尾陽神社(びようじんじゃ・名古屋市昭和区)で御朱印を授かりました。美容のご利益がありそうな名前ですよね。

尾陽神社の御朱印

はじめは近くの御器所八幡宮で御朱印を授かろうと、ネットで下調べをしていたんです。

その過程でこちらの尾陽神社が徒歩圏内にあることを知ったので、合わせてお参りした次第です。

ぼく(なごやっくす)
どちらでも気持ちの良い参拝ができました。予習しておいて良かった!

ということで今回の記事では、尾陽神社の御朱印や駐車場といった情報を順番に紹介していきますね。


尾陽神社の御朱印がこちらです

尾陽神社の御朱印

尾陽神社で頂いた御朱印です。徳川の三つ葉葵をバックに神社名が刻まれている、中央の朱印が印象的ですね。

※御朱印の見方の基本を以下の記事で図入りで解説しています

御朱印(神紋)に徳川の三つ葉葵がある理由は?

尾陽神社神門

徳川の三つ葉葵が朱印(神紋)となっているのは、尾陽神社が創建当初(明治43年)、

  • 徳川義直(尾陽公・初代尾張藩主)
  • 徳川慶勝(最後の尾張藩主・十四代、十七代)

の二柱を祀る神社だったから。

※御朱印や神様の数え方を以下の記事で解説しています

ぼく(なごやっくす)
もちろん今もこの二柱は御祭神です。なお、昭和24年に天照大御神を主祭神にお迎えしたとのことです

神社の由緒書きによると、名古屋開府三百年記念事業の一つとして、愛知県と名古屋市によって創建されたんだそうですよ。

自治体主導で創建された神社って珍しいですよね。

スポンサーリンク

尾陽神社での御朱印のもらい方を説明するよ

尾陽神社の鳥居

この章では尾陽神社での御朱印の授かり方、具体的には、

  1. 御朱印の受付場所
  2. 御朱印代(初穂料/価格)
  3. 御朱印の受付時間

こちらの3点について説明していきますね。

御朱印の受付場所:授与所(拝殿左)

尾陽神社の拝殿と授与所

尾陽神社の御朱印を授かったのは、拝殿左にある授与所(写真左)。

写真を見てもお分かりのとおり、境内はかなり視界が開けていました。

ぼく(なごやっくす)
夏にはココで盆踊り大会も開催されるようです

尾陽神社の拝殿

ちなみに拝殿を正面から見るとこんな感じ。由緒によると、

  • 本殿:昭和20年3月の名古屋大空襲により焼失
  • 仮本殿:昭和34年9月の伊勢湾台風により倒壊

といった歴史を経て、昭和45年4月に現在の社殿が再建されたとのことです。

社殿がしっかりとしたコンクリート造りなのは、焼失や倒壊を防ぎたいという思いがあってのことなのでしょうかね。

スポンサーリンク

御朱印代(初穂料/金額):300円

300円

尾陽神社の御朱印の初穂料(値段)は300円でした。

※初穂料の言葉の由来を以下の記事で説明しています

ちなみに僕がお参りした際、授与所は開いていましたが人の姿は見えませんでした。

備え付けのインターホンを推したところ、神職さんが出てきて丁寧に対応してくださいましたよ。ご参考までに。

■ 義直の妻・春姫の嫁入りが名古屋の豪華な婚礼の礎に

御祭神の一柱である徳川義直は、清州越しにより尾張藩主として名古屋や東海地方の発展の基礎を築いた人物。

徳川義直(パブリックドメイン)

ぼく(なごやっくす)
金シャチ横丁の”義直ゾーン”の”義直”が、まさにこの徳川義直なんですよ

そして妻・春姫の嫁入りが名古屋の豪華な婚礼の礎とされており、これを再現した行事「春姫道中」も毎年行われているんですよ。

春姫道中の様子を収めたYouTube動画を見つけましたので、シェアさせていただきます

動画からもその様子が分かるように、春姫道中は以下の3か所を参拝・パレードするとのこと。

  1. 熱田神宮
  2. 大津通
  3. 名古屋城

ちなみに各地点間はバス移動となっています。伝統を守りつつ、近代的&合理的な要素も取り入れている感じが良いですね(笑)

意外と知らない人も多い豆知識!名古屋城でも御朱印(来城記念符)を授かることができます。

御朱印の受付時間:9時から17時

尾陽神社の神門

尾陽神社の御朱印の受付時間(授与所の開設時間)は朝9時から夕方5時まで。授与所にその旨の掲示がされていました。

こうして現地なりWebサイトなりに時間が明記されているのは、個人的に非常にありがたいと感じています。

ぼく(なごやっくす)
計画が立てやすいというのが大きな理由。時間内にお参りしてもご縁がないこともありますが、ソレもまた御朱印巡りの魅力かなと思いますね
スポンサーリンク

さて、尾陽神社の御朱印についての情報はココまで。

記事の後半では、アクセス(駐車場等)や摂末社(知恵・学問の神様など)について触れていきますね。

尾陽神社へのアクセスも紹介しておくよ【マップあり】

  • 住所:愛知県名古屋市昭和区御器所2-9-19
  • 電話:052-872-4851

尾陽神社の最寄り駅は地下鉄鶴舞線の荒畑駅。4番出口から徒歩8分ほどで正面鳥居に到着します。

ぼく(なごやっくす)
住所は御器所ですが、御器所が最寄り駅ではないんですね

ちなみに御器所駅からは歩いて15分。桜通線で向かう場合は御器所駅からのんびり歩くのもアリかもしれませんね。

尾陽神社には駐車場もあります

また車で向かう場合は、参拝時に限り境内のスペースに駐車が可能とのことです(尾陽神社公式サイトより)。

尾陽神社駐車場入口

ぼく(なごやっくす)
ご覧のとおり、正面鳥居右側(東側)のスロープが出入口となっていましたよ

最後に境内の様子を収めた写真を絡めながら、尾陽神社のご利益などを紹介していきますね。

スポンサーリンク

尾陽神社の境内の様子を紹介するよ【知恵・学問の神様も】

尾陽神社の本殿とご利益(良縁縁結びなど)

尾陽神社本殿

こちらは尾陽神社の本殿。そしてご利益(御神徳)は以下のとおりだと言われています。

  • 天照大御神:諸願成就
  • 徳川義直命:発展・良縁縁結び・家内安全
  • 徳川義勝命:平和

尾陽神社の公式ブログを参考にしております

徳川義直命のご利益は、途中でも触れた清州越しや(発展)、春姫との婚礼から(良縁縁結び・家内安全)。

徳川慶勝(パブリックドメイン)

徳川慶勝39歳の写真

そして徳川慶勝のご利益は、存命時の振る舞いが大政奉還や江戸城無血開城に繋がったという解釈からきているようですね(平和)。

ぼく(なごやっくす)
なお、徳川慶勝は写真の愛好家としても有名。写真好きな僕は「カメラの腕が上達しますように」とお祈りしました
スポンサーリンク

尾陽神社の摂末社:知恵・学問の神様「久延彦神社」に注目

久延彦神社(尾陽神社摂末社)

また、この地方では珍しい“久延彦神社(くえひこじんじゃ)”を祀っているのも尾陽神社の注目ポイント。

久延彦神社の御祭神・久延毘古命は、大国主命の知恵袋として古事記に登場する”知恵や学問の神様”なんです。

久延彦神社(尾陽神社摂末社)

久延彦神社です。合格鉛筆(3本300円)・お守り(500円)・合格祈願絵馬(500円)もありましたよ

受験合格や学業向上のご利益を得たいなら、本殿と合わせてこちらの久延彦神社にも忘れずにお参りしたいですね。

なお、尾陽神社から徒歩4分のところに鎮座している御器所八幡宮も必勝の神や入試合格のご利益で有名ですよ。

ぼく(なごやっくす)
僕は御器所八幡宮→尾陽神社の順にお参りしました

尾陽神社の摂末社はほかに、徳川本邸から遷したという栄世稲荷神社と…

栄世稲荷神社(尾陽神社摂末社)

龍神神社(水の神様)・秋葉神社(火の神様)も鎮座していましたよ。

龍神神社・秋葉神社(尾陽神社摂末社)

龍神神社(右)と秋葉神社(左)は並んで祀られていました

スポンサーリンク

尾陽神社のその他の見どころなど

尾陽神社のその他の見どころなどを、1枚の写真にギュッ!と凝縮しましたのでどうぞ。

尾陽神社の見どころなど

  • 神馬・神楽殿・日の丸(左上)
    →個人的にお気に入りの1枚。天気の良い日にお参りできました
  • 手水舎(右上)
    →繊細な造りの龍が見えますね
  • 標柱と参道(左下)
    →神社から離れた場所に標柱が。鳥居に向けて心を整えながら歩きました
  • [再掲]正面鳥居(右下)
    →高台に鎮座していますよね。少しだけ補足します

で、尾陽神社が高台に鎮座しているのは、もともとココに“御器所西城”が建っていたから。

不明な点も多いようですが、15世紀中頃にこの地を支配していた佐久間氏によって築かれたと言われているとのことです。

■ 尾陽神社は初め名古屋東照宮に合祀されていました

ちなみに尾陽神社は創建当初、名古屋東照宮(現・名古屋市中区)に合祀されていたんだそう。

下調べの段階でこの情報を入手した僕は、名古屋東照宮の御朱印帳に御朱印を頂きました。こんな感じ。

尾陽神社の御朱印(名古屋東照宮の御朱印帳)

ぼく(なごやっくす)
名古屋東照宮の御朱印が見開きだったので、最初のページが空いていたんです。ハマった感じがして嬉しい!

なお、尾陽神社が御器所の地に遷座したのは大正13年のこと。その後、焼失などを経て今の社殿となったのは前述のとおりですね。

参考までに、名古屋東照宮の御朱印と御朱印帳に関する記事へのリンクをのせておきます。

尾陽神社の御朱印情報をおさらいしましょう~。

スポンサーリンク

尾陽神社の御朱印情報まとめ

尾陽神社の御朱印情報に関する、僕(なごやっくす)の要約ツイートを載せておきますね。

参拝するにあたって、尾陽神社のことをいろいろと調べていたのですが、

  • 人形供養(ぬいぐるみもOK)を受け付けている
  • お正月にはアルバイトの巫女を募集している

などと、女子関連の情報がやけに目に付いたのが印象的でしたね。

ぼく(なごやっくす)
冒頭でも触れた尾陽神社(“びよう”じんじゃ)という名前が、僕を無意識のうちに女子関連の情報に引き寄せていたのかもしれません(笑)

補足しておくと尾陽神社という名前は、徳川義直の諡号(贈り名)「二品前亜相尾陽侯源敬公」から来ているのだと思います。