石浜神社(東京都荒川区)で三体の御朱印をいただきました。荒川区内最古の神社とされています。

石浜神社(東京都荒川区)鳥居と社号標

石濱神社(いしはまじんじゃ)

  • 御祭神:天照大御神、豊受大御神
  • ご利益:国家の守護神、衣食住・産業の守り神、必勝、延命長寿
  • 社格:郷社
  • 霊場札所など:浅草名所七福神(寿老神)
  • 別称:しんめい様、朝日神明宮
  • 鎮座:聖武天皇神亀元年(724年)9月11日
  • 例祭日:5月末

浅草名所七福神に石浜神社が含まれていたのが、参拝のキッカケ。境内からスカイツリーも見えて、気持ち良くお参りができました。

石浜神社(東京都荒川区)境内からの東京スカイツリー

境内から見えた東京スカイツリー

この記事には…

  • 石浜神社の御朱印
  • 御朱印の頂き方(時間など)
  • 境内の様子や見どころ

といった情報をまとめておきますね。まずは石浜神社で授かった御朱印から紹介します。


石浜神社の御朱印【3種類】

石浜神社(東京都荒川区)社殿(拝殿)

石浜神社社殿(拝殿)。本殿は、近代を代表する建築家・伊東忠太の設計です

石浜神社で頂いた御朱印の種類

  1. 石浜神社の御朱印
  2. 寿老神の御朱印(浅草名所七福神)
  3. 真先稲荷神社の御朱印

1.石浜神社の御朱印

石浜神社(東京都荒川区)の御朱印

まずは石浜神社の御朱印。印影(=朱印を押した跡)の文字は、以下の三要素でよろしいかと。

  • [右上]天照皇大神
  • [右下]浅草地方橋場町鎮座
  • [中央]石濱神社

※御朱印の見方の基本を、以下の記事で図入りで解説しています


2.寿老神の御朱印(浅草名所七福神)

石浜神社(東京都荒川区)の御朱印(浅草名所七福神寿老神)

寿老人でなく、寿老”神”なのが特徴

続いて寿老神の御朱印。御朱印右上の印影に「浅草名所七福神」とありますね。石浜神社は浅草名所七福神あさくさなどころしちふくじんの一つなんです。

石浜神社(東京都荒川区)摂社末社(江戸神社・北野天満宮・妙義八幡神社・宝得大黒天)

寿老神は拝殿右に。他にも「江戸神社・北野天満宮・妙義八幡神社・宝得大黒天」の扁額が並びます

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

実はこの日、浅草名所七福神の寺社を1日で歩いて回りました。福絵にも朱印を頂いたので、続けて紹介します

【+α】浅草名所七福神の朱印【福絵】

浅草名所七福神の御朱印(福絵)

浅草名所七福神の福絵(500円)。浅草神社で授かりました

石浜神社では、浅草名所七福神の福絵にも朱印をいただきました。朱印料は200円。浅草の9つの寺社を回る七福神巡りです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

「9は最も大きく究極の数字であること」「9(九)を含む”鳩”の字が”集まる”という縁起の良い意味を持つこと」から、九寺社となったそうです(参考:浅草名所七福神公式サイト)


浅草神社の御朱印(浅草名所七福神福絵)

浅草七福神巡りは正月限定などではなく、年間通じて朱印の受付を行なっているとのことでした

上の写真左側が石浜神社の朱印。描かれているのは、長寿のシンボル・牡鹿ですね。浅草名所七福神の寺社を以下にまとめておきます。

浅草名所七福神の寺社一覧


  1. 浅草寺(大黒天)
  2. 浅草神社(恵比須)
  3. 待乳山聖天(毘沙門天)
  4. 今戸神社(福禄寿)
  5. 橋場不動尊(布袋尊)
  6. 石浜神社(寿老神)
  7. 吉原神社(弁財天)
  8. 鷲神社(寿老人)
  9. 矢先稲荷神社(福禄寿)

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

まとめ記事(マップ付き)もご用意しています。以下からどうぞ!




3.真先稲荷神社の御朱印

真先稲荷神社の御朱印(石浜神社摂社)

石浜神社では、摂社・真先稲荷神社の御朱印もいただきました。中央の印影には何か文字が隠れているのかな?

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

参拝の栞の、真先稲荷神社の項目に“後鳥羽天皇の時に千葉介兼胤が家伝の神璽を身につけて戦い…”などとあります。神璽と関係しているのかも


真先稲荷神社(石浜神社摂社)

真先稲荷神社。拝殿右端に鎮座していました

【補足】真先稲荷神社の御朱印は書き置きタイプ

真先稲荷神社(石浜神社摂社)の御朱印(書き置き御朱印専用ホルダー)

真先稲荷神社の御朱印は書き置きタイプ(紙でもらうタイプ)。ということで、上の専用ホルダーに挟んで大切に保管しております。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

ハサミやのりを使わないので、御朱印も手も汚さずにキレイに挟めます。詳しくは以下の記事をご覧ください


通販サイト(楽天・Amazon・ヤフー)へのリンクも以下に載せておきますね。最近は人気なのか売り切れていることも多いです。僕も早めに次を購入しておかないと!

石浜神社での御朱印の頂き方

石浜神社(東京都荒川区)東鳥居

東鳥居

石浜神社の御朱印情報

  • 受付場所:授与所(社殿左)
  • 御朱印代(初穂料/価格):300円
  • 受付時間のめやす:9:00~16:00

1つずつ補足します。

受付場所:授与所(社殿左)

石浜神社(東京都荒川区)授与所(御朱印受付場所)

石濱神社の御朱印は、社殿左の授与所(社務所)で頂きました。家内安全や商売繁盛などの祈祷も、ココで受付していただけます。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

汎用の御朱印帳も販売されていました。色は薄いピンクで、初穂料(料金)は1000円だったかと


初穂料(金額):300円

300円(100円玉3枚)

御朱印の初穂料(値段)は一体300円

お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、神社の南300mほどの所にローソンがありましたよ。浅草名所七福神の一つ・橋場不動尊のお隣です。

ローソン橋場二丁目店(橋場不動尊すぐ)

ローソン橋場二丁目店(橋場不動尊隣)

受付時間のめやす:9:00~16:00

石浜神社(東京都荒川区)の御朱印3種類

浅草名所七福神の公式サイトに、受付時間に関する以下の記載があります。

各社寺受付時間
AM9:00~PM4:00

出典:浅草名所七福神公式サイト

ということで、御朱印を受けたい場合は、午前9時から午後4時までを目安にお参りされるのがよろしいかと。

【参考】僕がお参りした時間など


富士塚・富士遙拝所・白狐祠(石浜神社)

富士塚・富士遙拝所(写真中央)と白狐祠(左の赤鳥居)

神社に到着したのは、平日の午後1時ごろ。拝殿→寿老神→真先稲荷神社の順番でお参りしたのち授与所に伺い、御朱印を授かった次第です。

参拝客は僕のほかに2,3人ほど。お昼休憩中でしょうか、サラリーマンらしき方も境内のベンチで休まれていました。

招来稲荷神社(石浜神社)

招来(おいで)稲荷神社。真先稲荷神社の奥宮として祀られたそうです

御朱印を受けたあとは、参道脇の富士塚や招来稲荷神社などにもお参り。参拝所要時間は全体で約25分といったところですね。ご参考までに。


隅田川沿いということもあり、開放感のある境内で気持ちの良いお参りができました。また来れるとイイな。

吉原神社(東京都台東区)の御朱印二体

次に向かったのは吉原神社(よしわらじんじゃ)。石浜神社から歩いて20分ほどでの到着です。

東京芸術大学の学生さんによる本宮社殿の壁画もキレイだった。詳しくは以下の記事をご覧ください。

次の記事はこちら

元の記事はこちら

【参考】今回の東京観光(1泊2日)で御朱印を拝受した神社仏閣

【1日目(明治神宮・国立競技場周辺)】

  1. 明治神宮(明治天皇が御祭神。初詣客数日本一とも言われる神社)
  2. 東郷神社(ハローキティのかわいい御朱印帳にひと目惚れ)
  3. 鳩森八幡神社(テレビで最強のパワースポットと特集され人気急上昇)
  4. 花園神社(新宿総鎮守。芸能浅間神社には錚々たるお名前がズラリ)

【2日目(浅草名所七福神めぐり)】

  1. 浅草寺(大黒天・おみくじは凶が3割)
  2. 浅草神社(恵比須・令和特別御朱印帳も頂きました)
  3. 待乳山聖天(毘沙門天・100円玉→10円玉×10枚の両替機があって大助かり)
  4. 今戸神社(福禄寿・かわいい招き猫の御朱印帳がお気に入りです)
  5. 橋場不動尊(布袋尊・比叡山延暦寺の末寺)
  6. 石浜神社(寿老神・七福神の中で唯一荒川区内にある神社仏閣)
  7. 吉原神社(弁財天・吉原遊郭の鎮守の神)
  8. 鷲神社(寿老人・「酉の市」起源発祥とされる神社)
  9. 矢先稲荷神社(福禄寿・拝殿の天井画「日本馬乗史」は必見)


>>東京都の御朱印人気ランキング【毎日更新】