東岳山長久寺(名古屋市東区)の御朱印

なごやっくす(Twitter@goshuin_dash)です。

東岳山長久寺(名古屋市東区)で2種類の御朱印を頂きました。
境内に美しい庚申塔(市指定文化財)が残る、真言宗智山派のお寺です。

この記事では、そんな長久寺の御朱印を、御朱印の頂き方(場所や時間など)とともに紹介します。

  • 長久寺の御朱印を見てみたい!
  • 頂ける御朱印の種類は?
  • 受付時間のめやすを知りたい…

といった場合などに、ぜひ参考にしていただければと。
さっそく頂いた御朱印からお見せしますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

三好八幡社(みよし市)に続いての御朱印拝受です。長久寺では霊場巡りの専用納経帳にも朱印を頂いたので、合わせて紹介します

>>御朱印デビューを考えている方へ


長久寺の御朱印【2種類】

1.大聖不動明王の御朱印【本尊】

長久寺(名古屋市東区)の御朱印(本尊不動明王)
成田山萬福院(中区)の御朱印帳に記帳していただきました

大聖不動明王の御朱印です。
墨書きは、奉拝・参拝日・大聖不動明王・東岳山長久寺の四要素。

そして印影(=朱印を押した跡)は、以下の四要素でよろしいかと。

  • [右上]東海三十六不動尊霊場 第七番札所
  • [中央]カンマン(不動明王を表す梵字重字)
  • [左上]記念印(東海36不動 開創三十周年)
  • [左下]長久寺之印

>>御朱印の見方の基本(図入り)はこちら

成田山新勝寺の公式サイトによると、「カンマン」の「カン」は不動心、「マン」は柔軟心を表しているそうです。

>>大本堂|成田山新勝寺

長久寺(名古屋市東区)本堂
本堂

東海三十六不動尊【第7番札所】

長久寺(名古屋市東区)の御朱印(東海三十六不動尊霊場第7番)
専用納経帳は大須観音(中区)で1500円で拝受しました

先ほどの印影にもあったとおり、長久寺は東海三十六不動尊霊場の第七番札所。
ということで、上の専用納経帳にも朱印を頂いております。朱印料は100円です。

東海三十六不動尊霊場開創三十周年記念印(長久寺・智慧幢童子)

霊場開創三十周年の記念印をアップにしてみました。
中央下の「智慧幢童子(ちえどうどうじ)」は不動明王を手助けする眷属(けんぞく)です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

真ん中の梵字は、智慧幢童子を表しているのかな? 分かる方がいれば教えていただけると嬉しいです

2.弘法大師の御朱印

長久寺(名古屋市東区)の御朱印(弘法大師)

2種類目は弘法大師の御朱印です。

こちらは中央の印影に不動明王を表す梵字「カーン」が描かれています。
墨書きの「師」が、略字(师・中国簡体字)になっていますね。

長久寺(名古屋市東区)大師堂

大師堂(上の写真)は本堂右に建っていました。
屋根にソーラーパネルが設置されているのが印象的です。

名古屋二十一大師霊場【第6番札所】

長久寺(名古屋市東区)の御朱印(名古屋二十一大師霊場第6番)

長久寺は名古屋二十一大師霊場の第六番札所でもあります。
こちらも専用納経帳に朱印を頂きました。朱印料は100円です。

名古屋二十一大師霊場巡り御朱印帳(納経帳)と巡礼マップ

専用納経帳が上の写真です。大須観音で700円で拝受しました。
お寺の地図や由緒がのった巡礼マップ(写真右)が付いているのが嬉しい…!

長久寺での御朱印の頂き方

御朱印の受付場所

長久寺(名古屋市東区)納経所(御朱印受付場所)
左奥は本堂です

長久寺の御朱印は山門くぐって右の納経所で頂きました。
写真の丸で囲ったところです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

はじめ窓は閉まっていましたが、僕を見つけたお寺の方がスッと出てきて対応してくださいました!

御朱印代(値段)

長久寺(名古屋市東区)近くのコンビニ(ファミリーマート芳野一丁目店)

御朱印代(価格)は一あたり300円を納めました。

お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、お寺のすぐ近くにファミマ(上の写真)がありましたし、先にお茶しちゃうのもアリですね。

厚切り小倉トースト・タピオカロイヤルミルクティー(つばめパンandMilk)

上の写真は、お寺の最寄り駅・尼ヶ坂駅近くの「つばめパン&Milk」でいただいた、厚切り小倉トーストとタピオカロイヤルミルクティー。
見た目もキュートで、大変美味しゅうございました。

>>つばめパン&Milk 尼ヶ坂本店|食べログ

御朱印の受付時間

長久寺(名古屋市東区)惣門
山門。清洲城の裏門が移建されたそうです

「東海三十六不動尊霊場巡りガイドブック」の長久寺の項に、納経受付時間に関する以下の記載があります。

第七番 東岳山一乗院 長久寺
(中略)
[納経受付時間] 8:00~17:00

出典:東海三十六不動尊霊場巡り ガイドブック

ということで、御朱印を受けたい場合は午前8時から午後5時をめやすにお参りされるのがよろしいかと。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

参考までに、僕が御朱印を頂いたのは平日の午後2時ごろ。境内に僕以外の参拝客は見当たらず、のんびり過ごすことができました

長久寺の御朱印情報まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事の要点をまとめました。

  • 長久寺では2種類の御朱印を頂いた
  • 頂いた場所は授与所。お代(金額)は一体あたり300円を納めた
  • 時間は午前8時から午後5時をめやすに

善福院(名古屋市東区)の御朱印と観音堂
善福院の御朱印

さて、長久寺をあとにして、次に向かったのは東岳山善福院
長久寺の1ブロック南にある、尾張三十三観音霊場の第30番札所です。
以下から次の記事へとお進みください。

次の記事はこちら【善福院】

長久寺のアクセス・駐車場情報などはこちら

そのほか長久寺周辺の御朱印スポット

名古屋市の御朱印一覧

>>TOPページへ