白鳥神社(愛知県東郷町)御朱印ガイド

なごやっくす(Twitter@goshuin_dash)です。
白鳥神社(愛知県東郷町)の御朱印を頂きました。
鎮座地は、愛知池と国道153号のあいだあたり。
日本武尊(ヤマトタケル)を御祭神として祀る神社です。

白鳥神社(愛知県東郷町)鳥居・社号標・幟
白鳥神社境内外観

このページには、そんな白鳥神社の御朱印を、御朱印の受付場所(本務神社の富士浅間神社)の地図とともにまとめておきますね。

>>御朱印とは【もらい方】


白鳥神社(東郷町)の御朱印

白鳥神社(愛知県東郷町)の御朱印
名古屋東照宮(中区)の御朱印帳に拝受しました

白鳥神社の御朱印です。
墨書きは「奉拝、日本武尊、参拝日」の三要素。
そして印影(=朱印を押した跡)は「十六弁八重表菊」と「白鳥神社」の二要素でよろしいかと。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

「日本武尊」の墨書きがカッコいい! 今、御朱印を見返しながら、自分でもペンを持って「日本武尊」と書きたくなりました(書きました)

>>御朱印の見方の基本(図入り)はこちら

白鳥神社(愛知県東郷町)神馬と神楽殿
神馬(五七桐)と神楽殿

御朱印に用いられている菊紋のほかに、境内では桐紋(五七桐・五三桐)も多く見られました。
神馬から推測するに、神紋は「五七の桐」でしょうか。
ヤマトタケルゆかりの神社としておなじみの、熱田神宮の神紋も桐(桐竹)ですね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

白鳥神社には「文亀元年(1501年)に、熱田神宮の禰宜が訪れて拝殿を造営し、それまでの諸輪大明神から白鳥大明神に改めた」という歴史もあるようです(境内由緒沿革、愛知縣神社名鑑などによる)

白鳥神社の御朱印の受付場所【地図】

白鳥神社から富士浅間神社へのアクセスマップ01
© OpenStreetMap contributors

白鳥神社の御朱印は、本務神社の富士浅間神社で頂きました。
富士浅間神社の住所は「東郷町春木狐塚3801-1」(東郷高校に隣接)。
白鳥神社からはクルマで11分、徒歩だと48分ほどです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

富士浅間神社で僕が御朱印を受けたときのことは、以下のリンクにまとめてあります(初穂料や日時など)。合わせてご覧くださいませ


白鳥神社の御朱印情報まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。
このページの要点をまとめました。

  • 白鳥神社の御朱印は「日本武尊」の墨書き入りだった
  • 御朱印を受けた場所は、本務社の富士浅間神社

「日本武尊を祀る白鳥神社」と聞くと「ヤマトタケルと白鳥伝説」を思い出さずにはいられません。
その一方で、「渡り鳥としての白鳥はくちょう」を神と崇めて、白鳥神社として創建するケースもあるようです(参考:土壌と東西の神々|J-Stage)。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

今回の白鳥神社はどうだろう。「伝説+ハクチョウ」の習合事例も多そうですね

>>白鳥神社のアクセス・駐車場情報はこちら
【参考】富士浅間神社で頂いた御朱印

白鳥神社周辺の御朱印寺社

  • >>満福寺(車で10分・ギネス認定の大提灯で有名。隣の三好稲荷閣でも御朱印を拝受)
  • >>三好八幡社(車で10分・神事の斎行日に御朱印を受けられるかも)
  • >>白山宮(車で13分・サッカー神社「足王社」を含む三の御朱印を頂きました)
  • >>岩崎城(車で14分・天守閣&歴史記念館への入場無料。お得に楽しめるスポットです)
ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

オマケでもう1社! 白鳥神社から車で20分の景行天皇社(長久手市)には、ヤマトタケルの父である、第12代景行天皇(大帯日子淤斯呂和気命おおたらしひこおしろわけのみこと)が御祭神として祀られています

尾張の御朱印一覧