和爾良神社(名古屋市名東区)の御朱印

なごやっくす(Twitter@goshuin_dash)です。
和爾良神社(名古屋市名東区)で御朱印を頂きました。

読み方は「わにらじんじゃ」。
安土桃山時代に、武内宿禰の子孫が創建したと伝わる神社です。

この記事では、そんな和爾良神社の御朱印を、僕が御朱印を頂いた場所・初穂料(値段)・時間とともに紹介します。

  • 和爾良神社の御朱印を見てみたい!
  • 御朱印はどこで頂けるの?
  • 実際に御朱印を受けた人の話を聞きたい…

といった場合などに、ぜひ参考にしていただければと。
さっそく頂いた御朱印からお見せしますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

村国神社(岐阜県各務原市)に続いての御朱印拝受です!

>>御朱印とは【もらい方】


和爾良神社の御朱印

和爾良神社(名古屋市名東区)の御朱印
手力雄神社(各務原市)の御朱印帳に記帳していただきました

和爾良神社の御朱印です。
墨書き(黒のスタンプ)は、奉拝・和爾良神社・参拝日の三要素。

そして、印影(=朱印を押した跡)の文字は「和爾良神社印」でよろしいかと。

>>御朱印の見方の基本(図入り)はこちら

和爾良神社での御朱印の頂き方

御朱印の受付場所

和爾良神社(名古屋市名東区)社務所(授与所・御朱印受付場所)

和爾良神社の御朱印は、拝殿右の授与所(社務所・上の写真)で頂きました。

御朱印を頂いた当日は、破魔矢など、授与品の案内も出ていましたよ。

御朱印の初穂料(値段)

300円(100円玉3枚)

御朱印の初穂料(価格)は300円を納めました。

名古屋の街中に鎮座する神社なので、お参り前に小銭を作る(お札を崩す)場所にも困りません。

御朱印の受付日時は?

和爾良神社(名古屋市名東区)鳥居と幟

僕が御朱印を頂いたのは、初詣時期(正月三が日)の午後1時ごろ

境内には、参拝客が入れ代わり立ち代わりありましたが、授与所に行列などはなく、快適にお参り&御朱印を頂くことができました。

和爾良神社(名古屋市名東区)拝殿
拝殿

ちなみに、僕がお参りした際、境内には「御朱印・お守り希望の方は祭事開催日時にご参拝ください」といった旨の掲示がありました。

掲示をもとにした、和爾良神社のおもな祭事を以下に掲載しますので、御朱印を受けたい場合は、この時期にお参りしてはいかがでしょうか。

【参考】和爾良神社のおもな祭事

  • 1月1日 1時:大祭
  • 1月14日 8時ごろ:どんど焼き
  • 2月11日 14時:大祭
  • 3月~6月の第1日曜日 12時30分:月次祭
  • 7月第1日曜日 9時:天王祭
  • 8月9月の第1日曜日 12時30分:月次祭
  • 9月23日 10時:慰霊祭
  • 10月10日(?) 15時:大祭
    (16時から餅投げ)
  • 11月23日 14時:大祭
  • 12月第1日曜日 12時30分:月次祭

※境内掲示をもとに作成

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

例大祭は10月10日固定なのか、はたまた10月第2土曜日(?)の催行かどちらだろう…。そのほかの祭事についても、あくまで参考程度に留めていただければと思います

和爾良神社の御朱印情報まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事の要点をまとめました。

  • 和爾良神社ではシンプルな御朱印を頂いた
  • 頂いた場所は授与所。初穂料(金額)は300円を納めた
  • 神社の方はおそらく非常駐

和爾良神社には、過去に何度かお参りしたことがありますが、神社の方は非常駐。
普段は人のいない神社に、神職さんの姿が見えると…

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

この方たちが、神聖な場を保ってくださっているんだなぁ

と、改めてありがたい気持ちになりますね。
近くを通る際には、またお参りさせてもらおうと思います。

鳴海八幡宮(名古屋市緑区)の御朱印と鳥居
鳴海八幡宮(緑区鳴海町)の御朱印

さて、和爾良神社をあとにして、次に向かったのは鳴海八幡宮(なるみはちまんぐう)

毎年10月に行われる鳴海祭(表方)は、ココ鳴海八幡宮の祭礼です(裏方は成海神社)。
以下から次の記事へとお進みください。

次の記事はこちら【鳴海八幡宮】

和爾良神社のアクセス・駐車場などはこちら

和爾良神社周辺の御朱印寺社

名古屋市の御朱印一覧

>>TOPページへ