尾張四観音巡り(笠寺観音・甚目寺観音・荒子観音・龍泉寺観音)

尾張四観音とは、尾張地方で古くから信仰を集めてきた、観音様を本尊として祀る4つのお寺のこと。

尾張四観音本堂(甚目寺観音・龍泉寺観音・荒子観音・笠寺観音)

尾張四観音(おわりしかんのん)

  1. 荒子観音(名古屋市中川区)
  2. 笠寺観音(名古屋市南区)
  3. 龍泉寺観音(名古屋市守山区)
  4. 甚目寺観音(あま市甚目寺)

名古屋城を中心として見たときに、その年の恵方にあるお寺は「恵方の観音様」として、節分祭が大盛況&初詣の人気スポットにもなっています。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

いざお参りすると、どのお寺にも「立派な山門・本堂・二重塔(or三重塔)」があって、さすが古刹こさつといった感じでした

この記事には、尾張四観音巡りを考えている方に向けて、

  • 4つのお寺それぞれの見どころ(写真3枚ずつ)
  • 1日で回る場合のタイムスケジュール例

といった情報を順番にご紹介しますね。まずは名古屋駅から20分、荒子観音の見どころからどうぞ。


【尾張四観音巡り】お寺の見どころを紹介するよ

1.荒子観音(名古屋市中川区)

荒子観音寺(名古屋市中川区)本堂

尾張四観音1つ目は、荒子観音(浄海山円龍院観音寺)。大小1250体あまりの円空仏があることで有名なお寺です。

荒子観音寺(名古屋市中川区)本坊(円空仏)

本坊前の円空仏です(上の写真)。ほかの円空仏は、毎月第2土曜日の午後1時から午後4時に拝観できます。

荒子観音寺(名古屋市中川区)多宝塔(二重塔・国の重要文化財)

境内で目を引いたのは多宝塔(二重塔)。国の重要文化財で、名古屋市内で最も古い木造建築物とのことです。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

荒子観音では、お寺の方が笑顔で話しかけてくださり、ステキなお参りとなりました。詳しくは以下の記事をどうぞ


2つ目の笠寺観音へは、車で約30分、電車だと約50分での到着です。

スポンサーリンク

2.笠寺観音(名古屋市南区)

笠寺観音(名古屋市南区)本堂

尾張四観音2つ目は、笠寺観音(天林山笠覆寺りゅうふくじ)。玉照姫たまてるひめ藤原兼平ふじわらのかねひらが結ばれたエピソードから、縁結びのご利益で有名なお寺です。

玉照姫・藤原兼平公ご夫妻と結びの柱(笠寺観音)

上のお堂に玉照姫と藤原兼平が祀られています。お堂前には「結びの柱」も(写真左下)。穴の中で大切な人同士で手をつなぐとイイんだとか。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

僕は一人でお参りしたので、穴の中で自分の手と手をつなぎました。切ない


人質交換之地石碑(笠寺観音)

上は「人質交換之地石碑」。徳川家康と織田信広(織田信長の異母兄)との人質交換が、笠寺観音で行なわれたんです。お寺についてさらに詳しくは以下の記事をどうぞ。

宿泊施設の広告を挟んで、龍泉寺観音(守山区)の紹介に移ります。

広告は、僕が名古屋観光する立場なら、ココに泊まるかなぁという「ベッセルホテルカンパーナ名古屋」。立地・料金・口コミ評価のバランスが決め手ですね。

3.龍泉寺観音(名古屋市守山区)

龍泉寺観音(名古屋市守山区)本堂

尾張四観音3つ目は、龍泉寺観音(松洞山大行院龍泉寺)。笠寺観音から車で約30分、公共交通機関だと約70分での到着です。

上の写真は本堂。明治39年に放火で焼失するも、焼跡から慶長小判100枚が掘り出されたため、ソレを基金として再建したそう。ドラマチック!

龍泉寺観音(名古屋市守山区)鐘楼堂

鐘楼堂に「心をこめて 一打拾円」とあったので、鐘を撞かせてもらいました。間近で鐘の音を聴くと、邪念が一気に吹き飛びますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

最近だと、比叡山延暦寺(滋賀県大津市)でも「開運の鐘」を撞いたなぁ。ブラタモリでタモリさんも撞いていた鐘です


龍泉寺城(名古屋市守山区竜泉寺)

守山区唯一のお城・龍泉寺城も見学しましたよ。日曜&祝祭日のみの開館です。参拝したときの様子は以下の記事をどうぞ。

最後の甚目寺観音へは、車で約30分、公共交通機関だと約60分での到着です。

スポンサーリンク

4.甚目寺観音(あま市甚目寺)

甚目寺観音(愛知県あま市)本堂

尾張四観音4つ目は、甚目寺観音(鳳凰山甚目寺)。山号がかっこいい。平等院鳳凰堂(京都府宇治市)を思い出すなぁ。

甚目寺観音(愛知県あま市)三重塔

上の写真は三重塔です。国の重要文化財に指定されており、三重塔としては日本国内で有数の高さを誇ります(28m)。

甚目寺観音(愛知県あま市)諸堂巡拝票と記念品(スタンプラリー)

境内12か所を回ると記念品がもらえる「甚目寺観音諸堂巡拝(スタンプラリー)」にも挑戦しましたよ。楽しかった!

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

12か所の写真など、お参りしたときの様子は以下の記事にまとめましたので、よろしければご覧ください


旅行関連の広告を再度挟んだのち、尾張四観音のおすすめの回り方(タイムスケジュール例)をのせて記事を締めますね。

広告はバスツアーでお馴染みのクラブツーリズム。「お寺」で検索したところ、117件のツアーが該当しました(記事執筆時点)。充実してるなぁ。

スポンサーリンク

尾張四観音巡りのオススメの回り方【タイムスケジュール例】

到着時刻概要出発時刻
名古屋駅08:30
名古屋駅→高畑駅
(地下鉄東山線)
08:50荒子観音09:40
高畑駅→名古屋駅→本笠寺駅
(地下鉄東山線・名鉄名古屋本線)
10:30笠寺観音11:20
徒歩(すぐ近く)
11:25うなぎ鳥辰でランチ12:25
本笠寺駅→金山駅→大曽根駅→竜泉寺口
(名鉄・JR中央本線・ゆとりーとライン)
13:30龍泉寺観音14:20
竜泉寺口→大曽根駅→金山駅→甚目寺駅
(ゆとりーとライン・JR・名鉄)
15:40甚目寺観音16:30
甚目寺駅→名古屋駅
(名鉄津島線)
17:00名古屋駅

上が尾張四観音を公共交通機関で巡る場合のタイムスケジュール例です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

名古屋観光に来る友達に、尾張四観音を案内するとしたら、どんなプランがイイかな…

と思案しながら作りました。なお、車ならグッと移動時間を短縮できますので、場合によってはレンタカー利用もご検討いただければと。


【参考】クルマの場合の移動時間のめやす

  • 名古屋駅から荒子観音:15分
  • 荒子観音から笠寺観音:30分
  • 笠寺観音から龍泉寺観音:30分
  • 龍泉寺観音から甚目寺観音:30分
  • 甚目寺観音から名古屋駅:20分

参考までに、以下は楽天レンタカーへのリンクです。価格を一括比較できるのが便利。先日、熊本観光した際にも利用しました。


楽天トラベル(レンタカー)


記事を書いていたら、また尾張四観音にお参りしたくなりました。折をみて参拝するぞ。それでは!

【愛知名古屋】御朱印巡りおすすめモデルコース


名古屋の御朱印巡りおすすめルート

名古屋城周辺で授かった御朱印たち

犬山御朱印巡りおすすめモデルコース

犬山御朱印巡りで頂いた御朱印たち