碑(御幸山公園)

最後の写真です。神社近くの御幸山公園(御幸山山頂)には、明治・大正両天皇の御野立所の碑があります。

昔は音聞山おとききやまと呼ばれていたのが、御野立所の史跡保存のため御幸山と命名されたようです(今も音聞山の地名は残っています)。

スポンサーリンク

八事塩竈神社の基本情報(アクセス・駐車場など)

■ 八事塩竈神社(やごとしおがまじんじゃ)

・住所:愛知県名古屋市天白区御幸山1328
・電話:052-831-1633

・例祭日:10月10日
・公式サイト:八事塩竈神社

・アクセス:塩釜口駅(地下鉄鶴舞線)3番出口から徒歩8分

・駐車場:あり(無料・第一/第二/臨時)

八事塩竈神社(名古屋市天白区)第一駐車場

境内北東に進入口があります。第一駐車場が満車の場合、そのまま駐車場内を抜けて第二駐車場へ向かえるかと。


参拝の栞を渡してくれた神職さんが、ワイルドさと爽やかさを併せ持った、市川海老蔵さんのような方でした。イケメンだった。

五社宮(名古屋市天白区)大黒様の御朱印

八事塩竈神社の近くで御朱印を授かったのは、八事天道に鎮座する五社宮(ごしゃぐう)

三体の御朱印を拝受したのですが、中でも大黒様のソレ(上の写真)が、文字びっしりでスゴいんです。詳しくは以下の記事で。

■ そのほか八事塩竈神社の近くで御朱印を頂けた神社仏閣

八事山興正寺(名古屋市昭和区)の平成大仏・御朱印・御朱印帳

八事山興正寺で授かった御朱印(一部)と御朱印帳

※神社やお寺の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます