伏見豊川稲荷本宮(京都市伏見区)の御朱印と御朱印帳

なごやっくす(Twitter@goshuin_dash)です。
伏見豊川稲荷本宮(京都市伏見区)で御朱印と御朱印帳を頂きました。
豊川大神を祀る、神仏習合の霊地です。

この記事では、そんな伏見豊川稲荷本宮の御朱印&御朱印帳を、場所(行き方)御朱印の頂き方とともに紹介します。

  • 伏見豊川稲荷本宮の御朱印を見てみたい!
  • 御朱印帳のデザインが気になる…
  • 実際に御朱印を受けた人の話を聞きたい…

といった場合などに、ぜひ参考にしていただければと。
さっそく頂いた御朱印からお見せしますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

明竹稲荷宮(腰神不動神社)に続いての御朱印拝受です。伏見稲荷大社にお参りし、稲荷山を下山する途中に立ち寄りました!

>>御朱印とは【もらい方】


伏見豊川稲荷本宮の御朱印

伏見豊川稲荷本宮(京都市伏見区)の御朱印

伏見豊川稲荷本宮の御朱印です。
墨書きは、奉拝・伏見豊川稲荷本宮・参拝日の三要素。

そして印影(=朱印を押した跡)は、以下の二要素でしょうか。

  • [右上]火焔宝珠
  • [中央]稲紋(稲荷抱き稲に豊川)

>>御朱印の見方の基本(図入り)はこちら

伏見豊川稲荷本宮の御朱印帳

伏見豊川稲荷本宮(京都市伏見区)の御朱印帳

伏見豊川稲荷本宮では、オリジナルの御朱印帳も頂きました。お代(料金)は2000円。

伏見稲荷大社の大鳥居・楼門・千本鳥居に加え、中央左に描かれているのは、豊川大神・稲荷大神・白狐かな?
ステキなデザインの御朱印帳です。

>>かわいい&かっこいい御朱印帳まとめ

上の写真左上から順に、Zの字を描くように「豊川大神・稲荷大神・白狐の幟・伏見稲荷大社楼門」です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

現地の掲示によると、稲荷大神は”お山で一番大きな神様(石塚)”とのことでした

御朱印帳のサイズは?

伏見豊川稲荷本宮と東寺の御朱印帳(大きさサイズ比較)

伏見豊川稲荷本宮の御朱印帳は大きいサイズ(大判サイズ)。
大きさのイメージが掴めるように、小さいサイズの御朱印帳と並べてみたのが上の写真です。

>>御朱印帳のサイズについて【2種類】

東寺(京都市南区)の御朱印
東寺の御朱印と五重塔

小さいサイズの御朱印帳は、東寺(とうじ)で授かったモノ。
五重塔や立体曼荼羅で有名な、真言宗の総本山です。

伏見豊川稲荷本宮への行き方

伏見豊川稲荷本宮(京都市伏見区)アクセスマップ
© OpenStreetMap contributors

伏見豊川稲荷本宮へは、稲荷山の三ツ辻から下り坂を歩いて2分ほどで到着。

伏見稲荷大社の本殿から向かう場合は、八島ヶ池を回り込むようにして10分弱での到着です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

とはいえ、これを読んでいる人の多くは、稲荷山頂方面(一ノ峰など)にお参りしてから三ツ辻経由で立ち寄るのでは? 現地の人の流れも、概ねそのようになっていました

伏見豊川稲荷本宮での御朱印の頂き方

御朱印の受付場所

伏見豊川稲荷本宮(京都市伏見区)御朱印受付場所マップ

伏見豊川稲荷本宮の御朱印は、豊川大神のそばにある建物内で頂きました。
建物内には、お守りやキーホルダーなど、さまざまなアイテムが並んでいましたよ。

伏見豊川稲荷本宮(京都市伏見区)授与所

上の写真が、御朱印・御朱印帳を頂いた建物です。

御朱印代(値段)は?

伏見豊川稲荷本宮(京都市伏見区)の御朱印(表紙の裏)
表紙の裏には、稲荷山を連想させる可愛らしい絵も描いてくださいました

僕が納めた金額は、御朱印と御朱印帳あわせて2000円。
ネット上には「初穂料は不要とのことでした」といった声も散見されます。

御朱印を頂いた時間は?

伏見豊川稲荷本宮(京都市伏見区)猫
近くにいた猫。かわいい…!

伏見豊川稲荷本宮に到着したのは、平日のお昼12時半ごろ
午前中に、伏見稲荷大社に参拝&稲荷山頂付近を散策し、下山するタイミングでお参りした次第です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

お昼時にもかかわらず、書き手の方が親切に対応してくださいました。感謝です!

伏見豊川稲荷本宮の御朱印情報まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事の要点をまとめました。

  • 伏見豊川稲荷本宮では、稲紋の印影が入った御朱印を頂いた
  • ステキなデザインの御朱印帳も拝受した
  • 頂いた場所は豊川大神近くの建物内

御朱印帳を受け取る際、書き手の方が、豊川稲荷やお不動様についてのお話を色々としてくださり、とても楽しかった&勉強になりました。
またお参りに来れるとイイな。

東丸神社(京都市伏見区)の御朱印
東丸神社の御朱印

さて、伏見豊川稲荷本宮の次に御朱印を頂いたのは、伏見稲荷大社に隣接する東丸神社(あずままろじんじゃ)

江戸中期の国学者・荷田春満(かだのあずままろ)を祀り、学問向上や受験合格の神として知られる神社です。
以下から次の記事へとお進みください。

次の記事はこちら【東丸神社】

>>稲荷山で頂いた御朱印まとめ

伏見豊川稲荷本宮周辺の御朱印寺社

  • >>伏見稲荷大社(千本鳥居でおなじみ。3種類の御朱印を拝受)
  • >>東寺(電車で3駅・五重塔で有名な真言宗の総本山)
  • >>六角堂頂法寺(電車で5駅・聖徳太子が創建。いけばな発祥の地)
  • >>八坂神社(電車で5駅・16種類の御朱印を頂きました)

京都府の御朱印一覧

>>TOPページへ