多賀宮(名古屋市)

多賀宮にお参りして、おもかる石に挑戦してきました。名古屋観光情報のWebサイトによると、読み方は”たがみや”。他に”たがぐう”や”たかのみや”と呼ぶ方もいるようです。

円頓寺商店街(愛知県名古屋市)

多賀宮が鎮座するのは円頓寺商店街えんどうじしょうてんがいの中。隣にはスーパーもあり、まさに生活に溶け込んだ神社といった感じでしたね。この記事には、

  • 多賀宮の境内の様子(見どころ)
  • 多賀宮の由緒(歴史)
  • 多賀宮のご利益

といった情報を、(僕の備忘録も兼ねて)現地レポのようなカタチでまとめておきますね。

ぼく(なごやっくす)
境内がコンパクトだったこともあり、2分ほどでサクッと読める記事になっているかと!

多賀宮(名古屋市西区)鳥居

外観はこんな感じ。神社仏閣巡りの際、入口に気づかず通り過ぎてしまうことも多い僕ですが、今回は一発で見つけることができました。


【お参り前に】多賀宮(名古屋)では太鼓が叩けます

多賀宮(名古屋市西区)の手水舎

鳥居をくぐってすぐ右にある手水舎でココロとカラダを清めると、拝殿までは狭い一本道

ぼく(なごやっくす)
何はともあれ、まずは神様にお参りしよう

と思い、そそくさと参道を抜けようと思ったのですが…

多賀宮(名古屋市西区)の太鼓

太鼓。

なぜ太鼓。思わず足を止めてしまいました。親切にも「ご自由にタイコたたいて下さい」との掲示まで。

しかし、この日は一人でお参り。太鼓をドンドンと鳴らす勇気はなく、そっと叩くにとどめておきました。

多賀宮(名古屋市西区)の太鼓

それでも、軽く触れただけで音が響きわたるのが分かるくらい、本格的な太鼓でしたよ。お参りの際は”リアル太鼓の達人”をぜひ。

スポンサーリンク

多賀宮(名古屋)には3つの社殿が並んでいました

多賀宮(名古屋市西区)

いざお参り。多賀宮には3つの祠が並んでおりました。神紋はどうやら三つ巴紋の様子。一社ずつ簡単に紹介しますね。

1.多賀宮(多賀大権現)

多賀大権現(名古屋多賀宮)

現地の由緒書きによると、今の社殿は昭和32年に改修されたもののようです

■ 多賀宮(多賀大権現)

  • 御祭神:伊邪那岐命いざなぎのみこと伊邪那美いざなみ
  • ご利益:長寿延命・縁結び
  • 祝詞のりと:おんうがや じややぎやろべい そわか

まずは、中央の多賀宮にお参り。境内の由緒書きによると、明治の中頃に多賀大社(滋賀県犬上郡多賀町)から分祀されたとのことです。

ぼく(なごやっくす)
僕は多賀大社に参拝経験はありますが、御朱印は未拝受。もう一度、お参りしたいなぁ

お参りする場所に祝詞が掲示されていたのが印象的でしたね。お寺の要素を感じます。ちなみに、愛知縣神社名鑑に多賀宮の名前はありません

ステキなご縁があることをお祈りして、左の倶梨迦羅不動明王へと移ります。

スポンサーリンク

2.倶梨迦羅不動明王(倶利迦羅大龍不動明王)

倶梨迦羅不動明王(倶利迦羅大龍不動明王・名古屋多賀宮)

■ 倶梨迦羅不動明王

  • ご利益:十徳(福寿繁栄・厄災除去・病気平癒・勝負必勝・和合敬愛・知恵聡明・賊盗除去・鎮宅・祈雨・生々加護)
  • 真言:なうまくさまんだ ばざらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

こちらが倶梨迦羅不動明王。役行者えんのぎょうじゃ(役小角)によって開基された、真言宗犬鳴派の大本山・犬鳴山七宝瀧寺(大阪府泉佐野市)から分祀されたようです。

ぼく(なごやっくす)
役行者は尼ヶ坂駅近くの式内社・片山神社(東区)を開基したとも。片山神社にお参りしたときの様子は下のリンクからどうぞ

片山神社(名古屋市東区)鳥居

天狗にまつわる伝説も存在する神社です

それにしてもご利益が沢山。ということで、ココでは具体的なお願い事というよりも、ただただ手を合わせてありがたくお参りしました。

スポンサーリンク

3.薬力稲荷大権現(薬力稲荷大明神)

薬力稲荷大権現(薬力稲荷大明神・名古屋多賀宮)

■ 薬力稲荷大権現

  • ご利益:家業繁栄
  • 祝詞:おんきりかくそわか おんきりかくそわか

最後は薬力稲荷大権現。境内の由緒書きによると、伏見稲荷大社(京都市伏見区)から勧請したようです。五穀豊穣や商売繁盛のご利益でも有名ですね。

ぼく(なごやっくす)
なお初午(第二の午)に”初午繁盛祭”が執り行われる模様。多賀宮の祭事(お祭り)を以下にまとめておきます

【参考】多賀宮の祭事

  • 1月1日:元旦祭
  • 初午(第二の午):初午繁盛祭
  • 4月22日:春の大祭
  • 8月3日(?):万灯祭
  • 10月4日5日:秋の大祭
  • 10月28日:繁昌息災祭

※境内の立札をもとに作成

スポンサーリンク

多賀宮(名古屋)でおもかる石に挑戦しよう

おもかる石(名古屋多賀宮)

“笑点”の座布団を彷彿とさせる積み重ねようでした

お待ちかねの重かる石(おもかる石)。“縁むすび”の文字も見えます。以下の3ステップでお参りすると良いそうです。

  1. お参り前に両手で石を持ちあげて重さを確認
  2. 願い事をして「願い事が叶うなら軽く(重く)なってください」と頼む
  3. 最初に持ち上げた時よりも軽く(重く)感じれば願いが叶う

軽くなるか重くなるかを自分でチョイスできるのが斬新でした。「軽く感じれば願いが叶う」というおもかる石がほとんどですからね。

せっかくなので、僕は「重くなってくださいVer.」でお参り。結果は…重く感じる!やったぁ!

ぼく(なごやっくす)
二度目に持ち上げる際、全身の力を意図的に抜いた疑惑がムンムンしておりますが、それだけ叶えたい願いがあるということで(笑)

重軽地蔵とおもかる石(大須万松寺・鹽竈神社・豊藤稲荷神社・三光稲荷神社)

ちなみに、名古屋周辺でおもかる石(重軽地蔵)があった神社やお寺を、以下の記事にまとめてあります。神社仏閣巡りの際の参考にどうぞ。

なごのや(NAGONOYA)のたまごサンド

おまけ!円頓寺商店街にある一押しカフェ「NAGONOYA(なごのや)」のたまごサンド。ふわっふわの絶品サンドイッチです。お参りと合わせてどうぞ。

ぼく(なごやっくす)
テレビ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「きたなシュラン」に、前のお店の名前(西アサヒ)で登場していた記憶も。なお店内は全く汚くなく快適です
参考ページ[食べログ]なごのや(【旧店名】西アサヒ)
スポンサーリンク

多賀宮(名古屋)の基本情報(アクセスなど)

■ 多賀宮(たがみや)

・住所:愛知県名古屋市西区那古野2-8

・アクセス:国際センター駅(名鉄桜通線)1番出口から徒歩7分

・駐車場:なし

多賀宮(名古屋市西区)近くの駐車場(コインパーキング・名鉄協商明道町第5)

神社の東にコインパーキング(名鉄協商P明道町第5)がありました。駐車料金は60分200円だったかと。


そういえば「携帯ストラップの奉納所がある」との口コミを見かけたのですが、僕がお参りしたときは見当たりませんでした。

ぼく(なごやっくす)
ガラケーからスマホ全盛の時代になって、ストラップを付ける人も減りましたからね。時代の流れかな

淺間神社(名古屋市西区)の御朱印

多賀宮のあとは、円頓寺商店街の南・四間道沿いにある淺間神社せんげんじんじゃにお参りして御朱印を授かりましたよ。富士山本宮浅間大社の流れを汲む神社です。

【参考】そのほか多賀宮の近くで御朱印を頂けた神社

名古屋東照宮の御朱印

※神社名をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます

初えびす多賀殿・蔵福寺(名古屋市熱田区)の御朱印

多賀殿・蔵福寺(熱田区)で授かった三体の御朱印

ぼく(なごやっくす)
おまけ!熱田神宮目の前の多賀殿・蔵福寺には、多賀大社を彷彿とさせる”多賀杓子たがじゃくし“が並んでいました。多賀宮から車で20分ほどです