常葉神社(岐阜県大垣市)の御朱印と拝殿

なごやっくす(Twitter@goshuin_dash)です。

常葉神社ときわじんじゃ(岐阜県大垣市)の御朱印をいただきました。
大垣城のすぐ近くに鎮座し、大垣藩歴代藩主(江戸時代の大垣城歴代城主)を祀っている神社です。

この記事では、そんな常葉神社の御朱印を、御朱印の頂き方(場所や値段など)とともにご紹介します。

  • 常葉神社の御朱印を見てみたい
  • 御朱印はどこで頂けるの?
  • 実際に御朱印を受けた人の話を聞きたい!

といった場合は、ぜひ参考にしていただければと。
まずは拝受した御朱印からお見せしますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

結神社に続いての参拝です。前回お参りした際は、受納所(社務所)が臨時休業だったんです。念願の御朱印拝受となりました!

>>御朱印デビューを考えている方へ【御朱印とは・もらい方】


常葉神社の御朱印

常葉神社(岐阜県大垣市)の御朱印
南宮大社(垂井町・美濃国一之宮)の御朱印帳に記帳していただきました

常葉神社の御朱印です。
墨書きは、奉拝・常葉神社・参拝日の三要素。
中央の印影(=朱印を押した跡)の文字は「常葉神社印」でよろしいかと。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

とはいえ、「之」の字が一般的な篆書体とは異なっており、篆刻字林にも見当たらない書体です。もしかして別の文字なのかな?

神社名に掛けているのでしょうか、緑色の葉っぱ(御朱印右下)も、良いアクセントになっていて可愛らしいです。

>>御朱印の見方の基本(図入り)はこちら

常葉神社の御朱印の頂き方

御朱印の受付場所【濃飛護國神社】

常葉神社の御朱印拝受場所(濃飛護國神社受納所)
© OpenStreetMap contributors

常葉神社の御朱印は濃飛護國神社の受納所でいただきました。
常葉神社から受納所へは、大垣公園を抜けるようにして徒歩2分ほどで着きますよ(約150m)。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

本来、神社は公園の敷地には含まれないようですが、いざ現地を訪れると(大垣大神宮を含めて)3つの神社が大垣公園内に鎮座している感覚です

【参考】濃飛護國神社で拝受した御朱印(三社)

濃飛護國神社で拝受した御朱印3種類(濃飛護國神社・常葉神社・大垣大神宮)

  1. 濃飛護國神社
  2. 常葉神社
  3. 大垣大神宮

御朱印の初穂料(値段)

300円(100円玉3枚)

御朱印の初穂料(金額)は300円
大垣駅からほど近い場所に鎮座しているので、お参り前に小銭を作る(お札を崩す)場所には困りません。

常葉神社(岐阜県大垣市)東側道路の自動販売機

神社東側の道路に、上の自動販売機もありましたよ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

奥に見えているのは、大垣城の乾隅櫓(いぬいすみやぐら)です!

御朱印を拝受した時間について

濃飛護國神社(岐阜県大垣市)受納所(御朱印拝受場所)
濃飛護國神社受納所

濃飛護国神社の受納所に伺ったのは、平日の午後2時過ぎ
ご夫婦でしょうか、優しい雰囲気のお二人の神職さんが対応してくださいました。

なお神社の雰囲気的に、神職さんは基本的には常駐されているのではないかと思います。
御朱印を受けたい場合は、曜日に限らず「午前9時から午後4時」をめやすにお参りされるのが良いかもしれません。ご参考までに。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

個人的には、余裕を持って午後3時までにはお参りを済ませたいところです。加えて、一般的なお昼休みにあたる「12時~13時」も極力避けたいかな

常葉神社の御朱印情報まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事の要点をまとめました。

  • 常葉神社の御朱印は、濃飛護國神社の受納所で頂いた
  • 御朱印の初穂料(価格)は300円を納めた

御朱印を待つあいだ、気を利かせて座布団を敷いてくださったりと、神社の方には大変良くしていただきました。
近くまで来た際は、またお参りしようと思います。

大垣大神宮(岐阜県大垣市)の御朱印と拝殿
大垣大神宮の御朱印と拝殿

さて、常葉神社のあとは、隣接する大垣大神宮(おおがきだいじんぐう)にもお参りしましたよ。
天照大御神を祀る神社です。
以下から次の記事へとお進みください。

次の記事はこちら【大垣大神宮】

常葉神社のアクセス・駐車場情報などはこちら

そのほか常葉神社周辺の御朱印スポット

岐阜県の御朱印一覧

>>TOPページへ