大神神社(愛知県一宮市花池)の御朱印

大神神社おおみわじんじゃ(愛知県一宮市)で御朱印を授かりました。真清田神社ますみだじんじゃ(一宮市真清田)とともに、尾張国の一之宮です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

尾張国には一の宮が二社あるんです。ほかに相模国(鶴岡八幡宮&寒川神社)・摂津国(住吉大社&坐摩神社)・筑前国(筥崎宮&住吉神社)などにも、一の宮が二社以上存在します


大神神社(愛知県一宮市花池)鳥居

大神神社鳥居

大神神社(おおみわじんじゃ)

  • 御祭神:大物主神
    (別名:大国主神、大己貴命、大黒天)
  • ご利益(御神徳):国内平定、五穀豊穣、安産、縁結び、病気平癒
  • 社格など:十一等級、旧郷社、延喜式内社、尾張国一宮

僕の地元は名古屋(尾張国)。生まれ育った一之宮で御朱印を拝受でき、嬉しい気持ちでいっぱいです。この記事には、

  • 大神神社の御朱印
  • 御朱印の頂き方(僕がお参りしたときのこと)
  • 境内の様子や見どころ

といった情報をまとめておきますね。まずは大神神社で授かった御朱印から紹介します。


大神神社(一宮市)の御朱印がこちらです

大神神社(愛知県一宮市花池)の御朱印

墨書きの書体がかわいい。眺めるたびに、優しい気持ちになれる御朱印です

大神神社で授かった御朱印です。印影(=朱印を押した跡)に「尾張の國 一の宮」とあるのが、分かりやすくてイイですね。

※御朱印の見方の基本を、以下の記事で図入りで解説しています


【補足1】大神神社では書き置きの御朱印を授かりました

大神神社(愛知県一宮市)の御朱印と参拝の栞(全国一の宮御朱印帳)

「全国一の宮御朱印帳」(上の写真・真清田神社で1000円で拝受)に貼っていただきました

大神神社で拝受した御朱印は書き置きタイプ。ただし、神社の方がその場でキレイに貼り付けてくださいました。ありがたい。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

とはいえ、直接記帳してもらいたい方もいらっしゃるはず。次の章で、簡単に補足しますね


【補足2】御朱印(直接記帳)の頂き方について

大神神社(愛知県一宮市花池)の御朱印

御朱印帳への直接記帳は、前日までの予約確認が必要とのこと。その場合は、以下の流れになると思われます。

  1. 前日までに、宮司さんに電話して予約(日時を決める)
  2. 予約日時に宮司さん宅などに訪問し、御朱印拝受

詳しくは、大神神社の公式サイトに案内があります。以下にリンクを載せておきますね。

参考ページ

大神神社について|花池大神神社
※ページ下部に御朱印に関する記載があります

【私見】大神神社の電話番号について


全国一の宮めぐり(全国一の宮会編・公式ガイドブック)

全国一の宮めぐり公式ガイドブック。真清田神社で1000円で拝受しました

なお大神神社の公式サイトには、電話番号(宮司さんへの連絡先)の記載がありません。

  • 大神神社境内
  • 全国一の宮めぐり公式ガイドブック
  • 真清田神社の参拝の栞(東海五県一宮巡りのご案内)

などに番号が載っていましたので、まずは、いずれかの神社にお参りされるのがよろしいかと。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

察するに宮司さんが多忙なため、広く周知されると社務に影響が出るのでは。電話番号が公式サイトに載るようなことがあれば、当記事に掲載するかもしれません

※真清田神社にお参りしたときのことは、以下の記事にまとめてあります。


宿泊施設の広告を挟んだのち、大神神社にお参り&書き置き御朱印を拝受したときの様子などを書き留めておきますね。

広告は、僕が一宮駅前で泊まるなら、ココにするかなぁという「ホテル パフェ・ドゥ・シャーム」。楽天トラベルのゴールドアワード受賞歴があるホテルです。

大神神社(一宮市)で御朱印拝受した時のことを書き留めておくよ

大神神社(愛知県一宮市花池)拝殿

拝殿。うっすらとしたピンク色でかわいい

大神神社の御朱印情報

  • 受付場所:授与所(拝殿右)
  • 御朱印代(初穂料/価格):300円
  • 授与所の開設日時:不定期

1つずつ簡単に補足します。

受付場所:授与所(拝殿右)

大神神社(愛知県一宮市花池)授与所(社務所・御朱印受付場所)

大神神社授与所(社務所)。お神札の取り扱いもあるようです(700円)

大神神社の御朱印を頂いたのは、拝殿右の授与所(社務所)。

拝殿に「本日、書き置き御朱印を授与しております」といった旨の掲示が出ていたので、授与所に伺い、御朱印を拝受した次第です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

神社の方に大変にこやか&丁寧に対応していただきました。おかげで気持ち良いお参りになった


初穂料(金額):300円

300円(100円玉3枚)

御朱印の初穂料(値段)は300円。初穂料の言葉の由来を、以下の記事で説明しています。

神職さん非常駐の神社なので、お釣りが出ないよう、お参り前に小銭を用意しておくと安心かと。神社すぐ西のコンビニ(ローソンストア100)に寄ってもイイですし…

名鉄妙興寺駅前の自動販売機

最寄り駅の1つ・妙興寺駅の改札前にも自動販売機(上の写真)がありましたよ。ご参考までに。

授与所の開設日時:不定期

大神神社(愛知県一宮市花池)神馬(丸に三本杉)

神馬です。神紋は「丸に三本杉」。大神神社(大和国一宮・奈良県桜井市)の流れを汲んでいることが窺えます

授所所の開設は、日にち・時間ともに不定期の模様。ただし、公式サイトには以下の記述があります。

土曜日・日曜日・祝日・不定期な平日(各曜日とも時間不定期)に役員さんが社務所に出張られている場合があります。​その場合には、その場にて御朱印をお渡しできます。

出典:御朱印について|花池大神神社

見方によっては、土日祝日は神社の方(役員さん)が社務所にいる確率が高いとも読み取れますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

僕が参拝したのも土曜日でした。引き続き、お参りした時間について書き留めておきます


【参考】僕がお参りした時間など


大神神社(愛知県一宮市花池)手水舎

大神神社の手水舎

神社に到着したのは、土曜日の午後3時前。拝殿にお参りしたのち、授与所に伺い、御朱印を授かった次第です。

大神神社(愛知県一宮市花池)御神木(楠)

御神木の楠(写真左)。エネルギーを感じました

その後も、立派な御神木を見上げたりと、しばらく境内に留まっていましたので、参拝所要時間は約30分といったところですね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

ちなみに、神社南西200mほどの所に飛地境内神社・素戔嗚社があります。そちらにもお参りされる場合は、+20分ほど見ておくのがオススメかな。下のほうに写真を載せますね


さて、神社の由緒を挟んで、ココまでに載せきれなかった大神神社の境内風景(フォトギャラリー)をお届けします。

大神神社の由緒(歴史)


大神神社(愛知県一宮市花池)石灯籠

境内には長い歴史を思わせる多くの石灯籠が

  • 邪馬台国~大和国の頃:大和系(三輪族)の人々が移り住み神社を創建したとされる
  • 奈良時代:国司が大神神社と真清田神社を「相殿・対の宮」として尾張国一之宮に指定する

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

花池は水が美しく、各所に白蓮が咲き「熱田の庄蓮池」と言われていたんだとか。沼の蓮は毎年、熱田神宮に奉納していたそうです


素戔嗚社(花池大神神社飛地境内神社)

素戔嗚社(飛地境内神社)

  • 天正12年(1584年):小牧長久手の戦いで織田氏によって焼失させられる
    (苅安賀城の浅井氏が崇敬を寄せていたとされる)
  • 明治4年5月:郷社に列せられる
  • 明治40年10月26日:神饌幣帛供進指定社となる
  • 昭和27年:素戔嗚社を合併し飛地境内神社とする

※参拝のしおり、公式サイト、全国一の宮めぐり公式ガイドブック、愛知縣神社名鑑(愛知県神社庁,1992)をもとに作成


【写真7枚】大神神社(一宮市)の境内風景

大神神社(愛知県一宮市花池)手水舎滑車

1枚目は手水舎天井の滑車。以前は井戸だったのでしょうか。趣を感じます。

大神神社(愛知県一宮市花池)祓所

続いて祓所。ピカピカに輝いておりました。新築かな。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

3枚目(本殿)&4枚目(招魂社)は、神社のおもなお祭りの紹介とともにお届けします


大神神社のおもなお祭りなど


大神神社(愛知県一宮市花池)本殿

本殿。瑞牆内には摂末社4社(六所社・三島社・白山社・神明社)も

  • 1月1日:元旦祭・家内安全祈願祭
  • 1月:左義長
  • 2月:祈年祭・紀元節祭
  • 4月:招魂祭

招魂社(花池大神神社境内)

招魂社(摂末社)

  • 6月30日:夏越の大祓祭
  • 10月10日:例大祭
  • 10月:子供獅子まつり
  • 10月:湯の花祭
  • 11月:新嘗祭
  • 12月:天長祭
  • 12月31日:年越の大祓祭

※参拝のしおりをもとに作成


大神神社(愛知県一宮市花池)西入口

残す画像はあと3枚。上の写真は神社の西入口です。車祓い用の進入口にも見えますね。

大神神社(愛知県一宮市花池)狛犬

拝殿前で睨みを利かせる、新旧の狛犬に…

大神神社(愛知県一宮市花池)蕃塀

最後は蕃塀(ばんぺい)。神様に正面から邪気が当たらないように建てられています。この地方特有の建造物です。ステキな境内でした。

旅行関連の広告を再度挟んだのち、大神神社の基本情報(アクセス・駐車場など)を載せて記事を締めますね。

広告はバスツアーでお馴染みのクラブツーリズム。「御朱印」で検索したところ、224件のツアーが該当しました(記事執筆時点)。充実してるなぁ!

スポンサーリンク

大神神社(一宮市)の基本情報(アクセス・駐車場など)

大神神社(おおみわじんじゃ)

・住所:愛知県一宮市花池2-15-28
・公式サイト:大神神社(花池)

・アクセス

  • 妙興寺駅(名鉄名古屋本線)から徒歩10分
  • 観音寺駅(名鉄尾西線)から徒歩10分
  • 尾張一宮駅(JR東海道本線)/名鉄一宮駅(名鉄名古屋本線)から徒歩20分

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

名古屋駅から向かう場合は、JR尾張一宮駅利用がおすすめかな。新快速に乗れば1駅10分(300円)で到着します

・駐車場:あり(無料)

大神神社(愛知県一宮市花池)参拝者駐車場

境内北側に、参拝者駐車場(上の写真)がありました。南鳥居前に地図案内も出ています。


神社の方には、諸国一の宮の地図を頂いたり、素戔嗚社(飛地境内神社)への行き方を教えていただいたりと、大変良くしていただきました。またお参りしよう。

真清田神社(愛知県一宮市)の御朱印

真清田神社(一宮市真清田)の御朱印

大神神社の近くで御朱印を頂いたのは、もう1つの尾張国一之宮・真清田神社。歩いて25分、車なら10分弱での到着です。

オリジナル御朱印帳や服織神社はとりじんじゃ(機織り&縁結びの神様)の御朱印も授かりましたよ。詳しくは以下の記事をどうぞ。


そのほか大神神社の近くで御朱印を頂けた寺社史跡


尾張大國霊神社(国府宮・愛知県稲沢市)の御朱印

尾張大國霊神社(国府宮神社)の御朱印

  • 尾張大國霊神社(名鉄で2駅・通称”国府宮”。はだか祭デザインの御朱印帳も授かりました)
  • 白龍神社(尾張一宮駅から快速で1駅・名古屋駅から一番近い御朱印神社かも)
  • 清洲城(車で20分・織田信長が初代城主。天守閣から新幹線も見えます)
  • 清州山王宮 日吉神社(車で21分・イチハラヒロコさんの恋みくじにも挑戦しました)

※寺社や史跡の名前をタップすると、サイト内の御朱印記事に飛びます