飛瀧神社(那智の滝)の御朱印情報

なごやっくす(Twitter@omairi_dash)です。

那智の滝を御神体とする飛瀧神社(和歌山県)で、御朱印2種類と御朱印帳をいただきました。この記事に頂き方(場所や時間など)と一緒にまとめておきます。

  • 飛瀧神社(那智の滝)の御朱印を受けたい!
  • 飛瀧神社に御朱印帳の取り扱いはあるの?
  • 御朱印の受付時間が気になる…
  • 諸事情で参拝は難しいけれど、御朱印を見てみたい

といった場合は、ぜひ参考にしていただければと思います。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

飛瀧神社(ひろうじんじゃ)は熊野那智大社の別宮です。近くには三重塔で有名な青岸渡寺もあります

>>御朱印デビューを考えている方へ


飛瀧神社(那智の滝)の御朱印【2種類】

通常御朱印

飛瀧神社(那智の滝)の御朱印

飛瀧神社(那智の滝)の御朱印です。中央の墨書き”那智御瀧”の文字が、上から下に行くにつれて大きくなっています。那智の滝のダイナミックな流下を連想させる構成です。

なお、中央の印影(=朱印を押した跡)は「那智御瀧之本」と読めますが、最後の「本」に自信がありません。わかる方は教えていただけると嬉しいです。

>>御朱印の見方の基本(図入り)

限定御朱印

飛瀧神社(那智の滝)の限定御朱印

飛瀧神社(那智の滝)の限定御朱印です。水色×格子柄の台紙に、以下の3つのトピックが書かれています。

  • 皇紀2680年
  • 日本書紀編纂1300年
  • 東京五輪 那智の滝・大門坂聖火リレー記念

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

さまざまな出来事が重なるステキな年にお参りできました。ちなみに同じ日に、花窟神社(三重県熊野市)や熊野速玉大社(和歌山県新宮市)でも日本書紀編纂1300年の限定御朱印を拝受しています


限定御朱印は書き置きタイプ

飛瀧神社(那智の滝)の限定御朱印(書き置き御朱印専用ホルダー)

飛瀧神社の限定御朱印は書き置き(紙で頂く)タイプでしたので、上の専用ホルダーに挟んで大切に保管しています。

のりやハサミを使わないので、御朱印も手も汚さずにキレイに挟める優れものです。通販サイト(楽天・Amazon・ヤフー)へのリンクを以下に載せておきます。

飛瀧神社(那智の滝)の御朱印帳

熊野那智大社(那智の滝)の御朱印帳

飛瀧神社(那智の滝)で頂いた御朱印帳です。飛瀧神社は熊野那智大社の別宮ですので、飛瀧神社で購入できるのは「熊野那智大社の御朱印帳」ということになります。

>>御朱印帳についてさらに詳しく(熊野那智大社の御朱印・御朱印帳情報)

飛瀧神社(那智の滝)での御朱印の頂き方

受付場所は?

飛瀧神社(那智の滝)御朱印受付場所(授与所)

飛瀧神社の御朱印は那智の滝手前の授与所でいただきました。上の写真は受付時間が終了してから撮影したため、シャッターが閉まっています。

初穂料(値段)は?

300円と500円

御朱印の初穂料(価格)は通常御朱印が300円、限定御朱印が500円でした。

お参り前に小銭を作りたい(お札を崩したい)場合、神社入口前の土産物店や自動販売機で買い物すると良いでしょう。

受付時間は?

熊野那智大社の公式サイトに、祈祷の受付時間に関する以下の記載があります。

[御祈祷]
受付時間 午前8時~午後3時30分
※那智御瀧での正式参拝も承っております

出典:熊野那智大社

ついては、飛瀧神社で御朱印を受けたい場合も午前8時から午後3時30分をめやすにお参りするとよいのではないでしょうか。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

ただし、僕が飛瀧神社で御朱印を頂いたのは午後4時過ぎでした。那智勝浦町観光協会のWebサイトに「熊野那智大社参拝可能時間:午前6時~午後4時30分」と記載されているので、この時間内であれば御朱印を頂けるのかもしれません


飛瀧神社(那智の滝)の御朱印情報まとめ

この記事の要点をまとめておきます。

  • 飛瀧神社(那智の滝)では二の御朱印を頂けた
  • 熊野那智大社のオリジナル御朱印帳を購入可能
  • 午前8時から午後3時30分の間に参拝すれば、御朱印を頂ける可能性が高い

最後までお読みいただきありがとうございます。飛瀧神社は滝(那智の滝)の御朱印が頂ける珍しい神社です。熊野那智大社にお参りの際は、ぜひ立ち寄ってはいかがでしょうか。

元の記事はこちら

今回の熊野三山めぐり(日帰り)でお参りした神社仏閣

  1. 花の窟神社(日本最古の神社とも)
  2. 産田神社(イザナミがカグツチを産んだ場所)
  3. 熊野本宮大社(日本一の大鳥居は圧巻)
  4. 熊野速玉大社(新宮駅から徒歩圏内)
  5. 神倉神社(ゴトビキ岩が御神体)
  6. 補陀洛山寺(境内の補陀洛渡海船は必見)
  7. 飛瀧神社(延命長寿の那智の滝が御神体)
  8. 那智山青岸渡寺(三重塔と滝を一緒にカメラに収められる)
  9. 熊野那智大社(御縣彦社の御朱印も頂きました)